自由研究の題材 高校生のテーマ選びの心構えは?どうやって探す?まとめ方は?

jiyukenkyu
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ


手間のかかる夏休みの宿題と言えば、自由研究じゃないでしょうか?

中には新学期に発表する所もあり、テーマを決めるのに悩むのもイヤですよね・・・。

できるだけ手間をかけず、サクサクできる方法を紹介します。

スポンサーリンク

自由研究の題材 高校生のテーマ選びの心構えは?

自由研究と名が付くと、「ちゃんとしたのを考えなきゃ!」と気合を入れれば入れるるほど、何をすればいいか、決まらなくなりませんか?

一番大切なのは、自分が楽しくできるか?興味があるかどうか?

ココをクリアしていないと、例えテーマが決まっても、ヤル気にならず課題に取り掛かれない、、、宿題が終わらない・・・なんてことになります。

周りにどう見られるか?より、自分がたのしい!面白い!と思える題材(テーマ)かどうかを選ぶ基準にしましょう!

不思議と、他人のものの方が完成度が高く見えたり、スゴく良くできてる、と感じるものです。

「隣の芝生は青い」…「何でも他人のものはよく見える」という例えで使われますが、人がどんな自由研究をしていても、別にどうってことないんです。

自由研究に何をすればいいのか?というのは、数学のようにコレ!という正解は1つではありません。

自分が興味を持ってできることは何だろう?を手掛かりに、自由研究の題材を探すようにしましょう!

題材はどうやって探す?

肝心の自由研究の題材ですが、まずは自分が気になること、興味のあることをメインに考えるようにしましょう。

特に興味が無い、全然思いつかない!そんな時は、ボンヤリ考えていても、アイデアは浮かんでこないもの。

時間ばかりムダにしてしまっては、せっかくの夏休みがもったいない!

こんな時は、誰かのアイデアを足がかりに、キットに助けを求める方法はどうでしょう?!

市販のキットを使う

色々なテーマに沿って、自由研究ができるキットがたくさんあります。

  • 題材決めのヒントを見つける
  • キットを実際に利用して、自由研究をする

キットを手掛かりにして、2通りの使い道があります。

一覧でまとまって、見やすいのがコチラ>>>実験キットの一覧

アイデアさえ思いつけば、後は自力で何とかできる!という人は、そこからヒントが見つかれば、それを足がかりに題材を決めましょう。

分からない事はネットで調べながら、課題を進めればOK!

面倒なのはイヤ、手間をかけずに、サクッと決めて自由研究を終わらせたい!

・・・という人は、並んだリストから、興味の持てそうなキットをじっくり探してみて下さい。

キットの便利な所は、実験に必要な道具が揃っているので、調べる手間が省け即スタートできるところです。

自由研究の課題に、キットを使って実際に実験をし、どう変化していくか、どんな結果がでるのかについてレポートを書いていきましょう。

イチから何か考えて準備するより、時間が短縮できるので、早く終わらせたい人にもオススメです。

自由研究は何かについて実験し、その経過や結果を分かりやすくまとめるのが、一番早く、カンタンに終わらせることができます。

自分の興味が持てそうなテーマを扱っているキットや実験であれば、さらに宿題の自由研究のハードルがグッと下がりますよね!

ネタを見つけるのが最難関!という人は、キットなどからアイデアを見つける方法、便利ですよ。

題材が見つかれば、半分以上終わったようなもの。

集中して一気に片付けてしまいましょう!

課題の上手なまとめ方は?

自由研究の題材が決まり、実験が終わり、データが揃ったら、最後の集大成。

結果を分かりやすくまとめます。

ポイントは、写真とデータです!

実験で得られた結果や、その途中経過を、スマホやデジカメで写真を細かく撮影しておくと、文章だけでは伝わりにくいことも、写真を加えると断然分かりやすく、見やすくなります。

題材にもよりますが、角度を変えながら(正面、左右、真後ろ等)写真を入れる。

または実験前・実験中・実験結果の3段階に分けて、分かりやすい写真を複数枚加える。

写真はこまめに撮影しておくと、イザという時役に立ちますよ!

初めて見た人に、分かりやすく伝えるにはどうしたらいいだろう?という視点で課題レポートをまとめましょう。

また「数字」を使うと、データ内容に信ぴょう性が出ます。積極的に使うようにしましょう!

後で忘れないよう、実験中にこまめにメモを取って、細かなデータを残すと、まとめる時に役に立ちますよ!

ひとくちメモ

自由研究は読書感想文と並ぶくらい、メンドウに感じるものの1つですよね。

8月後半、宿題の期限が迫ってきたとき、一番困るのがこういったタイプの宿題です。

今年はぜひ、サクサクと終わらせてしまいましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする