表情で老け顔は変わる?老け顔はたるみから来る?リフトアップの秘策は?

hukegao
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ


気になる顔のたるみ。

年齢や肌トラブルによるものなど、色々な
原因が重なって、お肌のたるみが表に
現われてきます。

普段お手入れをしない人や、放ったらかしは、
早ければ20代後半、または30代前半から
出始める可能性がでてきます。

老け顔を自覚した日が、スタートラインです。

スポンサーリンク

表情で老け顔は変わるの?

どんなに肌ツヤが良くても、シワやシミが
無くても、年齢が若くても、表情ひとつで
老け顔に見られてしまう事があります。

その最たるパーツが、口元。

ニッコリ笑顔で「への字口」にするのが
難しいように、口元を常に「頬笑み」状態に
しておくことで、第一印象が良くなり、
老け顔の烙印を押されることが減少します。

ですが、この笑顔の基礎となる、
口周りにある、たくさんの筋肉。

普段から使い慣れていないと、作り笑いを
してるだけで疲れて、筋肉痛になります。

使わない筋肉は、体の筋肉と同じで、
年齢を問わず衰えていきます。

もし口周りの筋肉が疲れたら、これまで
「笑顔筋」をあまり使わなかったからかも
しれません。

そんな場合でも、落ち込まなくても大丈夫!

意識して笑顔をつくっていると、徐々に
筋肉が付いて、「笑顔疲労」とは無縁に
なっていきます。

口の周りにはたくさんの筋肉があると
言いましたが、難しいこと抜きに、まずは
顔が全部写る程度の大きさの手鏡を用意し、
スマイルの練習をするだけでOKです。

いつも笑っていないと、どんな顔で笑えば
いいのか?戸惑ってしまいますよね。

そんな時は、周りの友達や雑誌のモデル、
テレビでよく見る芸能人や、タレントなど、
笑顔の素敵な人をお手本にして、同じように
微笑む練習をするのが一番です。

女性だけではなく、もちろん男性だって、
スマイルの大切さは同じです。

仏頂面でへの字口で若く見られる事って、
そうそうありません。

表情が老け顔に及ぼす影響は、想像以上に
重要なもので、ぜひコッソリ老け顔対策に
表情を変えてみて下さい。

老け顔はたるみから来るの?

年齢と共にやってくる「たるみ」。

顔が全体的にたるんでくると、顔にハリや
ツヤが失われ、全体的に皮膚が下に
引っ張られるような感じになります。

両手で顔をリフトアップしたとき、
かつての自分の顔だ!…と感じたら、
おそらくそれは、お肌のたるみです。

スポンサーリンク

顔にはたくさんの「表情筋」がありますが、
その筋肉はダイレクトに皮膚に付いているので、
筋肉が衰えて弱くなると、支えきれなくなり、
それがたるみとして、顔に現われてきます。

たるみを防ぎ、弱くなった筋肉を
強くするには、顔の筋トレが一番の近道です。

即効性はありませんが、続けていれば割と
短期間で変化が現われてきます。

筋肉ごとに動かす方法が違うので、
徐々に覚えていけば大丈夫!

ただ単調な動きなので、つまらなかったり、
毎日するのがメンドウに感じやすく、
挫折しやすいのが難点です。

たるみからくる老け顔対策に、
表情筋エクササイズでたるみ対策をするなら、
キモは「地道な継続」がカギです。

実際に始めてみると、これが意外と難しく、
忙しさの中でついつい忘れてしまいます。

ですが続けて「正しい方法」でエクササイズ
していくと、少しずつ何かしらの効果が
でてくるので、やって損はありません!

老け顔のリフトアップの秘策は?

シワ、たるみ、ほうれい線など、老け顔の
要素が増えると、自分の顔を見るのが嫌に
なってきますよね。

でも、老化の1つだから仕方ない、、、と
諦めるはまだ早いです!

やらないより、何か1つでもやれば、
一歩前進します。

これまで色々書いてきましたが、継続的に
表情筋を作り、鍛える方法はとても重要です。

それが分かっていても、毎日そのために
時間を割くのが大変な時だってあります。

そんな時、フェードアウトして止める前に、
同時進行でスグ・いつでも出来るような
老け顔対策があると、時間が無い時でも
続けられて、気持ちもブレずにいられます。


 リファカラット公式サイト

自力だけでは上手くいかない時、他力を
上手く利用しながら結果を出していくのが、
実は隠れた秘策だったりします。

ガンバリ過ぎず、ちょっとした逃げ道を
作っておくことも、続けるためには
意外と必要です。

ひとくちメモ

最終手段として、美容外科で…という方法も
ありますが、できれば自力で何とかできないかな?
と思うのは多くの人が考えるところかもしれません。

多少時間はかかりますが、ダイエットと同じで
止めずに続けることが一番重要なこと。

ココは何とか頑張りたいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする