洋服で日焼けを予防するには?目・鼻の日焼けを予防する方法やグッズは?

higasa_josei
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

日焼けはシミやシワの原因になったり、そばかすやホクロなどが出来たり、元々あるものが余計に濃くなったりするので、できるだけ避けたいですよね。

毎日の生活で、無理なく出来る方法から始めてみませんか?

スポンサーリンク

洋服で日焼けを予防するには?

首から下の部分の日焼けを予防するには、やはり洋服がいちばん!

とにかく日焼けしたくないなら、肌を露出しないことが大前提です。

checkaka 上半身

例えば腕と足を比べた場合、日焼け率が高いのが、腕。

どうしても半袖や薄着になりがちで、上から降り注ぐ紫外線を受ける確率が高いため、日焼けする度合いが高くなってしまうからです。

外出する際は、中に半袖やノースリーブの服を着ても、外に1枚羽織るものを必ず着るようにしましょう。

出来れば長袖、もしくは7分袖などがベストです。

なかにはUVカット機能のある、カーデガンやパーカー等も販売されているので、日除け用として、常備していると便利ですよ。

checkaka 手先

意外に盲点なのが、手先です。

せっかく長袖を着て日焼け予防したなら、手も一緒に予防しておきたいですね。

そこまでしなくても…、と思うかもしれませんが、加齢と共に増えてくるのが手の甲のシミなんです。

しかも手の甲のシミは、本当にガンコで、シミ用のホワイトニングを塗っても、なかなか結果が出てくれません。

日焼けによるメラニン色素の蓄積が、シミを作りだします。

洋服で日焼け予防を考えるなら、手先まで視野に入れてみてはどうでしょう。

日焼け止めクリームを塗るのも1つの方法ですが、塗り直しなどの面倒さや、肌に合わない、モノによってはクレンジングで落としたり、肌にも負担が掛かります。

個人的にもオススメなのが、UVカットを施した手袋です。

必要に応じて着脱するだけなので、とても便利ですよ!

手の甲までのものが多いですが、指先まで保護するなら、5本指の手袋タイプをオススメします。

ただし暑い時期になると、5本指は汗で着脱しにくい場合もあるかもしれません。

日焼け予防の観点からさがすなら、色は濃い色(例:黒や紺など)、地厚で目のつまった生地、UVカット加工が施してあれば、最高です。

これは手袋に限らず、全ての洋服に共通する点ですが、黒や紺ばかりでは洋服を選ぶ楽しみが無くなってしまうので、臨機応変に使い分けて下さいね。

checkaka 首元

首元の日焼けも、同時に考えておきたいところです。

うっかり忘れやすいのが、首の後ろや鎖骨まわりのデコルテラインです。

衿があれば首の後ろは比較的カバーしやすいですが、丸首などの洋服を着るなら、ストールなどを巻くのがいちばん簡単な予防方法です。

スポンサーリンク

checkaka 足元

スカートやショートパンツ、ミュールやサンダルを履くと、地面から太陽光の照り返す反射で、日焼けしてしまいます。

とくに足の甲や膝下部分に要注意です。

ちなみに外出時に絶対にスカートを履かず、パンツ類(地厚で黒や紺色)だけで過ごしてみたら、1年間足は日焼けゼロでした。

腕と比べたら一目瞭然、差がくっきり別れました!

直接日に当たらない事が、日焼け予防には最大の効果を発揮するようです。

女性ならずっとパンツ類だけ、というのは難しいかもしれませんが、長めのフレアースカートを履いたり、日焼け止めクリームを併用して、うまく乗り切っていきましょう!

目の日焼けを予防する方法は?

目も日焼けするの?と思う人も多いかもしれませんが、実は日焼けします。

だからしっかり予防して外出しましょう。

ではどんな準備をするのがいいのでしょう?

目から入る紫外線は、コンクリートなど、地面からの照り返しが一番の天敵。

それを遮ってくれるのが、UVカットを施したサングラス、そして上から降り注ぐ太陽光が、サングラスのすき間から入ってくるのを防ぐ、日傘や帽子などです。

つまり目を守るには、サングラスとつばの広い帽子(または日傘)が最強です。

このセットで日焼け予防をすることで、空からと地面から両方の日差しを遮ることができます。

強い日差しの中で長時間過ごすと、日焼けで目が赤く充血したり、まぶしくて目が開けられない人は特に、目の日焼けに十分注意してください。

サングラスを選ぶ基準は、UVカット機能が付いているかどうか?が決め手です。

レンズの色が濃いものを選べば大丈夫、と勘違いしがちですが、正解はUVカット施されていて、そのカット率が高いものを選んでください。

帽子はできるだけつばの広いもの(10センチ以上推奨)、日傘はUVカット機能の高いもので、色は黒や紺などの濃い色がイチオシです。

鼻の日焼けを予防するグッズは?

ダイレクトに日差しを浴びて、頬骨のあたりと鼻の頭が赤く日焼けしたことありませんか?

顔の中でも凹凸のあるパーツは、他と比べて早い段階で赤く日焼けしやすい傾向にあります。

手軽な解決策としては、日傘か帽子で上からの光を遮ることです。

先ほどの目の日焼け予防と同じように、帽子と日傘が有効です。

日常生活での紫外線であれば、この2つがあれば十分ですが、外出するのであれば、日焼け止めクリームも併用すると更に安心です。

鼻が日焼けして赤くなった後は、うっすら黒くなる場合が多いですが、顔の真ん中が黒いと、なんとなく全体的に黒っぽく感じられます。

鼻は顔のたった1部分ではありますが、顔の中心でもあるので、ぜひ気を付けて日焼け予防したいですね!

ひとくちメモ

日焼けによる紫外線の蓄積は、肌の奥深くで蓄積され、いつしか肌表面に現われてきます。

日頃の予防の効果を実感するのは、どれだけマジメに続けたかで大きく変わってきます。

ぜひ根気よく継続してくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする