戌の日に腹帯を贈るの夫側?妻側?別の日でも大丈夫?男性 女性の服装は?

inunohiharaobi
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ


安定期に入った、妊娠5カ月目の戌の日に「岩田帯」と呼ばれる腹帯を巻いて祝うのが、帯祝です。

犬は多産でお産が軽いことにあやかって、戌の日に行うと言われてますが、妊婦さんにとっても、母親としての自覚を改めて持てる、という精神的な効果もあります。

生まれてくる我が子にとって、初めての「儀式」と言えるかもしれませんね。

あまり難しく考えず、参加してみるのもいいのではないでしょうか?

戌の日に腹帯を送るのは夫側?妻側?

正式には妊婦の実家である、妻側が用意します。

ですが地域によっては、夫の実家から贈るところもあるようです。

なので夫側からの用意を打診されても、ケースバイケースで考えたり、「正式」云々に固執して、義実家とこじれないよう、気を付けてくださいね。

どちらが用意しても腹帯は腹帯…と考える方が、不要なモメ事が避けられるし気がラクです。

妊娠中のちょっとしたトラブルも、ストレスにつながります。そんな事が無いように、夫も周囲も配慮してスムーズに事が進むようにしてあげましょう!

本来の「妊娠5カ月目の戌の日に腹帯をする」という行事ができればいいのですから、自分で買おうが、姑が買おうが構わない訳です。

後は夫婦だけ、または両親も加わって、神社で安産祈願をして、お祝いの食事をするのが現在の一般的な流れのようです。

ちなみに神社への祈祷料は、表書を「御玉串料」「御榊料」として、紅白蝶結びののし袋に入れますが、神社によっては所定の料金を受付で支払うようになっている所もあります。

事前に確認しておくと安心ですよ。

戌の日のお参り 別の日でも大丈夫?

妊娠5カ月目の戌の日にお参りに行く、というのがありますが、絶対その日でなければならない、という事ではありません

夫や実家、義実家と一緒に行く場合や、全員の都合が合う日を考えたら、早まったり遅れたりすることだってあります。

雨や雪など天候によって、その日を避けることがあるかもしれません。

戌の日はいつもより混雑するので、無理して出掛けて具合が悪くなっては、本末転倒になってしまいます。

まずは自分の体調を最優先に考えて、日程をずらす等、臨機応変に考えるようにしましょう。

戌の日の男性 女性の服装は?

戌の日の安産祈願で神社や水天宮にお参りに行く時の服装って、何を着ていけばいいのかちょっと考えてしまいますよね。

基本的には普段の服装で構いませんが、あまりハメをはずした格好でなければ問題ありません。

妊婦さん本人は、お腹の辺りを締め付けないマタニティドレスやワンピース、フォーマルウェア(マタニティ用)がオススメです。

女性はスーツやワンピース、

男性の場合、御祈祷して頂くのであれば、ジーンズなどラフ過ぎる格好は避け、少なくとも下記のような装いで祈祷して頂きましょう。

  • 衿の付いたシャツやジャケット
  • スラックス

ご祈祷してもらう時は本殿に上がるので、素足は完全にNGです!

靴下を忘れずに履いて下さいね!

本殿に上がらないのであれば、何でもいいんじゃ?と思われがちですが、神聖な神の社(やしろ)にお願いに行くのですから、服装はくだけ過ぎない装いで臨みましょう。

ひとくちメモ

行事として「戌の日の腹帯」は残っていますが、実用的な視点で見ると、行事としてはやるけれど、実際はマタニティガードルを使う場合が多いかもしれません。

それよりも、無事に安定期に入ったことで、安産を祈りつつ、これからの生活を夫婦や家族で話すキッカケになるといいですね!

お産が軽くなりますように!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする