日傘は機能性が命!紫外線と遮光率とUVカット率は日傘のキモだ

higasa
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

こんにちは、ミチコです。

強い日差しを感じ始めると、気になり出すのが紫外線対策。
というワケで、今日から日傘を使い始めました。

とりあえず、去年買った日傘を使ってますが、1年間使ってみて、
日差しは遮るけど暑かった。。。というのがホンネ。

なので、今年は本腰入れて探して、通販で注文しました。
(ページ一番上の画像を注文♪)

今回、日傘選びで重要視したのが、紫外線、遮光率、UVカット率。
失敗しない日傘選びとしてまとめたので、
次回購入時の参考にしてください。

スポンサーリンク

1.UVカット率と遮光率は重要!

日焼け、美白を気にするなら、注意すべきは「紫外線対策」。

日焼け止めだけじゃ、お肌は万全じゃありません。
シミやそばかす、日焼けを防ぐなら「高UVカット率」!

遮光率と違って、UVカット率は体感で分かりませんが、
私が去年購入した日傘は、カット率が90%。

それだけ高ければ十分かな?と気軽に考えてましたが、
90%と99%の差は案外大きいと感じました…。

そしてもう1つ重要なのが、「下から照り返す紫外線」。

地面からは、10%程度の紫外線が反射してるので、
傘内側にUV加工等が無いなら、黒・紺系をチョイスがおすすめ。

私が注文したショップによると、傘の内側をシルバー色で
コーティングしたものは、照り返しの紫外線を自分に
集めるのと同じことにつながるそう。

逆に外側が光沢のあるシルバー色の傘は、
紫外線や太陽光、太陽熱を反射する分、より涼しく感じます。
kasa

スポンサーリンク

「遮光率」とは、可視光線のカット率で、これが高いほど、
日傘をさした時に影ができて、涼しくなります。

ジリジリ照りつける太陽光を遮断すれば、体感温度がグッと下がります。
遮光率はできるだけ高い方がオススメ。

日陰を探して歩くより、日傘で自分だけの木陰を作ればより快適ですよね!
だから、できるだけ高遮光率、高UVカット率の傘を探してみて下さい。

ちなみに…今回、通販で注文した日傘は、
遮光1級(遮光率99.99%、UVカット率99%以上)。

上記のイラストでいうと、右側の黒い傘(遮断タイプ)。
内側に加工を施すことで、見た目普通だけど
効果を実感できる傘に作られてます。

自分であれこれ調べてみて、日傘の役割って大きいんだな~。とあらためて実感。
せっかく買うなら、是非、お気に入りの1本を見つけて下さいね!

男子だって日傘を使おう!

これまで日傘は女子のもの、という認識が強かったですが、
実は、男性用の日傘も販売されています。

無地の黒や紺、チェック柄など、男性が使いやすい色や
デザインで、日傘の機能は従来のまま。

何となく抵抗ある男性も多いでしょうが、
非常に涼しくて便利です。

最近の日本の日差しの強さは、常夏の国に
匹敵するんじゃないか?というくらい、強烈。

営業や外回りが多い場合、日傘があれば、
客先で滝汗を流す度合いも軽減されるし、
晴雨兼用なら、急な雨傘としても利用価値大。

一度日傘の涼しさを知ってしまうと、
傘なしに戻れないかもしれませんよ。

それでは!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする