コーヒーエネマで腸内洗浄!経験談

chou
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

コーヒーエネマってご存知ですか?

便秘で悩む人や、宿便出し・腸の健康のために行うのが腸内洗浄です。定期的に行うことで、健康や美肌まで手に入れられる、と知る人ぞ知る方法です。

腸内洗浄って、どんなものなのか?実際に試した経験談も併せて紹介します。

スポンサーリンク

便意が無い。便秘で悩んでいた

何を食べても、全く便意が無い…。

しかたなく便秘薬に頼っても、ビクともしない。下腹はどんどん膨らんで来るのに、それでも出ない。

こんな切羽詰まった状況の時、人はどんな行動に出るんでしょう?それが私の場合、腸内洗浄(コーヒーエネマ)でした。

男性より女性に多いと言われる便秘ですが、心底困り果てていた時期、意を決して腸内洗浄デビューしました。

もちろんここに辿りつくまでに、便秘薬の他にも考えられることは色々やってきました。

食物繊維を多く含んだ野菜や、食事、お腹マッサージ、ストレッチ、便秘改善のお茶、運動などなど。

食べても出ないと、今度は食べるのがストレスになります。不安の連鎖で余計出なくなり、顔には吹き出物も増えていきました。

そして最後の秘密兵器が、コーヒーエネマと呼ばれる腸内洗浄でした。

なぜ便が出ないのか?

腸の中に便が長く留まると、便に含まれている水分が腸に吸収されて硬くなり、出にくくなります。(いわゆるカチカチ便ですね)

腸は消化・吸収する働きがありますが、定期的に排便していかないと、ゴミ(便)が溜まり続けて、腸は正常な働きができなくなり、溜まった便は腸内で腐敗便状態になります。

「食べたら出す」を日々繰り返すことで、身体は滞りなく循環し、トラブルを回避することができます。

それくらい、腸内での「交通渋滞」は避けるべきことなのです。

腸内洗浄(コーヒーエネマ)はどうやるのか?

腸内洗浄は自分(自宅)でも出来ますが、対応しているクリニックがあります。中には腸内洗浄専門のクリニックもあります。

自分ではムリ・・・という人は、専門家にお願いした方が安心です。

また自分で行うよりも、腸内洗浄クリニックの方が、腸の奥の方の「上行結腸」という部分まで洗浄できるようなので、よりしっかり「出す」ことが出来ます。

自分で腸内洗浄する仕組み

仕組みはとても簡単です。

専用のホースをお尻に差し込み、腸に専用のコーヒー液を少しずつ流し入れます(1リットル程の専用のコーヒー液を準備し、出来る範囲で腸に流し入れる)

その後、ホースを抜き、詰まった便と一緒に液剤を排泄して完了です。

メンタルブロックの解除がカギ

仕組みはカンタンですが、実際にやろうと思うと、かなりためらいがあります。差し込むのに、「相当な勇気と思い切り」が必要だからです。

便秘でパンパンになっているお腹に、こんなにたくさんの水分が入るのか?本当に自分だけで大丈夫なのか?もし万が一逆流したらどうなるんだろう?
あらゆる恐怖で、出来ない!というメンタルブロックが張り巡らされます。

こうなると腰が引けて、普通だったら「無理!」となります。私は最初2回ほど、拒否反応から中止しました。

ですが、便秘状態は深刻なままです。

スポンサーリンク
  • 下腹を触ると硬く便でパンパン
  • 切羽詰まってる
  • 器具は用意万端
  • あとは自分にGOサインを出すだけ

気持ちは拒否していますが、限界ギリギリの状態です。病院で処方された薬も効かない、自分で外堀を埋めて追い込んで、、、、結局やりました!!!

腸内洗浄(コーヒエネマ)の実体験

やった、遂にやりました。

そして、出てきたらスゴかったです。自分で自分に衝撃を受けました。

液剤を腸に入れる

お尻から管を差し込み、ゆっくりコーヒーエネマを腸に流し入れます。1リットル弱用意した専用の液剤を、お腹の様子を感覚でとらえながら、できるだけゆっくり注入しました。

するとお腹はパンパンなのに、どんどん水分が入っていきました。腸の中に水分が浸透していっているのが分かり、何とも言えない感覚でした。

液剤は無理して全部入れる必要ありません。

でも私の場合、用意した分はほとんど腸内に吸いこまれていきました。

お腹をマッサージする

お腹は更に張った状態になります。

ここでお尻から管を外し、この状態を少しキープしながら(これが結構難しい)、お腹を軽くマッサージします。

キープ&マッサージの時間は、状況によります。場合によっては、液剤注入後に我慢できず、すぐに排出してしまうときもあるからです。

最後は排出する

そして、マッサージと液剤で刺激された腸の中身を、出します!

トイレは戦場です。

できるだけ一気に出ないよう、少しだけお腹に力を入れてコントロールしながら、排水・排便していきます。

すると自力で出せなかった数々の詰まりと塊がゴロゴロと排便されるのが分かりました。腸の中を見てはいませんが、腸壁の大掃除まで代行してくれたかのような感覚です。

どこまで詳細に書いていいか、自分でも悩みますが、とりあえず、スゴイのは間違いありません。

ちょっとこの感覚、他に例えるものが見つかりません。たぶん、お腹の中は悪玉菌しか居なかったのではないでしょうか。

ビクともしなかった、溶岩のような詰まりを押し出し、周辺の汚れまで一気に押し流したかのようなスッキリ感でした。

その後、何回か便意をもよおしながら、腸に残ったコーヒーエネマを出して終了です。グッタリしましたが、終わった安堵感と、詰まりがとれた喜びはクセになります

腸洗浄は何回したのか?

期間を開けて、複数回行いました。

はっきり回数は覚えていませんが、少なくとも5回ほど洗浄し、その後は腸内洗浄を卒業しました。
やはり1回目の汚れが一番強烈で、回数を重ねる度に、汚れ方が減っていったのを実感しました。
頻繁には行わず、期間を空けて心的負担を減らしつつ、2~3週に1回のペースでした。
この辺は個々人によってペースが違うかもしれませんね。

これほど便が詰まってる状態で、あんなに大量の水分が腸に入るんだろうか?と不安でしたが、案外するすると入っていくのには驚きでした。

おわりに

腸はストレスとも大きく関係しています。
日々そういった環境にある人は、便秘になりやすいです。カラダが発するサインを見逃さないよう、できるだけ気を付けてください。

たかが便秘と思わず、トイレタイムを生活のリズムに組み込む時間を作って、排便タイムを設けて、きょうも快腸で過ごしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする