箸のマナー タブー15例 皿や器の持ち方は?箸置きが無い時は?

hasimanner
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

気付かないうちに恥を書いているかもしれない、お箸や和食のマナー。

普段の食事は平気でも、キチンとした場所で知らないままでは、イザという時困りますし、緊張し過ぎて、美味しい食事を楽しむこともできません。

今さら?!と思わず、まずは基本のルールを知って、確認しておきませんか?

スポンサーリンク

箸のマナー タブー15例

キレイに食べたるためはモチロンですが、昔からタブーとされている箸使いがあります。毎日の食卓でやっていないか、確認してみて下さい。

checkaka 渡し箸
器の上に箸を渡して置くこと。基本は箸置きを利用します。また、この置き方は、「もういらない」という意味を表します。

checkaka 刺し箸
食べ物に箸を突き刺して食べる。取りにくい物は刺して取るとラクですが、見た目も美しくないので、特にキチンとした場所では気をつけましょう。

checkaka 寄せ箸
器を箸で移動させ、自分の近くに寄せる。動かす時は手で持ち上げるのが基本です。

checkaka 突き立て箸
ご飯に箸を突き立たせること。亡くなった人を自宅に安置した際、遺体の枕元に置く台に備えた、枕飯と同じであることから。

checkaka 拾い箸
2人で1つの料理を持ったり、箸同士で料理を渡すこと。これは「お骨拾い」を思わせるのでタブーです。

checkaka 迷い箸
どれを食べるか決めかねて、複数の料理の上で箸を動かす行為。

checkaka さぐり箸
盛り付けられた料理の下から、取り出すこと。料理は手前上から食べていきます。

checkaka 回し箸
汁ものを箸で中をかき回すこと。具が沈んでいたら、1回位サッと混ぜます。

checkaka 涙箸
箸で持ち上げた料理から、水滴がたれる状態。

checkaka 移り箸
箸をつけた料理を食べずに、違う料理を食べること。箸をつけた料理は少しでも食べてから、次の料理にいきます。

スポンサーリンク

checkaka 重ね箸
いくつも料理が並んでいる時、1種類ばかり食べること。複数の料理が並んでいたら、バランス良くあれこれ食べます。

checkaka 指し箸
箸で人を指す行為。

checkaka もぎ箸
箸に付いた料理をっ口で取る。

checkaka ねぶり箸
箸先をなめる行為。

checkaka 押し込み箸
料理を口にいっぱい入れて、入りきらず箸で押し込むこと。

箸のマナー 皿や器の持ち方は?

和食で使われる皿や器、実はちょっとした決まりがあります。基本を知って実践に備えましょう。

  • 器は両手でもつ
  • 器はひきづらない
  • 持てる皿は持つ
  • お椀などフタを外したら、上向きに外側に置く
  • 食べ終わった後、器は重ねない

checkaka 持たない皿

  • 大鉢
  • 脚付きのお重
  • 平皿
  • 盛り合わせの器など

checkaka 持ってもいい器

  • ご飯茶碗
  • 汁椀
  • 小鉢
  • 小さいドンブリ
  • 天つゆの入った器
  • 醤油の入った器など

和食の場合、器は持つのが基本ですが、重い皿、熱いものは持たないと覚えておけば大丈夫です。

箸置きが無い時は?

箸置きが無い場合、直にテーブルや皿に乗せるのは、見た目にもよくありません。

割り箸などの箸袋があるなら、それで箸置きを作って利用します。

箸袋を半分か、適当な幅さに折り、幅を半分に折って、それを山型にして利用します。

キレイに折れればそれに越したことはありませんが、山型になって箸置きの役割りができれば十分です。

また折敷(料理を並べるお盆のようなもの)があれば、その先端(フチ)に箸先を出して利用します。

基本は箸置きが無ければ、箸袋を代わりに使うのが一番有力です。

ひとくちメモ

基本のマナーさえ知っておけば、大きく失敗することも少なくなりますし、料理を楽しむ余裕も生まれます。

格式の高いお店やホテルなど、慣れるまでは多少緊張もしますが、場の雰囲気や流れが分かるようになると、より安心して過ごすことができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする