ジョギングの日焼け対策 首から上は?ウェアは?近赤外線も防ぐ理由とは?

joggingsun


毎日のジョギング、日焼け対策は万全ですか?

小麦色の肌は健康的ですが、その反面シミ・シワ・たるみ・そばかすの原因にもなります。

せっかくなら、ジョギングで健康な体と日焼けしない肌、両方目指しませんか?

ジョギングでの頭と首の日焼け

ジョギングで最初に気を付けたいのが、頭・顔・目・首など、上から降り注ぐ太陽光です。

この4か所を紫外線から守る必須アイテムが、帽子とサングラス!

この2つの守備範囲、実はとても広くって、ジョギングには欠かせません。

無いとどんなことになるんでしょうか・・・

頭部の日焼け

頭上から紫外線を直に受けると、こんなトラブルが起こりやすくなります。

  • 頭皮が赤くなる
  • 頭皮の薄皮がむける
  • 髪が傷む(パサパサ、乾燥毛、髪色の変色)
  • 首の後ろの日焼け・シワ
  • 紫外線による目の損傷
  • 肌のシミ・シワ・乾燥・そばかす・日焼け

ざっと主なものを挙げましたが、意外と多いと思いませんか?

頭皮の傷みは薄毛や抜け毛にも直結しますし、首の後ろは紫外線を浴び続けると、日焼けして黒くなり、太いシワが出来てしまいます。

肌は紫外線を受けると、シミの原因になる「メラニン」が肌内部で作られ、忘れた頃に肌表面に出てくるパターンが大半です。

そんな強力な紫外線を遮ってくれるのが、帽子とサングラスです。

2つセットで使うのが、一番効果的です。

そのワケは、サングラスだけだと、目とのすき間から紫外線が入り、帽子だけだと地面から反射される光を直に受けてしまうからです。

ジョギングではサングラスと帽子、この2つは必ずセットで使うようにしましょう!

どんな帽子を被ればいいの?

帽子にも色々種類があって、どれを選べばいいのか?迷いますよね?

選ぶ時のポイントは、2つです。

  1. ツバが広い
  2. UV対策済

ツバが広い方が顔前面と首の後ろの日差しまで遮ってくれ、UV対策済の帽子なら、より紫外線の遮断率が高くなります!

キャップ帽でもOKですが、耳と首の後ろ、顔の両サイドから直射日光を浴びるので、ツバ広帽に比べて遮断率がガクっと落ちてしまうのが難点。

キャップを被るなら、必ず首にタオルをかけて後ろを保護し、前からの日差しはSPF値の高い日焼け止めクリーム等を併用するなど、追加対策も忘れずに!

キャップ帽がカバーできない部分を、重点的に塗るようにしてくださいね。

目の日焼け

「目」からの日焼け対策、実はとても重要です。

ジョギングや普段の生活も含め、目から入った紫外線を長期間受けることで、将来的に白内障など色々な目の疾患の原因にもなり得るんです。
eye目から入った強い光は、角膜を通過し、水晶体をすり抜け、一部は網膜まで達します。

サングラスは目の負担を減らせる、唯一のアイテムなんです。

だからジョギングでのサングラスは必需品です。走るときには忘れずに!

では、どんなサングラスが、目を守ってくれるんでしょうか?

目を守るサングラスの選びかた

レンズの色が濃ければ大丈夫!と思ってませんか?実は違うんです・・・。

レンズの色が真っ黒なサングラスをかけると、瞳孔が開いた状態になるんですが、サングラスのすき間から光が差し込んだ時など、紫外線を必要以上に受けてしまいます。

大事なのは、紫外線カットされたサングラスかどうか?

購入前に、「紫外線カット」、「UVカット」といった表示があるか必ず確認してくださいね!

紫外線透過率とは?

サングラスの中には、「紫外線透過率 0.1%以下」など、「紫外線透過率」といった表示を目にする事があります。

これは「紫外線を○パーセントカットできる」という意味です(例えば0.1%以下なら、99.9%カットという意味)。

目の紫外線対策を考えるなら、0.1%以下は優秀なサングラスと言えます!

例えばこのサングラス>>>アシックスランニンググラス/紫外線対策 UVカット

スポーツサングラスの良さとは?

ジョギングに適したサングラスの1つが、スポーツ用サングラスです。

特に優れているのが、その密着度の高さ。

マラソン選手などが使用しているサングラスって、ピタッと顔に密着してると思いませんか?

目とサングラスのすき間が広いと、日差しが入って目が光を取り込んでしまいますが、密着していれば最小限に抑えられますよね!

上からと地面からの反射光を賢く遮ってくれるのが、スポーツサングラスなんです。

帽子をかぶれば、上からの日差しをある程度カットしてくれますが、ジョギングはコンクリートなど、地面からの強い照り返しを受けながら走るので、顔に密着したサングラスは非常に効果が高いんです。

見た目やデザインだけでなく、機能性も重視して選ぶようにしてくださいね!

ジョギングの日焼け対策 ウェアは?

ウェアは肌の露出が少ないものが、日焼け対策に有効です。

taisou_boy日焼けから肌を守るには、長袖・長ズボンが基本です。暑そうに感じますが、今は色々な素材のウェアがあるんですよ!

  • 吸汗速乾素材
  • ムレにくい
  • 通気性が高い
  • 接触冷感
  • UPF50+
  • 99.9%紫外線カット

・・・など、高機能性ウェアが数多くあるので、ぜひチェックしてみて下さい!

地面からの反射光で、思っている以上に日焼けしやすいのが手の甲です。日焼け止めを塗って、アームカバーや手袋を利用しましょう!

手の甲のシミは取れにくいので、日頃のケアはとても大切です。

日焼け対策で近赤外線も一緒に防ぐ理由

1年中降り注いでいる紫外線ですが、晴天の紫外線量を100%とすると、、、

  • 薄曇りの日で80%
  • 曇りの日で60%
  • 雨でも30%

紫外線量って、意外とあると思いませんか?!

さらに最近の研究で分かったのが、「近赤外線」と呼ばれる光の影響です。

紫外線より波長がとても長く、皮膚の奥深くまで到達すると言われているのが近赤外線です。

肌への影響を考えると、紫外線以上にコワイものになりそうです。

紫外線と近赤外線、ダブルで受け続ければ、光老化のスピードは早まる可能性があります。

「光ダメージ」って、つい軽く考えてしまいますが、後々のトラブルを避けるなら、うるさいくらいに日焼け対策しておいたほうが安全なんです。

実感しにくいですが、ダブルで紫外線を受けていますから・・・

  • 日焼け止めを塗る
  • サングラスをかける
  • 帽子をかぶる
  • 手袋・アームカバーで保護する
  • ウェアで光を遮断する

・・・など、色々な日焼け対策を組み合わせて、自分を守ってあげて下さい!

走る前に飲む日焼け対策とは?

もう1つオススメなのが、飲む紫外線対策です。

海外では常識になりつつあり、日本でも日焼けNGのモデルさん始め、色んな人が飲み始めています>>>ニュートロックスサン配合の飲む紫外線対策

色々な雑誌でも紹介されているので、ご存知の方も多いかも。

飲むだけなので、ジョギングだけじゃなく、普段の生活や日焼け止めクリームを塗る面倒さが無くなります。

使い方はとてもカンタン。

ジョギング前に飲んだり、朝出かける前に飲めばOK!

トラブルが起きて慌てて何かを始めるより、毎日ケアしてる方が、後々手間がかからないし、断然ストレスが少ないんです。

日常的に紫外線対策してると、シミやシワなど肌トラブルが減るし、出始める時期も遅くなります。

積極的にケアして、実年齢よりずっと若い自分でいてくださいね!

ひとくちメモ

日焼け対策は女性だけに限りません。

男性も積極的に日焼け対策して、シミ・しわ・たるみなどの光老化を防いで、いつまでも若々しくいたいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする