七五三の母の服装は着物?スーツ?写真撮影と参拝のベストプラン

753
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

七五三おめでとうございます!
子供の成長をお祝いできるのは本当にうれしい事ですね。

親にとっても子供にとっても、いい思い出になるのが七五三です。気になることは事前解決して、すっきり気分で当日を迎えましょう!

今回は一番のお悩みである、お母さん(ママ)の服装についてまとめていますので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

七五三の母の服装は?

基本的には洋装なら(スーツ、ワンピース、フォーマル等)、和装なら(訪問着、つけさげ、色無地)などを選ぶといいでしょう。

中にはお母さんから譲り受けた着物(自分の七五三で母が着ていた)や、義母が用意してくれたなど、着物の場合は世代を超えて、継がれる良さがありますよね。

着物のデザインなどは多少の流行はありますが、帯揚げ、帯締め、帯などで華やかさをプラスできますので、袖を通してみてはいかがでしょうか?

七五三は子供が主役ですが、ママやパパにとっても想い出に残る行事のひとつ。そんな時だからこそ、着物で!という人も多いんですよ。

1つだけ注意しておきたいのが、動きやすさ。子供が小さい頃は、じっとしているのが苦手なので、おとなしく座っているのが難しいです。ですので、その辺が心配な方は、洋装がいいかもしれません。

洋服の場合、何を着て行けばいこうか?ママとしては悩みますよね。

実際に七五三でお参りに行ってみると分かりますが、スーツやワンピースが主流ですが、結構色んな服装で来ている方も多いです。

黒のフォーマルなら、中のブラウスを華やかにしたり、上品なコサージュやパールのネックレスなどをプラスすることで、グッと引き立ちます。

やはり七五三のためだけに服を買うより、これから使うであろう、入園式や卒園式などにも着れれば、気持ちよく新調できますしね。

パンツスーツのママもいますよ!もちろん、NGじゃありません。

イヤイヤ期のまっさかりだと、グズったらもうどうしようもありません。そんな時、すぐ対応できるよう、パンツスーツをチョイス!機能的だし、動きやすいし、安心していられます。

七五三の写真撮影と参拝時の母の服装

七五三の記念撮影と神社でのお参り。よぉく考えてみると、結構なハードスケジュールであることが分かります。

スポンサーリンク

もしママの服装が着物なら、自分で着付ける(または誰かに着付けてもらう)、子供の着替え、車で移動して写真撮って、神社に移動して、受付して、お祓いしてもらって…。この間の子供のはしゃぎようったら、ハンパありません。パパがいたって、ヘロヘロです。

誰かに着付けてもらうとなれば、そこまで出かけて、また戻って…と、これまた大変。

そんなことから、プロの写真館で写真撮影は前撮りし、神社への参拝は後日改めてというパターンが多くなっています。

これならパパ・ママにも負担が少ないし、子供も長時間で疲れず、飽きる頃には終わる、というベストバランス。
子供は新しい場所や、知らない場所だと落ち着かないものです。その辺をクリアできるのが、この2分割プランのいいところ。

また写真館での撮影であれば、子供の着付けからママの着付け、着物のレンタルなど必要なものは揃っているので、あとは自分たちが出向けば手間がかからない、というメリットもあります。

もちろん、写真撮影はプロですから、できあがりも心配ありませんし、何より子供の扱いが上手ですから、上手に誘導して極上の笑顔を引き出してくれるのも、写真館での撮影が人気の秘密です。

撮影は着物で、神社へのお参りはスーツやワンピースなどの洋装で、と使い分けているママも多いですし、その方が時間もかからずスピーディです。

神社でのお祓いなどの時間は短いのですが、七五三の時期は神社も激混みなので、場合によっては、待ち時間が非常に長いことが予想されます。子供にとって意味無くジッとしているのは「苦痛」でしかないですからね。(^^;ゞ

checkaka 回避策

  • 七五三の時期を前後どちらかにズラす
  • 平日を狙う

これは写真館での撮影や神社でのお参り、どちらにも当てはまります。

写真館も予約が集中すれば、流れ作業にならざるを得ません。やはり土・日・祝日のドンピシャ日程は、親子共々じっと順番を待つことになるかもしれません。

ひとくちメモ

七五三参りは、神様に我が子が無事に育ったことへの感謝であり、これからの成長を祈る行事です。

何を着せよう?どこで写真を撮ろう?といったイベント的な流れもありますが、根底にはそんな意味合いがあるということも頭の片隅に置いておくと、後からじんわり成長の喜びを感じることができると思います。

七五三をたのしい思い出にしてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする