海の野菜洗いはスゴイ!ホタテは食生活を救えるか?【前篇】

syake
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ


毎日の食事を考えると、農薬や添加物って気になりませんか?

添加物が入っているのが気になるなら、極端な話、商品を買わなければ済む話ですが、農薬に関しては見ても分かりませんよね。

少しでも安心して食べるために何をすればいいのか?

私がやっている方法を紹介します。

無農薬で野菜作る、実は大変です

野菜を見ても農薬が使われているか、消費者には全く分かりませんよね。

もし分かった所で絶対買わないか?といえばそういうワケにもいきません。全てを無農薬野菜で揃えたら、値段も結構しますし、手に入れることも難しいかもしれません。

できるだけ安全なものを、安心して食べたい。
ただそれだけ。でも、、、

無農薬の大変さって?

無農薬で野菜を作るのがどれだけ大変か、実はある程度分かります。
なぜか?というと、随分前、1年間ほど「貸し農園」の1区画で、野菜を作ってたからなんです。

たとえば葉物野菜。すくすく育つので、収穫するまでが早いですが、初収穫のある日、さっそく自宅で野菜を洗っていたら、いるわいるいる、虫がいっぱい!

自家消費用だから、農薬は使いませんでした。

それより何より虫がいることも知らず、楽しく収穫してきたのですが、それも束の間。

台所で無数の芋虫?やら色んな虫に、ただただビックリ。野菜を育てるという体験をして初めて、虫がつくことを学びました。

だからある意味、農薬は効率的に作るために必要だろうなぁ、と思うんです。

スーパーで買った野菜に虫が付いてた事って、たぶん無いのではないでしょうか?もし虫が付いてたら、クレーム言う人がいるかもしれません。

別の視点で見れば、虫も食べたくなるほど、おいしい葉っぱ。

あえて害虫対策する気もなかったので、慣れるまで怖かったけど、徐々に「共存共栄」すればいいか、と考えるようになりました。

残留農薬や汚れを落とす貝の粉末

実際にスーパーで購入する野菜は、調理前に漬けおきしたり、流水でよく洗ったり、さっと茹でこぼしたり、野菜に応じてできることをすればいい、というスタンスでした。

そんな貸し農園での野菜づくり体験から何年もたって、残留農薬・ワックス汚れ、除菌等ができる商品があることを知り、さっそく購入したんです。

どんなものか、興味津々しかも「貝の粉末」で出来ていました。

とりあえず手近に野菜が無かったので、海外の養殖ものの塩鮭をテスト洗浄してみました。

養殖魚の汚れ落とし

養殖魚がどう育てられ、どう切り身になるか分からないけど、長旅で汚れてるハズです。

洗浄剤で「ひと風呂」浴びてもらおうと、ボールに水を入れ、その商品(粉末)をささっと振りかけ、そのまま漬けおきスタート!

syake2

5分ほど経つと、油が浮き出て、水が全体的にうっすら白く濁ってきました。

これは魚自体が持つ油分もあるので、一概にすべて汚れとは言えませんが、実物を見る限りでは、何やら落ちてそうな予感。

さらに15分ほど漬けおきしたのが、ページ1番上の画像。
2つを比べてみると、アクのようなものが一面に浮いてて、汚れが浮き出た感がありました。

この後、流水でザッと洗い調理して食べましたが、むしろ生臭さが消えておいしかった。
すべてキレイになるわけじゃないとしても、キモチ的に安心度がググっとあがります。

野菜の使い方は?

手近に野菜が無かったので魚で試しましたが、使い方は先ほどの魚と同じで、ボウルに野菜を入れ、貝の粉末を適量振りかけておくだけです。

お料理前に浸け置くだけのひと手間で、残留農薬やワックス汚れ、除菌などができます。

貝の粉のスーパーマルチな働きに、ちょっと感動しました。

購入すると、イラスト付でどんなものに使えるのか?記載された説明書が1枚付いています。

これを見る限り、野菜だけじゃなく、果物や魚、お米など色んなものに使えるのが分かりました。

久しぶりのヒット商品です。ちょっと長くなったので、続きは次回に。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする