花粉症で鼻のムズムズ対策!鼻うがいでスッキリ暮らす・眠るならコレ

kafun_bottoshiteru_woman


花粉、大丈夫ですか?

花がムズムズ、ノドの奥がかゆいなどの症状が出始めたら、本格的な花粉はもう目の前まで来ています。

花粉期間中の鼻のムズムズや、詰まりが少しでもラクになり、夜も熟睡できるようなものを見つけておきたいですよね。

そんなときに重宝する、鼻専用のアイテムを紹介します。

花粉症の鼻のムズムズ・鼻水は鼻うがい

花粉の時期の鼻の奥のかゆみやムズムズ、止まらない鼻水は、生活の質さえ落とす困った問題ですよね。

鼻で息ができないと、自然と口呼吸になってしまい、乾燥やウイルスを吸いこんで、風邪を引きやすくなるので注意が必要です。

それを改善するのが「鼻うがい」です。

専用のアイテムを利用して鼻を洗浄すると、ムズムズの元である花粉が洗い流せるので、鼻が通りやすくなるんです。

ハナクリーンEXで鼻を洗おう

どんなに気を使っていても、花粉を完全に防ぐのは難しい。。。

そんな鼻の中に入り込んで悪さしている花粉を洗い流せるのが、「ハナクリーンEX」です。

これ、耳鼻科の先生が開発した、特許取得の鼻洗浄器で、

アレルギー性鼻炎、ちくのう、花粉症、風邪、副鼻腔炎など、鼻のトラブルを抱えている人が鼻腔内を洗浄することで、鼻の状態を改善するスグレモノです。

のどはうがい、目は目薬で、はな

ハナクリーンEXの使い方はかんたん

お湯を用意し、付属のサーレを入れて溶かし、ノズルを鼻に入れて好みの水圧に調節しながら、3~5回位左右交互に手動のポンプを押して鼻の奥まで洗い流します。

お湯は入れた鼻や反対の鼻の穴、口から出てきますが、ツーンとした痛みが無いのがこの鼻洗浄器のポイント。

慣れない最初の頃は、低めの水圧から少しずつ始め、要領がつかめてきたら、しっかり洗浄できるようになりますよ。

洗浄し終わったら、鼻をかんで終了です。

利用者の口コミをまとめてみました。参考にどうぞ~。

↓↓↓

口コミをチェック!

◆花粉症と鼻炎持ちで、水圧も調整できて断然すっきり感が違う

◆年中鼻づまりで耳鼻科受診していたが、これを使用したら鼻づまり改善された

◆30年位前から鼻洗浄をして、今4台目。水の出具合を調節できてとても便利

◆とにかくスッキリ!長年付き合ってきた鼻炎も何とかなりそう

◆花粉症の家族に頼まれて購入。帰宅後に使用するとすっきりするそう

◆病院での鼻洗いと同じ感覚で使えて凄い

◆帰宅後と就寝前に洗浄。汚れた鼻水がどばどば出てくるので気持ちがすごくいい。使用方法は耳鼻科で洗浄していれば、要領は同じ。

◆使い方も簡単で朝晩使用中。鼻の不快感もとれ大満足。耳鼻科への通院回数も減りました

◆アレルギー性鼻炎もちなら、帰宅してまず鼻洗浄すると外のムズムズを部屋の中に持ちこまずにすみます

ウイルスや花粉は最初に鼻の粘膜に取り付くので、ここで洗い流せるとラクです。

また奥に入り込んだ花粉や、溜まったった鼻水も洗い流せれば、鼻の通りがよくなったり、くしゃみやムズムズも緩和されてラクになります。

鼻をかんだだけでは花粉は取りきれないので、こういったアイテムを活用すると、効率的に鼻のお掃除ができて呼吸しやすくなりますよね。

鼻づまりのストレスを緩和

鼻が詰まって息ができなかったり、ドロッと粘着力の強い鼻水や、ダラダラ出てくる鼻水で、イライラやストレスが溜まりやすくなりますよね。

私は鼻づまりで呼吸がしにくくなるせいか、夜が眠れなくなります。

片鼻だけならまだガマンできますが、両鼻がつまるともう完全にお手上げ、、、これホントにつらいんですよね。

お風呂に入って体に付いた花粉は洗い流せても、鼻の中までお風呂で洗えないですから。。。

でも鼻の中を洗浄して花粉が取れると、鼻が通りやすくなるので、寝るのもだいぶラクになります。

オススメは外出先から帰ってきた時、そして朝の「モーニングアタック」で花粉のかゆみが一気に襲ってきた時。

これで洗うと、カギ穴に取り付いた花粉を流してラクにしてくれます。

花粉は春だけじゃない!

春はスギうやヒノキの花粉があり、夏はブタクサ、秋はヨモギなどもムズムズの原因になります。

冬は風邪やインフルエンザなどで鼻水がひどいとき、鼻洗浄で症状を軽くしたり治りを早めてくれます。

さいごに・・・

花粉で鼻がムズムズしてかゆくなって、鼻が詰まって鼻水が大量に出始めて、くしゃみや涙目、、、

鼻をかみすぎて鼻の周りはガサガサ、、、

私が一番ひどかったとき、鼻がズルズルで1日中鼻をかみつづけるような生活をしていたら、顔中が乾燥して、皮膚がむけてボロボロになったことがありました。

しばらく外出できなかった思い出が、、、

こんなことにならないよう、ぜひしっかり対策して下さいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする