春財布は何色がいいの?天赦日に購入した方がいい?使う前にすることは?

haruzaihu
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

金運アップにつながるとも言われている、春財布。

お財布にお金がいっぱい入って膨らんでいる様子から「張る財布」 → 「春財布」

…というように、呼び方が同じことから、金運を呼び込むと言われ、春に財布を買い替えるといいと言われています。

せっかくお財布を買うのなら、金運アップを狙って替えるのもいいですよね!

スポンサーリンク

春財布は何色がいいの?

お財布は色によって意味が違ってきます。ぜひ知識をインプットしてから買うようにしましょう!

checkaka 赤色の財布

金運・財運共に燃え尽きてしまうと言われているのが、赤色の財布です。

ワンポイント程度なら問題ありませんが、基本色となる色で赤色の悪い運気を消すようにしましょう。

checkaka 黄色の財布

金回りがよくなる、と言われているのが黄色…なんですが、裏を返せば「入りやすく、出やすい」ということでもあります。

元々浪費しやすい人は、避けた方がいいかもしれません。

checkaka ピンクの財布

人との縁がきっかけでお金が増える色、というのがピンクの財布。

自力より他力、あとはピンク色には恋愛運にもいい色でもあるので、出会いに恵まれたい人にもオススメです。

checkaka ベージュ

万人にオススメなのがベージュ。

お金を生み、貯めてくれる効果があります。女性だけでなく、男性にとってもいい色であると言えます。

checkaka 金色の財布

エネルギーがあり、お金を溜める運気が上がりますが、お金が出ていきいやすい色とも言えるので、自分自身で気を付けるようにするのがポイントです。

checkaka 黒色の財布

お金を落ち着かせてくれる色なので、まとまった金額を扱う場合に適しています。

経営者など、ビジネス関係の人におすすめです。

スポンサーリンク

春財布は天赦日に購入した方がいい?

「天赦日」という日をご存知でしょうか?

これは「てんしゃび」または「てんしゃじつ」とも呼ばれ、天に昇った百神が会合し、全ての罪を赦す(ゆるす)日とされ、全てにおいて最上の吉日であるとされている日です。

実はこの天赦日、暦上では1年に5-6日しかない貴重な開運日としても有名です。

また、天赦日に他の開運日が重なる日は、その効果が倍増するとも言われています。

さらなる効果を期待するのであれば、狙いを定めてその日にアクションを起こすと、運気が高まるかもしれませんね。

こういった日は、下記のような事に向いています。

財布を購入(または注文)
財布を使い始める日

せっかくなら、最上の吉日に買ったり、使い始めたいですね!

春財布を使う前にすることは?

お財布が手元に届いたら、まずはその財布にお金が留まるよう、金運を付ける準備をします。

まずは新しく買った春財布は、使い始める前に、10日間ほど時間が必要です。

最初にするのは、札入れに10万程を福沢諭吉の顔が正面を向くよう揃えて入れます。

それから「種銭」を入れますが、本物でなくてOK。

チラシや半紙、新聞紙などで札束をつくります。

今回の例で言えば、90枚の種銭を作り、先頭に本物の諭吉を合わせ100万円にします。(モチロン80万でも50万でも構いません。)

種銭の入ったお財布を半紙に包み、神棚や北側に置き、10日間ほど触らず放置します。

終わったら中身を取り出し、終了です。

これでお財布にお金の「縁」を付けたので、使い始める「いい日」を選んで、カードやお金を入れて使ってください。

ひとくちメモ

お財布と金運の関係をまったく知らなかった頃、赤い財布を買って使っていました。

もう随分昔のことなので、詳細は忘れましたが、あまり金運は良くなかった記憶があります。

また、その赤い財布を間違えてゴミと一緒に捨ててしまったことがありました。

しかも!現金やキャッシュカード、身分証明など全て入った状態で…。(泣)

仕事帰りの電車の中で気付いた時、冷や汗が出て、頭の中が真っ白になったのは言うまでもありません。

即会社に戻り、暗闇の中、ゴミ捨て場をあさり、ようやくゴミの中から救出しましたが、清掃業者さんに持っていかれる前で良かった…。

お陰でその赤色の財布はゴミにまみれて使えなくなり、新しく新調することになりました。

金運も財運も燃え尽きないよう、赤色の財布は避けてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする