ブライダルシェービングは必要?ソフトシェービング違いは?何日前にする?

bridalshaving
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

結婚式当日、主役である花嫁がよりキレイに輝けるようお手入れするのは、お顔のエステや痩身だけではありません。

それが顔やデコルテなど、お肌のシェービングです。特に花嫁が行うのは、ブライダルシェービングとも呼ばれています。今回は「剃り」について詳しく紹介します。

スポンサーリンク

ブライダルシェービングは必要?

結婚式で着用するドレスのデザイン(露出部分)にもよりますが、顔、襟足、腕、背中は一番ムダ毛(うぶげ)が目立つパーツです。

特に自分では見えない衿足や背中は、産毛や毛穴が目立ちやすいので要注意。そのために事前にやっておきたいのが、顔、背中、衿足のシェービングです。

化粧すると分かりますが、顔剃りしてあると普段の時より一段肌色が白くなりますし、ノリも違います。写真うつりにも関わってくるので無視できません。

写真写りに影響も!

大してうぶ毛なんて気にならないんじゃ?と思っていても、襟足などのうぶげはアップヘアにすれば特に目立ちます。見ている人はホント良く見ているものです、、、

またプロのカメラマンに写真を依頼した場合、個人では撮れないようなアップ写真をキレイに撮ってくれます。アップ=接写ですから、細かい部分まで写真に写り込みます。

雰囲気のある接写は本当に美しく撮れていますが、もしうぶ毛もドアップで写ってしまったら、一生モンですから、ちょっと残念ですよね。

また逆光で撮る写真は雰囲気がでて素敵ですが、うぶ毛が意外と目立つものです。最近はスマホやデジカメなどの性能も上がり、細部までよく写ります。

そんな「もしも」の心配をしなくて済むように、360度、全方位から撮られても自信アリ!状態にしておけば怖くありません!

大事な結婚式だからこそ、ベストコンディションで迎えたいですね。少なくとも、ドレスから出る部分は全て処理しておく位、念入りにケアして当日を迎えましょう。

ソフトシェービングとの違いは?

さてシェービングには、「ソフトシェービング」と呼ばれるものがあります。

ソフトシェービングというのは、ブライダルエステのコースに、セットなっていることが多いタイプです。

スポンサーリンク

これは電動シェーバーを使って、ムダ毛(うぶげ)を処理するもので、剃るというより「刈る」と考えると分かりやすいと思います。

剃刀と違いシェーバーでは短い毛など、完璧に根元から剃ることができません。そのため生えるのが早い人(濃い人)は、数日経てば産毛が目立ってくる場合もあります。

本格的なシェービング

本格的なシェービングが出来るのは、理容師さんです。

プロのシェービングは根元から剃ってくれるので、仕上がりがとてもキレイ。

ただし肌が弱い人は、カミソリだと肌が赤くなったり、カミソリ負けする場合がありますので、注意してくださいね。

また剃った後、入浴時などは肌が敏感になっている可能性も考えて、肌をゴシゴシこすらないこと、そして洗浄力の強いボディーソープは避け、肌が乾燥しないよう保湿もお忘れなく!

全方位から写真を撮られても大丈夫。完璧に綺麗にしておきたい!そんな花嫁さんはシェービングをオススメします。

ブライダルシェービングは何日前にするのがベスト?

お式が迫ってくると、緊張したり、ストレスを感じたり、予期せぬトラブルが起こりやすいものです。待ち遠しい反面、いつもなら平気な事も、想像以上のプレッシャーがかかっているかもしれないからです。

もしそんな気持ちの中、本格的なシェービングをしてもらう場合、肌が赤くなったり、発疹など「もしも」のトラブルは回避したいですよね。

安全策を考えて、できるだけ前日は避け、3・4日前に剃るのがオススメです。

もし心配であれば、顔剃りだけお願いして、大丈夫かどうか様子を見るのも1つの方法です。自分で大丈夫だな、、、と分かれば、背中や衿足なども安心して剃ってもらえます。

ちなみにソフトシェービングの場合は、上っ面を剃る感じなので、伸びてくるのも早いです。そのため挙式2日前から前日など、直近にしたほうが安心かもしれません。

ソフトでの剃り残し防止も兼ねて、当日は念のため、衣装を着る際やメイクさんに大丈夫か確認してもらえば、自信を持ってお式に臨めますよ。

ぜひキレイになってくださいね。

ひとくちメモ

挙式までは、あれもこれもすることが一杯でバタバタしますが、どれも大事なことばかりです。ぬかりなく、だけど体調には十分留意して、最高の挙式にしてくださいね!

スポンサーリンク