受験生の夜食おすすめメニューは?食後の眠気対策は?太らない方法は?

yasyoku
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

受験シーズンともなれば朝から夜遅くまで、何時間も勉強が続きますよね。

そんな時ホッとひと息ついて食べる夜食は、気分転換にもなるし、空腹も満たされ大満足!でも一歩間違えると、夜食が勉強の妨げになってしまうんです。

今回は上手な夜食の取りかたや、食べても太らない為の対策など、成功する受験に欠かせない夜食について紹介します。

スポンサーリンク

受験生の夜食おすすめメニューは?

夜遅くまで勉強を頑張っていると、どうしてもお腹が空いてきます。そんな時、おすすめの夜食メニューを紹介します。

  • サンドイッチやベーグル
  • ヨーグルト
  • 野菜スープ
  • おにぎり
  • おじや、お粥
  • みかんやリンゴ、バナナ等のフルーツ
  • うどん、蕎麦
  • コーヒー・紅茶
  • ホットミルク

家族の誰かや、自分で用意することが多いと思いますが、短時間で作れる方が負担も少なく、時間のロスも防げます。

夜食作りの基本ルール

お腹が空いていたり、気分転換も兼ねて、しっかり作って食べたくなりますが、消化のいいモノ、寒い時期なら体が温まるものを「少量で」が基本ルール。

そのワケは、満腹になると眠くなってしまうからです。

夜食を食べてすぐ寝てしまったら、胃に負担が掛かるし、太りやすくなります。正しい食べ方は、ちょっとツマむ程度でOK。

お菓子やジュースなど、糖分が多いと必ず太ります。体重を維持したい人は、甘い誘惑に負けないようにしましょう。

受験生の夜食後の眠気対策は?

食べたらいつの間にか寝落ちしてた…。

大事な受験期間中、こんなことは極力避けたいですよね。

そうならない為に大事なのは、たった1つ。食べ過ぎないこと!

夜食メニューは「必ず少量で」が鉄則なのはこの為です。

夜食をお腹一杯食べれば、必ず眠くなってしまいます。

勉強をもっと頑張るために食べたのに、それが元で眠気を誘うのは本末転倒。気をつけましょう!

受験生が夜食を食べても太らない方法は?

毎日ハードな受験勉強が続けば、やっぱりストレスだって溜まってきますよね。

イライラ、ニキビなどの肌荒れ・便秘など、体調が狂いやすくなるのもこの時期。

そんなストレスを発散するのが夜食や「食べて発散」すること。

受験後、これが重ーーーく響いてくるので本当に要注意なんです。

ガツガツ食べると、不思議なことに一瞬ストレス解消になった気になりますが、これが続けば太る一方です。

スポンサーリンク

しかも根本的なストレス解消にはん。

ここは大変かもしれませんが、グッとこらえて乗り切ってください!

ボディメンテナンスだと考える

ただガマンするだけでは続きませんよね。

これは自分の「ボディメンテナンス」だと考えてはどうでしょう。

例えば、夜中にモリモリ食べていたら?

トータル摂取カロリーは増えていき、食生活は乱れます。消化器官などの内臓は夜も休む間もなく働くことになり、大きな負担がかかります。

すると体は疲労しやすく弱体化し、ウイルスなど侵入しやすくなります。

体のダルさ、風邪を引きやすい、免疫力が落ち病気にかかりやすい等、体調不良の原因につながります。

賢く食べることも、受験期間中は計画的に考えることが必要不可欠です。

砂糖抜き

夜食で飲むコーヒーや紅茶は砂糖抜きで、ヨーグルトは無糖を選ぶなど、糖分の摂取を極力控えることが大切です。

夜は座って勉強するだけなので、摂取した糖分は脂肪として蓄積されてしまいます。

カロリーカットの砂糖もありますが、「少量」を毎日続けていると、それも太る一因になるので気を付けて下さいね。

受験が終わった時、これまでの体型をキープするには、食べ過ぎないこと。できるだけ生活リズムを崩さずに、毎日を過ごすようにしましょう。超重要です♪

ストレッチ

運動不足解消と気分転換、眠気対策も兼ねて、部屋でカンタンなストレッチで体を動かしましょう。

座ってばかりだと血流が滞ってしまいます。激しい運動しなくていいので、こまめに手・足・首・肩・腰などのストレッチをするようにしましょう。

軽い運動と気分転換も兼ねるストレッチ、かなりオススメです。

受験期間中は、模試が続いたり、日々の勉強に追われたりと、精神的に追い詰められることもありますが、毎日1歩ずつ前に進んでいきましょう。

ひとくちメモ

満腹になるまで食べても、お腹が空き過ぎても、勉強に集中できなくなってしまいます。

でも夜食はお腹を満たすため、というより「小腹を満たす」程度にとどめておくと、受験期間中も体調を崩さず、太らない体づくりができるようになります。

食べれば太る。これはもう鉄則と言っていいです。

自分自身もそうでしたが、夜中にお腹が空いて、ついつい食べていたら、気が付けば5キロも太っていました。

これを読んでいるあなたには、こんな風にならないで欲しい、本当にそう思います。

夜食を食べるなら、少量を良く噛んで食べる。これをぜひ続けて、受験勉強がんばって下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする