足臭予防と対策。革靴、パンプス、運動靴、汗とムレで雑菌繁殖しない方法

kusa
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ


足がムレてクサイ!「だってショーガナイ…」と放置してませんか?

もしかしたらその臭い、気付かれてるかもしれません。

消臭剤がバカ売れするほど、日本人はニオイに敏感な民族です。

「クサイ奴」というレッテルを貼られる前に、足臭対策は先手必勝!臭いから解放されれば、ココロも足も身軽になれますよ!

スポンサーリンク

身近な足臭対策

1日中履きっぱなしだと、靴の中がムレて足が汗をかき、靴内はジメジメ、ムシムシ、雑菌が繁殖しやすい好条件がバッチリ揃います。

皮靴や運動靴、安全靴、パンプスだって、臭いの強さは人それぞれですが、横綱クラスのレベルになると、鼻の奥までツーンとくるほど強烈です。

すぐに出来る、初級トライ編からスタートしましょう!

くつ下の素材を変える

くつ下は、綿素材がおすすめです。

そのワケは、綿は吸湿性が良く、足がかいた汗を吸収し、発散させる作用があるからです。

反対にポリエステルは吸湿性が綿に比べて低く、かいた汗の行き場が無く、汗と足の垢、蒸れた靴内の湿度が一体となって、雑菌が繁殖し、ニオイの原因を作りだします。

足は1日にコップ1杯の汗をかく、と言われています。

蒸れない対策で少しでも軽減させておきたいですね。

靴は乾燥させる

1日はいた靴は、足がかいた汗が靴に吸湿され、そのままでは蒸れて、雑菌が繁殖しやすい状態です。

足のためにも、靴のためにも、1日はいたら休ませベランダ等、外で陰干しし、湿気を飛ばして靴の中までしっかり乾燥させましょう。

湿気が取れた靴は、はき心地も回復して気持ち良く使えますよ。

くつは使い分ける

毎日同じ靴を履かないようにしましょう。

革靴や運動靴、パンプスなどデイリーで履く靴は、最低でも2足用意し、連日使用を避けます。

その理由は上記でも書きましたが、1日履いたら次の日は休ませ(陰干しして乾燥させ)、靴に溜まった湿気や蒸れ、雑菌をシャットアウトします。

1日はいたら、別の靴を利用しながら、靴をローテーションさせます。こうすることで、靴も長持ちするメリットもあります。

足を清潔にする

1日靴をはき続けた足は、湿気・蒸れ・雑菌・垢などで汚れています。

汚れた足はキレイにリセットさせましょう。

入浴時、足指や足裏など丁寧に洗って、1日の汚れを落とします。

その際、ゴシゴシこすらないこと。

そして、熱すぎるお湯で洗わないよう気を付けて下さい。こすり過ぎれば、もともと皮脂の少ない足裏が乾燥し、皮膚が厚くなり、ひび割れしやすくなります。

必要なのは、石けんで泡だてた泡で、丁寧にやさしく洗うこと。

足が乾燥してるかな?と感じたら、保湿剤を塗っておけば完璧です。

暖かくなると、サンダル履きや、パンプス等、かかとが見えやすい「足も薄着」の季節になってきます。

ガサガサ・ゴワゴワのかかとが丸見えにならないよう、日頃のお手入れが薄着の季節に実を結びますよ。

お手入れグッズ活用

足の臭いが心配だと、人の家なんて気やすくあがれません。

クツの臭いが強さを増すと、玄関からモワモワと悪臭が漂ったり、仕事なら客先でクレームの元になりかねません。

大型商品の設置搬入や、引っ越し、お掃除業者さん、営業などクツを脱ぐ機会の多い人や、飲み会での座敷対応も気兼ねなくできるよう、専用のお手入れグッズがあると便利です。

例えば消臭グッズや、靴専用乾燥機、足裏洗いグッズなどです。

どれも使いかたはとても簡単で、効果の口コミもかなり高く、足ムレ時期になると品薄になるものも多いです。

お手入れグッズと足臭対策で、足の臭いから解放されれば、キモチも軽く自信を持って毎日を過ごせます♪

自力と他力の併用で、より確実に、より効果的に足臭とサヨナラしてください。

足臭 要注意のくつリスト15

足臭になりやすい靴を挙げています。

意外と盲点なクツも見つかるかもしれません。そんな時は、そっと臭いをチェックしてみて下さい。

これを見ると、長時間履いて汗をかく靴は、想像以上に多いことがわかります。

  • ミュール・サンダル(汗をかき、ムレる)
  • 自宅やオフィスのスリッパ(長時間・長期間履く)
  • サッカーシューズ
  • 野球シューズ
  • バレエシューズ
  • トウシューズ
  • 運動靴
  • 上履き
  • ジョギングシューズ
  • 登山靴
  • ゴルフシューズ
  • ブーツ
  • パンプス
  • 長靴
  • 安全靴

他にもまだまだ挙げるとキリがありませんが、臭うのは仕方ありません。

でも対策は怠りなく、ぬかりなく、積極的に対策を練ることで、案外さらっと解決して拍子抜けすることだってあります。

臭くなるまで履きつぶすのも悪くありませんが、不安と隣り合わせで過ごすより、自分にもクツにもプラスの方法をチョイスしたいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする