フローリングに敷布団のカビ対策は?カビがはえたら?普段出来ることは?

futon
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

カビはどこに出来てもイヤですが、敷布団やフローリング等での発生、ちょっと気になりませんか?

今日は、自分で出来るカビ対策をご紹介します。

スポンサーリンク

フローリングに敷布団のカビ対策は?

フローリングが「木」ではなく、木目調の塩化ビニル系のクッションフロア等の場合、通気性がありません。

そこに直に敷布団を敷くと、熱がこもって布団に黒いカビが生えてくることがあります。

実はコレ、個人的にも経験済み。

ちょうど、上半身部分辺りが一番汗をかくようで、そこが最も黒いカビが生えてしまいました。

もちろん布団もよく干していましたし、換気も湿気対策も万全でした。

でも毎日その部分の湿気が凄くて、気が付いた時は既に黒いブツブツができていたんです。

対策としてやったことは、ちょっと厚手のバスタオルを下に敷いてから敷布団をしくこと。

こうすることで、フローリングと敷布団の間に溜まるムレと湿気を吸ってくれます。

バスタオルは干したり、洗濯すればOKです。

部屋自体が湿気て無い場合、これだけで基本大丈夫でした。

別対策として、直に敷布団を敷く替わりにベッドにしたり、下にすのこ(時々干さないとカビてきます)を敷いたり、すのこベッドに替えることで、ムレや湿気を防ぐ方法も考えられます。

全体的に部屋自体が湿気ている場合、地道に湿気を取っていくことを考えましょう。

また、お風呂場の扉は半開けしてませんか?湿気が隣接する他の部屋に及ぶ場合があります。

そんな時は、浴室の扉をしっかり閉めて換気扇を回し、浴室内を完全に乾燥させることで、他の部屋や浴室のカビ防止になります。

ちなみに、トイレのフタを閉じ、扉もしっかり閉めておきましょう!

湿気がひどい場合、湿度系があれば計ってみると、現状を数値化できて対策が立てやすくなりますよ。

部屋の換気や、布団干し程度ではラチがあかない場合、除湿機が頼りになります。

スポンサーリンク

我が家では浴室の隣がクローゼットなんですが、浴室の窓を開けて換気していても、知らず知らずにカビが発生していました。

除湿機をかけると、ものすごい湿気!カラっと晴れた天気の日にも関わらず、大量の水がタンクに溜まっていました。

湿気取りシートより強力に除湿してくれるのでオススメです。

敷布団にカビがはえたら?

1度カビが生えてしまうと、残念ながら取れません。

状態が酷いようなら、買い替える方が体のためにも安全です。

可能であれば、布団クリーニング(布団丸洗い)に出して、早めに除去する方法も考えられます。

自力でカビ部分を洗う、という荒技もできなくは無いですが、吸水した布団は想像をはるかに超えて重いですので、腕力のない女性にはなかなか難しいのが実情です。

カビが少量ならば、こまめな布団干しでそのまま使うか、買い替えるか、布団丸洗いで対応するか、この3択が考えられます。

ご自身の状況に応じて、ぜひ検討してみて下さい。

布団のカビ対策で普段出来ることは?

まずは布団は敷きっぱなしにしないこと。

敷布団はすぐに押し入れに収納せず、30分-1時間ほど部屋に出したままにして湿気を放出します。

時々布団を干して「日光浴」させることも重要です。

また部屋の換気を十分にすることを心掛けます。

特に冬は寒くて、窓を開けるのが億劫になりますが、意外と重要ですし、部屋の掃除中は窓を開け放し、押し入れ、部屋にこもった湿気を流すようにします。

場所や空間に応じて、除湿シートや除湿機で湿気を取ること。

部屋全体に湿気があると、それを取り去るのに時間が掛かりますが、根気よく続けていくと徐々に減っていくようになります。

ひとくちメモ

部屋に臭いや湿気がこもるということは、換気が不十分な場合が多いですし、長い目で見れば、健康にも悪影響を及ぼしかねません。

ぜひこまめに湿気対策をしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする