エトヴォス(ETVOS)ヘアオイルで髪のパサつき改善

awawa
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

こんにちは、ミチコです。

髪断食の基本は、お湯だけで洗う「湯シャン」のみ。地肌がかゆかったり、皮脂でべたついたりといったトラブル回避策で、ちょっと熱めのお湯で湯シャンすることがありますが、熱すぎるお湯で洗いすぎると、タンパク質でできた髪の毛は、熱で傷みやすくなり、パサつきの原因にもなります。

スポンサーリンク

老けて見られるパサ髪

熱い湯シャンの他にも、加齢に伴って水分を失った髪がパサついたり、ツヤや潤いが無くなったり、原因は1つではありませんが、パサついた髪は見た目も印象もいい状態とは言い難いですよね。。。

痛んだ髪や、パサついた毛先はヘアカットすることで一部は改善しますが、やはりパサついた髪は実年齢よりプラスさせる可能性は否定できないのが現実。自毛で復活できるならそれが一番ですが、ちょっと足りないのなら、髪や頭皮に負担が掛からない程度に、色んなものを試してみたい。

エトヴォスのヘアオイル購入

ドライヤーや乾燥、紫外線、加齢も含め、髪にできるだけ負担のかからないヘアケアをしたいと探したのが、エトヴォスの「ヘアオイル」。
eto5 eto7

パサついた髪や、ダメージヘアにツヤを与えて、髪がまとまりやすくなるヘアオイル、ということで今回購入したのです。

このオイルはノンシリコンなので髪にも安心。オイルなのにサラっとしてベタつかず、髪によくなじみます。オイルが髪の毛をコーティングすることで、乾燥や紫外線などからも髪を守ってくれるというスグレモノでもあります。

スポンサーリンク

香りは「ラグジュアリー」との表記がありましたが、ふんわりと大人な香りというのが使ってみた感想。よく欧米人が漂わせている気がしました。香りは一時的なものなので、時間が経てばあらかた飛びます。個人的にはこの香り、好きです。

ヘアオイルの使いかた

eto6使いかたはカンタンです。洗髪してタオルドライした濡れた髪に適量を手に取り、手のひらに広げたら毛先を中心にヘアオイルをなじませて、ヘアセットするだけ。

ボトルから一気にドッと出ないよう、1滴ずつ落ちるよう作られているので安心です。ポイントは「適量」ですが、これは使いながら自分で調節するのがベストです。少な過ぎれば付けた効果が出にくいし、多過ぎればべたついたり、束感がでてしまうからです。

個人的な感覚ですが、ショートカットだと1、2滴ほど。ボブ(肩に髪の毛が付かない位)で3、4滴ほどでしょうか。毛量によっても使用量が違うので一概には言えませんが、使う時の目安にどうぞ♪

髪が伸びてくると、毛先が絡まりやすかったり、痛んだりしがちですが、ヘアオイルが補助的な役割をしてくれるのでは?と期待しています。

ヘアセットし終わって、毛先に触れるとツルっとした感じが分かります。ヘアオイルをつけ過ぎると、重くなったり、束感がでるのでまずは少量からがオススメ。湯シャンで特に髪にトラブルも起きていないので、問題ないようです。エトヴォスのヘアオイルはノンシリコンなので、髪への負担が少ないだろうと思います。

あとは、髪のパサつき以外にも、特に痛みやすい毛先の保護が出来ることで、髪の毛の乾燥やダメージを防いでくれる役目を果たしてくれたら、一石二鳥です。

1本50ミリリットルで、コスパも、持ちもかなり良さそうです。

それでは、今日も最高の1日を!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする