暑さ対策 寝るときの服は?部屋の暑さ対策 夜は?睡眠を深くするには?

hotnerutoki
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

猛暑が続くと、夜になっても気温が下がらず、蒸し暑くて寝苦しいですよね・・・。

暑さで体力が消耗する上に、グッスリ眠れなければ疲れも取れないし、翌日にも差し支えます。

疲れが取れる眠りのための、暑さ対策を紹介します。

スポンサーリンク

暑さ対策 寝るときの服は?

就寝時、エアコンを付けて寝れば、気温や蒸し暑さとは無縁ですが、中にはクーラーが苦手な人や、節約、節電のためにエアコンを利用しない人もいますよね。

こんな時、暑さで深い眠りにつきにくく、寝不足になりがちです。まずは身近な対策から考えていきましょう!

何を着て寝るか?

まずは寝るときに着るものを改善しましょう!

パジャマ生地は綿やガーゼなど、自然素材で汗を吸収しやすく、肌触りがいいものをチョイスします。

また体を締め付けるものは極力避け、ゆったりした大きさで、着ていてストレスにならないものを選びます。

寝るときの服装はパジャマにこだわらず、Tシャツに短パン、半袖に半パンツなどもラクですよ。

男女共に人気のステテコは、部屋着としても、パジャマとしても涼しくておすすめです。

夏は肌にぴったりフィットよりも、ちょっと大きめサイズの方が、汗をかいて肌に張り付いても不快になりにくいです。

部屋の暑さ対策 夜は?

猛暑で気温が下がらない熱帯夜。

眠りだって浅くなりがちですよね。しっかり睡眠を確保するためにも、衣服の次は部屋を涼しくする工夫をしましょう!

扇風機で室温を下げる

エアコンなしの場合、扇風機を上手に利用しましょう!

熱い空気は天井近くに溜まります。

まだ室内に熱がこもって居る場合は、窓近くに扇風機を置き、天井に向けて首振り機能を使いながら部屋の空気を入れ替えます。

外から涼しい空気を吸気して室内に送り込むことで、室温を下げることにもつながります。

扇風機で寝苦しさを軽減

就寝時に扇風機をクーラー代わりに使うことで、寝苦しさの改善にも使えます。

タイマー機能や、微風・そよ風など扇風機によって風量調節できますが、これらを上手に利用していい睡眠に繋げるようにしましょう。

その際、気を付けるのが、直接風を体に当てないようにすること。

暑い夜は直接体に風を向け、涼を取りたくなるものですが、体の特定の場所だけを冷やすと、関節の痛みや、夏風邪、ノドの痛み、起床時に体がダルいなどの症状が出て逆効果になります。

弱や微風などの弱い風量で、自分の体より上層で、扇風機の首振り機能を利用し部屋の空気を回したり、壁に当たった風が間接的に当たる位が、ちょうどいいです。

濡れタオル

熱帯夜を改善するプラスワンのアイテムが、扇風機と濡れタオルを利用する方法です。

濡れタオルをハンガーなどに掛け、扇風機で風を当てるとちょっとした涼風が感じられます。タオルが乾けば終わりなので、涼しさは限定的ですが意外と涼しいんですよ。

その際、濡れタオルを扇風機の前面にかけないようにしましょう。

扇風機は風を後ろから吸いこんで、前に流します。濡れタオルが乾いてくれば取れてしまいますし、風も遮られてしまいます。

扇風機の後ろ側にタオルをかける方法もありますが、掛け方によって吸気に負荷がかかるので、オススメしません。

ペットボトル

ちょっとした方法ですが、扇風機の前に冷凍させたペットボトル(大きい方が持ちがいい)や、洗面器に氷水を入れたものを置くのもオススメ。

ただし、どちらも溶け始めると下が濡れるのがネック。新聞紙やタオルを事前に敷いて下さいね、

スポンサーリンク

部屋の温度を下げる

真夏の帰宅時、ドアを開けた時のあの「モワっ」とする熱気、かなりツライですよね。

外出時、窓を閉め切って1日外出して帰宅したら、部屋の温度が「40度」になっていた事がありました。

立ってるだけで、滝のような汗が流れ続ける暑さです。

まずは部屋の温度をある程度まで下げないと、部屋が涼しくなりません。家中の窓を開け、空気の入れ替えを行いましょう!

次に扇風機を窓の外に向けてスイッチオン!(手をかざすと、熱風なのが分かります)こうすることで、部屋の熱い空気を吸いこんで、外に出してくれます。

この時、扇風機の首を長くして、より高い場所からの熱い空気を吸い込むようにすると、効率的です。※暖気は上に、冷気は下に溜まるからです。

ここまで来たら、エアコンをかける人は、スイッチを入れたまま、すぐに窓は閉めず、しばらく扇風機と同時進行で進めましょう。

エアコンも最初のうちは、ぬるい空気がでてきますし、エアコン独特の嫌な臭いが出るのは、特に最初の方なので、空気の循環も兼ねて、10分位はこの状態で回しておくといいですよ。

そのあとは、エアコンで室温を一定に保って快適に過ごせます。

エアコンを付けない人は、窓を開けて部屋の空気を循環させながら熱気を外に逃がし、落ち着いてから、扇風機の向きを室内側に向けましょう。

睡眠を深くするには?

熱帯夜や寝苦しい夜。

どんなに扇風機を回しても、なかなかグッスリ眠るのは大変ですよね。そんな時、安眠をサポートしてくれるのが身近な睡眠グッズです。

アイスノン

夏の寝苦しい夜に大活躍してくれるのが、アイスノン。風邪で熱が出た時しか使わないと思ってませんか?

枕がわりに、アイスノンを首に当ててみて下さい。

これが本当に気持ち良くて、感じる暑さがジワジワ減って寝苦しさが緩和され、ゆっくり冷えていきます。

昔から「頭寒足熱」なんて言いますが、頭(首)を冷やすことで熱を発散させてくれます。

一晩中首に当てると、冷え過ぎてしまいます。15分~1時間程度を目安に、様子を見ながら冷やすのがオススメです。

その後は、枕元や暑いと感じる場所に置いておくと、冷気で涼が取れます。

水枕

アイスノンと同じ効果があるのが、水枕です。

水枕には氷と水が入っている分、ダイレクトに冷たさを感じるので、冷却感が強いです。

使い方はアイスノンと同じで、首に当てたり、足回りや熱のこもりやすい腰周り近くに置いておくと、寝苦しさも軽減されるのでオススメです。

冷感敷きパッド

ベッドや布団に敷く敷きパッドを、冷感タイプに変えるのも1つの方法です。

それ以外に、アイスパッドやジェルパッド等があります。体が発する熱をパッドが吸収し放熱するので、寝苦しさが解消されます。

敷くだけなのでセットも簡単。例えば人気のパッドがコレです>>>冷感・涼感【敷きパッド】

冷蔵庫で冷やさずそのまま使えるので、届いたその日から冷んやり睡眠が体感できますよ。

ひとくちメモ

夏の暑さ対策は色々ありますが、1日の疲れを取りたい夜に、暑さでぐっすり眠れないと明日以降に響きます。

ぜひ、1つではなく複数の方法を組み合わせながら、暑さ対策を行ってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする