暑さ対策 エアコンなし乗り切り方 窓は?部屋は?夜は?

hotnoaircon
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ


日本の夏は暑い上に、ムシムシ、ジメジメ。

クーラーが苦手な人や、節電・節約も兼ねて、エアコンを使わずに夏を乗り切るには、暑さ対策なしでは過ごせませんよね。

少しでも快適に、エアコンなしで暮らすためのアイデアをまとめました。

スポンサーリンク

暑さ対策 エアコンなし乗り切り方 窓は?

日中の強い太陽光が室内に入ると、室温はグングン急上昇!扇風機だけではとても過ごせないレベルになってしまいます。

同時に、熱中症のおそれもあるので、注意が必要です。

まずは、窓から差し込む暑い太陽光を遮ることから始めましょう!

窓対策:カーテン

暑さ対策にカーテンは必需品です。

といってもカーテンなら何でもOK!という訳ではありません。

遮光レース・遮光カーテンを利用し光を遮ります。

一般的な生地で作られたカーテンと、遮光用生地では機能が全く異なります。

遮光生地の場合、夏は日光をカットし、冷風を逃さずひんやり涼しくし、冬は外気を遮り暖気を包んでくれるので、冷暖房の効率もアップし、節電効果としても非常にオススメです。

また遮光カーテンは名前の通り光を遮るので、その分、生地が厚くなっています。

そのため先ほどのような冷暖房の機能があり、さらに地厚なため、部屋を暗くしてくれ、安眠・熟睡にも一役買ってくれます。

遮光カーテンは1級、2級、3級と、等級数が分かれていますが、数字が小さいほど遮光率が高まります(1級が最も高遮光率)

またレースカーテンにも遮光タイプがあります。

こちらも同様に、遮熱、UVカットが施されたものがあるので、レースとカーテンのW効果で、確実に日光をブロックしましょう!

カーテンに関しては、商品によって機能が異なります。

値段や柄だけで判断せず、どんな機能が付いているのか?外せない機能は何か?などなど、色々なカーテンと比較しながら、選ぶようにしてくださいね。

窓の暑さ対策

紫外線や太陽光は窓を突きぬけて、室内に否応なく入ってきます。

その窓に遮熱シートや遮光シート、日よけを付けることで、暑さから部屋を守ってくれます。

窓に直接貼り付けるタイプもあれば、カーテンのように掛けるものもあり、自宅の状態に合わせて選ぶことが可能です。

最初に貼り付けや設置の面倒さがありますが、手軽に出来るのがメリットです。

また設置タイプではなく、窓ガラスにスプレーして断熱するタイプもあります>>>窓用・省エネスプレー

テレビでも紹介されたことがあるので、利用している方も多いですが、窓にスプレーすると、窓ガラスの放熱・断熱の効果がアップして、室温の温度上昇を少なくすることが可能という、とても画期的なスプレーです。

シュッとスプレーして拭き取るだけなので、簡単だしジャマにならないので便利です。

シート類は鬱陶しくて、部屋が暗くなるからイヤという人にも、このスプレーはおすすめです。

暑さ対策 部屋は?

ジワジワ上昇する外気温。

夏は暑さとの闘いですが、窓を開けて入ってきた風が、部屋と家全体を抜けるような循環を作るようにしましょう。

つまり窓は1か所だけではなく、2か所あれば必ず全てを、1か所しか無ければ、窓と部屋の扉を開け、その先の別の場所から対角線上に空気が流れるよう工夫しましょう。

風向きによって、上手く風が通らない場合、扇風機を利用して強制的に風を取り込むのも有効です。

帰宅時の暑い部屋の換気方法

外出先から帰って来たとき、真夏の窓閉めっぱなしの部屋は、ビックリするほどの暑さ。

我が家ではある日の気温が、40度に達していました!!

そんな時はまず、部屋のすべての窓を全開にしたら、扇風機を窓の外に向けてスイッチオン!室内の暑い空気を外に逃がしましょう。

高温になった室内の空気を、迅速に追い出すことができます。

その際はしばらく「強」で回し、部屋の上層(天井付近)の熱い空気を取り込めるよう、扇風機の首の部分をマックスまで伸ばしておきましょう。

多少時間はかかりますが、ぜひ試してみて下さい

網戸は掃除してる?

窓にほぼセットに付属している、網戸。

風はこの網戸を抜けて入ってきますが、その網度汚れて網目が塞がってませんか?

見慣れると汚れている感じがしませんが、実はとても汚れが付きやすく、溜まりやすい所です。

網目がふさがれていれば、外の空気が入りにくくなり、風通しが悪くなります。ぜひ夏前に網戸をキレイに掃除しておきましょう。

エアコンなし乗り切り方 夜は?

気温が下がらない熱帯夜は寝苦しく、睡眠不足になりがちですよね。

エアコン無しの睡眠に欠かせないのは、やはり扇風機です。

夜の扇風機の使い方

体に風を直接当てると夏風邪をひいたり、体がダルくなったり、乾燥でノドがガラガラになるなど、デメリットの方が多くなるので注意が必要です。

扇風機は体に直接風を当てず、首振り機能を使って、部屋の上部で回したり、壁に当てることで、間接的に自分に風が送られるようにするのがベストです。

また扇風機は窓際や、ドア付近の風が取り込める所に設置し、外の涼しい空気を室内に強制的に取り込むことで、涼しさを体感しやすくなります。

寝苦しい夜のお助けアイテム

それだけでは、暑くて眠れない時も多いですよね。

そんな時は、アイスノンや保冷剤などを首に巻いたり、近くに置いておくと「涼」を感じて眠りやすくなります。

アイスノンは風邪を引いた時だけではなく、暑い夏にも大活躍してくれます。

また敷きパッドを季節に応じて変えてみましょう。

  • 涼感タイプ
  • 速乾性
  • 汗を吸収しやすい素材
  • 肌触りのいい素材(綿・麻・タオル地・サッカー地等)

寝苦しさを改善する寝具を利用するのも、1つの方法です。

暑い時期、寝ている間に汗をよくかきます。この時期は特にこまめに洗濯すると、より快適に眠れますよ。

敷きパッドとは別に、吸熱してくれる冷却マットも販売されています。眠りの状況に応じて試してみて下さいね。

ひとくちメモ

日本の夏は湿気が多い分、ムシムシして体力を奪われやすく、室内にいても熱中症になる場合があります。

不要な日光を遮り、家や部屋の空気を上手に取り込んで循環させる暑さ対策で、エアコンなしでも快適に過ごしてくださいね。

もちろん、水分補給は忘れずに取るようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする