初午祭りとは?いなりとスミツカレを食べる?馬頭観音とは?

hatuuma
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ


初午(読み方=はつうま)は2月最初の午の日です。

冬の一番寒い時期に行われるこの行事は、お狐さんで有名な、稲荷の神さまのお祭りの日に当たります。

日本の四季折々の行事のひとつ、初午について少し学んでみませんか?

初午祭りとは?

そもそもの始まりは、京都の伏見稲荷大社の稲荷大神が稲荷山に降りてきた日です。それにちなみ、各地の稲荷神社では「初午祭り」が行われるようになりました。

神社の境内には赤いのぼりがたち、五穀豊穣や家内安全、商売繁盛などを祈る人達で混雑します。

特に有名な「初午祭り」と言えば、京都の伏見稲荷大社や、愛知県の豊川稲荷、神戸の摩耶山、大阪の玉造です。

稲荷神社にお祀りしているのが、農業、商売、安全の神様で、特に稲を司る神様です。ちなみに、キツネは稲の神の化身とも言われています。

初午にいなりとスミツカレを食べる?

稲荷の神さまのお使いは狐なので、初午の日に神前に狐の好物の油揚げや、油揚げに酢飯を詰めたいなり寿司を供えたりしていました。

これがいなり寿司のはじまりです。

また狐のお面を被って宴を催したり、赤飯や餅、スミツカレ(しもつかれ)という初午の郷土料理を供える地域もあります。

ちなみに、このスミツカレという初午料理ですが、大根、ニンジン、油揚げ、大豆、酒粕を材料に作ります。

地域によって味など違いがあるので、一概に言えませんが、好き嫌いが分かれる料理でもあるようです。

これにちなんで、いなり寿司を食べる地域もあります。東日本エリアではいなりは俵型ですが、西日本エリアでは狐の耳に見立てて、三角の形をしているのが特徴です。

馬頭観音 初午とは?

稲荷は「稲成」、稲が成育することを意味することから、稲荷が農業に関する神様です。

なので、農耕に使う午(馬)の日として、飾りたてた馬を神社や馬頭観音に参拝させたりといった、馬に関わる行事が各地で行われます。

養蚕が盛んな地域では、蚕の神さまの祭りが開かれます。

その際は、まゆ玉や餅を作って、蚕神様(オシラサマ・コカゲサマ)に供えて養蚕豊産の祈願を行っています。

地方や地域によって特色があり、知る人ぞ知る地域のお祭りであったりしますが、初午の日はそういった人達にとって、とても重要な行事のひとつと言えます。

ひとくちメモ

近くにこういった神社やお祭りが無いと、「初午の日」があることを知らない人も多いですが、地域の行事として永く伝えていきたいものですね。

特にしもつかれ、と呼ばれる初午の日の行事食ですが、その地域でないと食べられないものだけに、ちょっと興味のあるお料理似感じました。

ぜひチャンスがあったら、食べてみて下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする