ひな祭り はまぐりのお吸い物はナゼ?桃の由来とは?白酒と甘酒の違いは?

hinahamaguri
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

何気なく飲んだり食べたり、毎年の行事として祝っているけれど、思わず「ナゼ?」と思う事ってありますよね。

ひな祭りにもそんな「ナゼ?」がありました。

ひな祭り用に雛人形をだして、節句の翌日あたりに再度収納するまで、そんな由来も知って今年はひな祭りを迎えませんか?

スポンサーリンク

ひな祭り はまぐりのお吸い物はナゼ?

女の子が迎える、3月3日の桃の節句。

もともとはけがれを祓う(はらう)ための厄払いの日とされていましたが、徐々に形を変え、女の子の成長と幸福を願う行事として、今に残っているのがひな祭りです。

この日、女の子が生まれて初めて迎える「初節句」は、祖父母などを迎えて盛大にする場合や、地域があります。

ただし翌年以降は、家族でお祝いするのが一般的です。

その時必ずメニューになるのが、彩りのあるちらしずしと、はまぐりのお吸い物。

なぜ「はまぐり」なのかというと、はまぐりは他の貝殻と合せても、ぴったり合わないことから、「貞節のシンボル」という事から来ています。

子供の頃からひな祭りというと、必ず「はまぐりのお吸い物」が食卓に並んでいて、別段気にも留めていませんでしたが、実は理由があったんですね。

さて、はまぐりと一緒に出てくる定番と言えば、ちらしずし。

ポイントは、いかに華やかに彩りよい食材を使うかです。

おすすめの具材は、エビやイクラ、サーモン、卵、デンブ、赤身の刺身、絹さや等です。ピンクや黄色、赤、グリーン系の春らしい色合いは、見た目も華やかで、美味しそうにできあがります!

スポンサーリンク

雛祭りで定番の、ひしもちやひなあられ。あのカラフルな色にも意味があります。

  • ピンク色は桃(春)
  • 緑は若草(夏)
  • 黄色は紅葉(秋)
  • 白は雪(冬)

…こんな風に、四季を表していると言われています。

何気なく食べている季節のお菓子が、実は意味を持っているというのが分かると、以前よりグッと身近になるから不思議ですね。

ひな祭り 桃の由来とは?

中国において桃は「仙木」と言われ、神仙に力を与える樹木と考えられ、昔から邪気を祓い、長寿を象徴する樹木として親しまれています。

風水でも、愛情や子宝運を上げてくれるものとしても有名です。

もともとひな祭りの祝酒は、桃の花を刻んで入れた「桃花酒」だったことから来ています。

ですが、今ではひな壇に器を飾るだけの形式だけのものに変わってしまいました。

現在では、ひな祭りの歌にも出てくる「白酒」でお祝いするようになっていますね。

ひな祭りの白酒と甘酒の違いは?

ひな祭りでの祝酒は、長寿を保つとされる白酒です。

白酒も甘酒も。見た目の外観が白いので、同じように感じてしまいますが、全くの別物です。

甘酒はアルコール度数ゼロですが、白酒はれっきとしたお酒なので、間違って子供に飲ませてしまうと大変です!

アルコール度数も10%前後あるので、子供が飲まないよう別の飲み物を用意するなど、気を付けて下さいね。

ひとくちメモ

3月になると徐々に春を感じて、季節の移り変わりを感じる頃。

家族や祖父母、親戚など、思い思いのひな祭りをお子さんと共に過ごして下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする