圧力鍋のメリット デメリット?ブランドの種類は?選び方は容量?

aturyokunabe


カレーや肉じゃが、角煮、黒豆、煮物、玄米ご飯など、料理の幅を広げて、おいしく時短料理が作れる圧力鍋ですが、種類が多くて、どれを選べばいいか悩みませんか?!

今回は、初めて圧力鍋を買う人や、新しく買う人向けに、ブランド別圧力鍋や選び方のポイントを紹介します。

圧力鍋のメリットとデメリット

人気の圧力鍋ですが、他のお鍋と比べて何が違うんでしょうか?

初めて圧力鍋の購入を考えている人に、そのメリットとデメリットを紹介します。

短時間でおいしい料理が作れる圧力鍋について、まとめました。

メリット:ガス代(電気代)の節約になる

高温で「圧」をかけて、時間のかかる食材を短時間で調理できます。

加圧後数分で火を止め、あとは圧と余熱で十分調理が可能かだら、光熱費の節約に役立ちます。

メリット:短時間で調理が可能

豚の角煮や牛すじ煮込み、イワシの骨まで軟らかく丸ごと食べることが出来ます。

コトコト何時間も煮込んで作るような料理が、驚くほどで短時間で完了してしまいます。

あっけなくて、ちょっとビックリしますよ。

メリット:料理をストックできる

食べきれない量を作っても、小分けしてストック料理として冷凍保存しておけば大丈夫。

忙しい時は、解凍して温めれば用意が完了!

ジップロックなど、冷凍保存用の小分け袋があると大活躍します。

デメリット:味見ができない

フタをして加圧するので、途中でフタを開けて中を確認できません。

加圧中は味見は出来ませんが、味が足りなければ加圧後、フタを開けてから微調整すればOKです!

デメリット:重たい

普通のお鍋より大きく、重いので、洗ったり、収納の出し入れがちょっと面倒です。

ある意味、一般的なお鍋とは違う、圧力鍋の個性ですね!

デメリット:加圧し過ぎ

煮崩れたり、野菜が煮溶けてしまうことがあります。

圧力鍋各社の製品によって設定時間は様々ですが、使っている内に、徐々にコツがつかめてきます。

あとは使いながら感覚をつかんでいけば大丈夫ですよ!

デメリット:圧がコワイ!

圧力鍋に二の足を踏んでる理由の1つが、コワイ!ではないでしょうか?

圧が爆発したら?!なんて私も最初に思ったことありましたが、使い方を知って、付属のレシピブック通りに圧をかけたら、アッという間に完成。

全然怖くありませんでした。

むしろ出来あがった肉の軟らかさに感動しました!(初の圧力は豚の角煮でした)

怖がりの私でも大丈夫でしたから、ぜひトライしてみて下さい。

料理の幅、広がりますよ~!

圧力鍋のブランドの種類は?

圧力鍋って誰もが知ってるブランドの他にも、実は色々なブランドがあります。

どれを選べばいいか迷っても、使ってしまえばその便利さに大満足するはず!

モツ煮込みやタンシチュー等々、圧ナシでは作れないメニューが色々作れて、1年中大活躍してくれますよ~!

ゼロ活力なべ/アサヒ軽金属

日本の家庭料理に使われる、豆や玄米、雑穀、根菜類、魚も骨ごと食べられる、世界最高クラス2.44気圧の圧力鍋。

加圧してオモリが回り始めてから、0分から数十分で調理が完成します。

IH・ガスに対応。

ステンレスとアルミニウムの5層構造で、保証期間もとても長く、メイド・イン・ジャパンの商品です。

ワンダーシェフ

ゼロ活力なべとほぼ変わらない高圧力で、一般的な圧力鍋と比べて半分程度の時間で調理が可能です。

ガスレンジ、200V電磁調理器、ラジエントヒーター、ハロゲンヒーターにも対応し、サイズは容量により数サイズ展開されています。

人気のタイプ>>>ワンダーシェフ+特別500円レシピ

鍋の全面はステンレス・アルミ・ステンレスの三層構造になっていて、軽く扱いやすくなっています。

クイックエコ パール金属

低圧・高圧の2段階に圧力が切り替えられるので、食材や調理に合せて設定できます。(煮崩れしやすいものは低圧で、肉の塊など火の通りにくいものは高圧)

人気なのは>>>H-5041 クイックエコ 片手3層IH圧力鍋4.5L

ステンレス・アルミ・ステンレスの三層構造になっています。

ティファール(T-FAL)

「取っ手のとれる」で有名な、フランスのメーカーです。日本でも一番有名どころのお鍋と言えます。

クリプソアーチなど、日常使うお鍋感覚で開閉できるフタや、2段階圧力で素材によって切り替えて調理できます。

人気なのは>>>ティファール T-fal クリプソ アーチ

フィスラー(Fissler)

160年以上の歴史を持つ、ドイツの老舗キッチンブランドです。

プロの料理人でも利用している人が多く、プロ仕様の調理器具。デザインはシンプルで美しく、扱いやすい作りになっています。

人気なのは>>>送料無料 フィスラー ビタクイック圧力鍋 4.5L

WMF(ヴェー エムエフ)

ドイツの老舗ブランド。シンプルで機能的なのが特徴です。

ワンタッチで着脱できる取っ手や、ハンドルは簡単に取り外して洗えるタイプもあります。

デザイン性も高く、少量から大容量までサイズ展開されています。

人気なのは>>>WMF パーフェクトプラス 圧力鍋 4.5L

シリット社

「シラルガン」で有名な圧力鍋です。

シラルガンは約30種の天然鉱物を独自の比率で調合し、内側と外側をシラルガンが、真ん中が鋼板で作られてた3層構造になっており、非常に丈夫で傷がつきにくい素材です。

人気なのは>>>Silit社(シラルガン)圧力鍋シコマチックTプラス

ラゴスティーナ

イタリア製の圧力鍋。

デザインが美しく、見せるキッチンウェアとしても素敵なお鍋です。

3段階の安全設計と、さまざまな熱源に対応していて、保証も長期に渡り安心して使える製品です。

人気なのは>>>【Lagostina】 ラゴスティーナ 圧力鍋ノビア ビタミン

ビタクラフト

ビタクラフトのスーパー圧力鍋アルファは、ガス、IHクッキングヒーターなど、あらゆる熱源に対応していて、別フタを利用すれば、多層構のお鍋としても利用できて便利です。

長期保証もあるので、安心して使えます。ステンレスとアルミ合金、アルミニウムの5層構造になっています。

人気なのは>>>ビタクラフト スーパー圧力鍋アルファ

失敗しない圧力鍋の選び方?

圧力鍋は色々種類があって、イザ買おうとなると迷いませんか?

そのワケは、すぐに買い替えるものじゃないから。

購入ブランド以外にも、材質やサイズをどうするか?思案のしどころです。

材質の違い

圧力鍋のつくりは、ステンレス製とアルミ製、または、ステンレスとアルミを合わせた多層鋼があります。

アルミは熱が伝わりやすく、火の通りが良い反面、熱が逃げやすい弱点があります。対してステンレスは熱伝導が悪いけれど、保温力が高いという特徴があります。

多層構造の圧力鍋は、両方の良さを兼ね備えているのですが、アルミだけ、ステンレスだけの圧力鍋に比べ、値段が高めです。

圧力鍋なら何でもOK!と言う人は単層構造(アルミ製かステンレス製)のもの

オールマイティーに使える方がいい!という人は、多層構造の圧力鍋がおすすめです。

サイズの選び方はどうする?

圧力鍋のサイズは大きすぎても小さ過ぎても、ジャマになったり、容量が足りないと困りますよね。

圧力鍋は加圧するため、鍋に食材を満タンにして調理できません。なので家族の人数プラス1~1.5リットルが目安です。

子供がこれから大きくなり、食べざかりになれば、作る量も増えるので、それを見越してちょっと大きめを買うのも手です。

ちなみに我が家では、圧力鍋で料理をするときは、あえて多めに作って、残りは保存用として冷凍ストックしておくので、ちょっと大きめを購入していました。

忙しいときや、料理したくない時など、冷凍ストックがあれば時短になるし、手抜きできるので大活躍してます。

さて、今どんな圧力鍋が売れてると思いますか?!

ティファールのクリプソアーチ?それともワンダーシェフ?!ビタクラフト?

気になる週間ランキングはコチラでチェックできます。圧力鍋選びの参考にして下さいね!・・・圧力鍋ランキング

ひとくちメモ

圧力鍋は一家に1台あると、ほんとうに便利な調理器具なんです。

我が家では現在買い替えて2代目(2台目)!

定番のティファールからスタートし、ワンダーシェフに買い替えました。すっごく使いやすいし便利ですよ!

今まで面倒で作れなかった料理も、コレがあれば気軽に挑戦することができます。圧力鍋をきっかけに、お料理のレパートリー増やして下さいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする