フランス料理フルコースのメニュー順番は?食べ方は?食べにくい料理のマナーは?

frenchfull
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

ホテルでフレンチのディナーや、結婚式の披露宴、クリスマスや記念日、誕生日のディナーなど…。

暮らしの中でフルコース料理を食べる機会は、少なからずあると思います。慣れないからと尻込みするより、何事も経験あるのみ!

でもその前に、ここでちょっと予習してみませんか?

スポンサーリンク

フランス料理フルコースのメニュー順番は?

カジュアルなものから、本格的なフルコースまであるフランス料理ですが、順番など全てを覚える必要はありません。

大まかな流れが分かってさえいれば、コース全体が見渡せるため、安心して食事ができますよ。

フランス料理のコースの流れ

フランス料理のフルコースは、下記のような流れで提供されます。

何かしら違いが出てくるでしょうが、全体像を知っておくと、「次は何が出るんだろう?」と不安がらずに済みますよ。

【1】アミューズ・ブーシェ

前菜の前、食前酒と一緒に食べる少量の料理。省略される場合アリ

【2】オードブル

前菜。華やかな盛り付けで、目と舌でじっくり味わうお料理

【3】ポタージュ

素材の旨みがギュッと凝縮されたスープ

【4】パン
魚料理の前後に出される

【5】ポアソン

1つめのメインディッシュ、魚料理(淡白な白身魚が多い)

【6】ヴィアンド

肉料理。牛・鶏・豚・羊肉・うさぎ、鹿なども

【7】サラダ

フルコースの場合、肉料理と一緒に出されることが多い。肉料理と共に盛り合わせの場合も

【8】チーズ

2~3種類の盛り合わせがメイン。

ひと通り料理が終わり、ワインとチーズを楽しむのにピッタリ。オプションの場合や、満腹ならスルーしてもOK

【9】デセール

プリンやアイスクリーム、焼き菓子など盛り合わせのデザート

【10】カフェとプチフール

コーヒーや紅茶と、ひとくちサイズのお菓子

フランス料理 フルコースの食べ方は?

キレイに上品に、マナーも最低限頭に入れておけば、臆せず食事を楽しめますよね。

気を付けておきたい食べ方を、気になるメニューにポイントを絞って紹介します。

ポタージュ

基本ポイントは、スープをたらしたり、音を立てて飲まないようにします。

飲み方の一連の流れを見ていきましょう!

【1】スープの入った皿は、手前から奥に向かってスープをすくいます。

【2】背筋は伸ばしたまま、上体を少し前に傾けた状態でスプーンを口に運びます。

【3】スープが残り少なくなったら、皿の手前側を持ちあげ、奥側に傾けてすくいます。

【4】食べ終わったら、スプーンは皿に入れたままでOKです。

ポアソン(魚料理)とヴィアント(肉料理)

スープやチーズ等、中には例外もありますが、基本は左側から一口ずつ切り分けて食べます。

肉料理などで気を付けたいのが、一度にすべてをまとめて切ってしまわない事です。

food_stake

会話を楽しみながら、食事もたのしめるよう、ゆったりした気持ちを忘れずに!

サラダ

大きな葉が入っている場合、ナイフで切り分けて食べますが、肉料理ではないので力を入れず、サクッとカットすると、大きな音が出ずスムーズです。

スポンサーリンク

またひとくちでキレイに食べるにはちょっと大きいかな?という場合、フォークで押さえつつナイフで葉を折りたたんで、口に入れやすい大きさにしてから食べると、見た目も所作も美しく見えますよ。

コーヒー

コーヒーを飲む時は、片手でカップだけを持って飲みます。

ソーサー(受け皿)は持ちません。(紅茶はソーサーをもってもOKです)

フランス料理 食べにくい料理のマナーは?

コース料理の中で、もし出てきたらどうやって食べればいいの?…と悩むメニューのマナーを紹介します。

生ハムメロン

カットされたメロンの上に、生ハムが乗ったメニューです。

結婚式の披露宴などで、よく見かけるメニューですよね。

一体どうやってカットすればいいんだろう?一瞬悩みませんか?

生ハムとメロンは一緒だとカットしにくいので、別々に切って食べましょう!

food_namahamu_melon

まずはナイフとフォークで生ハムを持ちあげ、皿の手前側に置き、生ハムをひと口大に切ります。

次にメロンの皮と果肉部分を、上記イラストのようにナイフを皮に沿わせながら、左端の一部を残してカットします。(この部分はカットされている事もあります)

後はひと口大に縦にナイフを入れてカットしたら(上記イラスト細い赤線)、生ハムと一緒に2つをフォークに刺して頂きます。

骨付き肉

骨に沿ってナイフを入れていくと、比較的キレイに切り分けられます。

骨に肉が残っていても、手で持って食べないようにしましょう。

パイ包みのスープ

カップに覆われたパイ生地は、少しずつスプーンで割りながら、スープと一緒に食べます。

パイ皮を最初に全部スープの中に落とさず、スプーンでパイを崩しながら食べるようにしましょう。

エスカルゴ

フランスでよく食べられている、食用のかたつむりです。

殻がまあるく、ツルっとしている為、扱いにくく要注意の食材です。

主にオードブルで出てくることが多いです。

専用のトングでエスカルゴを挟み、身の部分をフォークか専用のピックですくい出します。

少しでも自信を持って食べることが出来るよう、フランス料理のメニューをいくつかピックアップしましたが、いかがでしたか?

日本にも食事のマナーがあるように、各国の料理にも、知っておくべきマナーがあります。

イザというとき、知識はアナタに自信をくれ、強く支えてくれますよ>>>世界一美しい食べ方のマナー [ 小倉朋子 ]

ひとくちメモ

慣れないと細かいルールが気になるかもしれませんが、美味しく、美しく食べ、そして料理やその場を楽しむ。

そんなたのしい時間をぜひ過ごして下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする