食品の裏側 みんな大好きな食品添加物【安部司】

ura1
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

加工食品などの保存性や、見た目の向上などに使われるのが食品添加物です。

今ではあらゆるものに使われていますが、普段購入時、気にしていますか?

今回はそんな食品添加物にスポットを当てた本について紹介します。これを読んだら、買い物の仕方が変わるかもしれませんよ。

添加物って、気にしてますか?

食生活を変え始めた最初の頃、偶然手に取った本をきっかけに、食に対する見方・買い物の仕方が大きく変わったのが、この本です。

著者はかつて、食品添加物の元トップセールスマン

その業界のウラを知り尽くした話は、驚きの内容がてんこ盛りで、これまでの常識が一気にひっくり返りました。

本の表紙にも書かれていた、「知れば怖くて食べられない」というまさにその心境!

業界側から見たら、”余計なことを言うな!”と批判を浴びそうな内容が、実例を沢山あげて分かりやすく書かれています。

スーパーや通販等で食品を買うとき、必ず原材料を確認するようになったのは、この本のお陰です。

我が家はこの本をきっかけに、食の大改革が始まりました。

 さいしょは調味料から

わが家で最初に変えたのは、味噌や醤油、みりん、砂糖、塩、油などの調味料類でした。

どれも、スーパーで必ず手に入るものばかりですよね。

でも「身体に安全なもの」を選択基準に探すと、意外に少ない事が分かったんです。

そこで、スーパーから通販にシフト。

ネットで探して注文 → 使う → リピート(又は再検討)

これを何度か繰り返して、定番商品を決めました。

ちなみに添加物不使用の食品類は、総じてちょっと値段が高めなものがほとんどです。

例えば醤油。

近所のスーパーで1.8リットルが195円の醤油と、通販で見つけた1000円の醤油。同じ量なのに、何故値段が違うんだろう?

そこ(原材料表示成分ラベル)に、明確な理由があると知ったのです。もちろんそのきっかけをくれたのが、本でした。

ちょっと値段が高いのは、「安心料」なのかもしれませんね。

安い・便利には理由がある

安いから、便利だから。

添加物が使われる理由はさまざまですが、加工食品には使用量の多少に関わらず、使われていることがほとんどです。

スポンサーリンク

加工工程が多い、すぐ食べられる、、、等々、便利になるほど含有量も増えていることが考えられます。

もし少しでも添加物を減らした食生活をしたい、と考えるなら一番の近道は自炊です。

できあいのお惣菜やレトルトなどの替わりに、食材を購入して自分で作れば、ずいぶん減らせるはず。

作るのは面倒に感じるかもしれませんが、自分や家族の健康にも大きく関わること。ちょっとトライしてみる価値はありそうですよ。

お料理が苦手な人は、スマホやパソコンなどでレシピが探せる、クックパッドなどを参考にしてみてはどうでしょう?

新聞や雑誌にも、お料理レシピが色々載ってますし、お料理本は初心者用からプロ直伝のものまで、種類も豊富で見てるだけで楽しくなりますよ。

賢い消費者になるには?

「食品の裏側」を読んで感じたのは、安いものを買うことだけが、賢い消費者じゃない、むしろ逆なんだということ。

食はいちばん確実な自己投資」だからこそ、確実なリターンを得られるよう、吟味してチョイスすることが、大切です。

もちろん、本を読んだからと言って、100%添加物を排除するのは、難しいかもしれません。

加工品を買えば時短になったり、手間が省けるからです。

ただし、知っているか?知らないか?その違いで、買い物の仕方が変わり、食卓に並ぶ食事も変わっていきます。

ちなみに我が家での食品選びのポイントは、無添加、国産材料、低温圧搾など、、、本に書いてあったように、表示ラベルを必ず確認してから購入するようにしています。

小さな積み重ねのその先に、元気で健康な自分ができあがる。この本を読んで、そんな風に感じるようになりました>>>食品添加物について書かれた本

さいごに・・・

自分や家族の健康、子供の食事に気を配る人には、特に知っておくべき内容満載で、新しい学びが詰まっていました。

改めて感じたのは、人の体を作るのは「食事」だということ。子供をもつ親や、健康を気遣うなら、読んでおいて損はないと感じる本でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする