風呂掃除のポイントは?風呂のカビ対策は?

bathkabi
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

お風呂を清潔にキープするために欠かせない、風呂場の掃除。

重要だと分かっていても、少なからず「面倒くさい」と感じること多いのではないでしょうか?

最小のお掃除で、効果の高い風呂掃除を改めて考えてみませんか?

スポンサーリンク

風呂掃除のポイントは?

風呂場を含め、洗面所、トイレ、台所なども含め、「水場」はカビや雑菌、ぬめりが繁殖しやすい場所でもあります。

毎日こまめに掃除をしておくと、目立って大きな汚れにならず、手間もほとんどかからないので、簡単な掃除だけで済んでしまうメリットがあります。

checkaka 風呂掃除必須エリア

風呂場は体の汚れを落とす場所なので、汚れているのが前提。

一番汚れるのが、床と周囲の壁、そして扉の下側部分。ここは必ず洗うようにしましょう。

checkaka 排水口

排水口は、ぬめり、黒カビ、雑菌がオンパレードになる場所。

ここは定期的に、だいたい1ー2週間に1度は手を掛けるべし!(ゴム手袋使用マストです!)

これ以上の期間放置すると、周囲が少しずつ黒っぽくカビてきます。

排水口の掃除は最悪の事態になる前に、先回り掃除がオススメです!

checkaka 最後にお湯

お風呂が最後の人は、風呂場全体を熱湯で掛け流しておきます。

おおよその目安は、浴室ドアの下半分くらいが目安です。(天井など全部する必要はありません)

checkaka 残り湯がある場合は?

必ず浴槽のフタは閉めておきましょう。

開けっぱなしではいつまで経っても浴室内から湿気がなくならず、換気扇をつける意味が無くなってしまうからです。

基本は風呂場に水分を残さない。これを徹底することで、浴室内の湿気から来る困った汚れを減らすことができます。

風呂のカビ対策は?

どんなにキレイに風呂掃除をしても、カビの原因となる、湿度、温度をコントロールしないと、必ずカビが発生してしまいます。

発生しやすい温度は、だいたいは20~30度で、特に25度前後になるとカビの働きが活発になっていくので要注意です。

また空気中の水分(湿気)が多いほどカビが発生します。

そう考えてみると、お風呂場にはカビが増殖する全ての条件が揃っていると言っても過言ではありません。

逆にこれをコントロールできれば、かなり確実にカビの発生を抑えることができます。

checkaka じゃあ、どうやればいいの?

いちばん簡単な方法が、換気扇のスイッチをつけて、風呂場を完全乾燥させてしまうことです。

スポンサーリンク

たったこれだけなんですが、風呂場から湿気と温度を外に追い出すことで、カビが好きな環境をシャットアウトが可能です。

その際は浴室の扉はキッチリ閉めておくことがポイント。浴室扉の下側にある通気口から吸気して、天井にある換気扇に吸いこまれていきます。

この下から上へ空気の流れを作ることで、風呂場全体から湿気を取り、乾燥させていきます。

ですので、浴室のドアを半開きにして、湿気を室内に流さないように注意しましょう!

checkaka どれ位時間かかかるの?

これは季節やお風呂の状況(窓アリ・窓ナシ)にもよりますが、1-2時間で風呂場内は乾燥しないので、夜お風呂に入る場合、朝まで連続換気しておきます。

梅雨時の湿気の多い時期でも1晩換気をすることで、風呂場の床や壁、天井まで、ほぼ100%乾燥します。

checkaka 電気代は?

ここで気になるのが、1晩中換気扇を回したら電気代がどれくらいかかるのか?かもしれません。

我が家の場合ではだいたい1か月、200-300円程度が増える感じですが、最初の頃は「つけっ放し」って勿体ないな、、、とあまり積極的になれませんでした。

まずは1か月試してみよう!とスタートしましたが、始めてみると風呂掃除してても無くならないカビが格段に減ったことでした。

これには本当にビックリ!

最新の換気扇の方が電気代も安く、つけっ放しでも数十円程度で済むようですが、我が家のお風呂は古いので、それと比べると割高に感じます。

ですが、カビ取り系のスプレーを1本買うのと同じくらいか、それより安い位の値段でカビ掃除をほとんどしなくて済むのは、とてもラクだし魅力的です。

こういったカビ取りスプレーは、薬剤が強力なので吸気厳禁。使用にはちょっと注意が必要な物がほとんどですよね。

つまりできるだけ吸わない方が、カラダのためでもあります。

…という訳で、カビと風呂掃除の追いかけっこをするぐらいなら、換気扇を回して、カビの発生原因を断ってしまった方が早道ということが分かり、今ではつけっ放しが定番になりました。

いま現在は10-12時間位つけていますが、気温が高い時期になるともっと短い時間で浴室内が乾燥します。

やはり梅雨時期や寒い季節は、それより時間がかかるようです。

ちなみに今すでにあるカビは、早目に取ってしまいましょう!

換気扇を回しっぱなしにしておくと、カビがどんどん増えていく事が減りますが、時々ポツンポツンと出来ている事があります。

特に発生しやすいのが、目地や天井、壁、四隅、換気扇エリアです。

できるだけカビを取って、浴室内のカビをリセットしておくと、新しいカビができてしまった時も、それに気付きやすく簡単に除去することができます。

ひとくちメモ

風呂場の掃除も大事ですが、換気扇による風呂場の換気はさらに重要です。

スイッチ1つで、かなりの手間を省ける便利さがやみつきになるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする