便秘と思いこみはどう結びつくのか?

toilet
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

こんにちは、ミチコです。

嫌いなことしてると、頭がガンガンする今日この頃。
脳は正直ものだ~。(;一_一)

さて、今日は便秘のハナシ。
お食事中だったら、読むのは後でどうぞ(笑)

以前話した、腸内洗浄のはなし、覚えてます?
過去記事 → なぜコーヒーエネマで腸内洗浄したのか?

これを読んでも分かる通り、かなりの便秘ツウ。

ストレスで便秘になって、大腸にポリープできたこともあった程、
便秘と長いこと、縁が切れませんでした。

ところが!ここ最近、大異変とキセキの連続が…。

出る!それも毎日!(ほんと!)

そりゃもう、これまで色々試してきましたよ。
(ただし、便秘薬とか一過性の効果を期待する類はナシ)

食事とか運動、足つぼとか、時間は掛かっても体の中から
書き変えていけるものを、コツコツ地味に…。

そういったのも、モチロン大きな要因だと思う。

便秘が改善してきた理由で思い当たることは2つ。
今回はその1つです。

ものすごい盲点だったこと。
それは、「出ない」って思い込みを、とっぱらったこと。

ん、どういうこと?

便秘だと、日中ほとんど便意がない。
ホント、不思議なくらい。(モリモリ食べてるくせに)

だから「出たくないんだ」と思う。
当然、トイレに行かない。だって、出ないんだもん。

スポンサーリンク

便意ない → 行かない → 出ない
この思考回路を、「出ないループ」とでも呼びましょうか。

そもそもこのループ自体に、思考ミスはないのかと。

便意が無いから、出ないんじゃなくて、
行かないから、出ないんじゃ、という今さらな疑問(・∀・)b

その気が無くても、座る習慣をつけて、
脳みそと腸に、「出す意思がある」と無言で宣言する。

で、頭の中で「見事に出る」イメージを繰り返す。
それを毎朝とか、一定の時間をとって、毎日座る。(便意ナシ状態で)

そしたら、なんと!ホントに出るようになった。
自分でもビックリ。なんだ、腸も出したかったんだ!(言ってくれればいいのに)

最初の頃は、全然ヒットしなくて、空振り三振ばっかり。
だけど、徐々に打率が上がってきて、

そのうちに、「便意」でお知らせしてくれることも。。。
この変身ぶり。今まで何だったんだろう?

便秘だから、出ない。
「思いこみ」というメンタルブロックを、自分で作りだしてたのかも。

自分で内側から鍵かけて、
「外に出れません」と言ってるのと同じだよね。

日常生活でも、それってよくあることで。

自分の潜在意識のどこかで、メンタルブロックがあると、
やればできるのに、何もせずにスルーするクセがついてしまう。

それじゃ、もったいないよね。

チャレンジしたことは、後で自分の財産になる。
そんな人生でありたいな、と。

便秘の話を書きながら、人生についても考えたのでした。

それでは!ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする