台所の排水溝のお掃除は重曹で出来る?台所シンクは?換気扇は?

jyusokitchen
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

重曹でお掃除というのをよく耳にしますが、初めて使う人にとっては、イマイチ良く分かりませんよね。

今回は台所まわりの汚れに絞った、重曹のお掃除の仕方を紹介します。

エコ生活をしたい、環境に優しい掃除をしたい、そんな人に重曹掃除はきっと役に立つはずです。

我が家には市販のキッチン掃除用の洗剤はモチロン、それ以外の化学洗剤と呼べるものは2つくらい。

コマメに掃除すると、あまり手間もかからずキレイを持続できますよ♪

スポンサーリンク

台所の排水溝のお掃除は重曹で出来る?

排水溝は生ゴミや食材のカス汚れが溜まりやすく、ぬめりや黒ずみ、臭いが出て掃除するのがイヤな場所でもありますよね。

できれば常に清潔にしておきたい所でもあります。

まずはお掃除用の「重曹水」を作りましょう!(あると色々なものに使えて便利です)

排水溝の中の汚れは重曹水を使って掃除をしましょう。

100均などで売られているスプレーボトルに500ミリリットルの水を入れ、大さじ2の重曹を溶かして作るのが、重曹水です。

これを排水溝に念入りにスプレーし、管の中にまで吹きかけるようにします。ぬめりや汚れが柔らかくなってきたかな?と感じたら、古い歯ブラシを使って汚れを落とします。

ちなみに重曹には排水口のパイプの中の汚れと臭いを分解したり、雑菌を抑える役目もあります。

夕食の片付け後、最後にシュッシュとふきかけておくといいですよ。

台所シンクの掃除は重曹で出来る?

日々お料理をしていると、シンク周りは必ずと言っていいほど汚れますよね。

あまり気にならなければ、食器を洗って、生ごみを片付けたら終了。…というパターンがほとんどですが、きちんと掃除すると、シンクってとてもキレイになります。

実際やってみると、とても簡単なので、いつもの工程にぜひシンク周りも試してみて下さい。

シンクのくもりや黒ずみはスポンジに重曹を付け、全体の汚れをこすり落とします。

スポンサーリンク

量は一度にたくさん出し過ぎないよう、加減しながら出して使い、適量を徐々に覚えて下さいね。

その後、水でシンクとスポンジを洗い流して終了です。

重曹を購入すると、1袋にまとめて入っているので、掃除の度に少量を出すのはとても面倒です。

そうならない為に、空き瓶に小分けして入れたり、アジ塩やコショウなどの空き瓶に入れておくと、サッとふりかけて使えて便利ですよ!

台所の換気扇のお掃除は重曹で出来る?

換気扇って汚れますよね!

1年に1度と言わず、半年から3カ月に1度くらい掃除していればいいんですが、なかなか本腰入れてできないのが常。

ベタベタ汚れを見ると、ついつい「見なかったことにしよう…」と後回ししたくなりますが、勇気を出してお掃除しましょう!

フィルター、ファン、レンジフードなど部品を取り外し、重曹をたっぷりふりかけて油を浮かせます。

ちょっと時間がかかるかもしれませんが、汚れが浮きあがるのを待ってから、水を含ませたスポンジに重曹を付けて汚れを拭き取るようにします。

汚れがかなりガンコ!そんな時は、ペースト状の重曹を使ってみて下さい。

作り方は、重曹に少しずつ水を加えて、とろとろ状にするだけです。

ガンコな汚れ部分にペーストを塗り、ラップして1-2時間放置し、汚れがやわらかくなったら、水ぶきして汚れを落とします。

汚れ度合いがヒドいと落とすのが大変で、一気に全てを掃除しようとしてギブアップしそうになる事もあります。

自分のペースで、少しずつキレイにしていけば大丈夫。あせらずにいきましょう。

ちなみに念のため、誤作動でケガしないよう、電源を切ってから始めるおも、お忘れなく。

ひとくちメモ

排水溝やシンク周りは大掃除の時期だけでなく、毎日の生活でササッと「ついで掃除」しやすい所なので、ぜひ慣れてきたら試してみて下さい。

キッチン環境もきっと良くなるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする