海外旅行での機内持ち込み可能なスーツケースは?液体は?薬は?

kaigaikinai
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

たのしみな海外旅行ですが、空港ではセキュリティも随分厳しくなり、様々な制限がかかるようになりました。

当日空港で慌てない為にも、事前に知っておくと役立つ情報を紹介します。

スポンサーリンク

海外旅行での機内持ち込み可能なスーツケースのサイズは?

滞在日数の少ない人や、荷物が少ない場合、チェックイン時に荷物を預けず機内に持ち込めば、到着時にターンテーブルで荷物を待つ必要がありません。

国際線の場合、機内に持ち込める手荷物のサイズは、厳しく制限されていますので注意してくださいね。

基本は飛行機の座席数が100席以上で、3辺の合計が115センチ以内。総重量が10キロ以内となっています。各辺のサイズ詳細は以下の通りです。

高さ  55センチ以内
幅   40センチ以内
奥行き 25センチ以内

最近では手荷物のサイズや重量制限がとても厳しくなり、メーカー各社から軽量スーツケースが色々発売されています。

素材はポリカーボネートやアルミニウム・マグネシウム合金、ポリプロピレンシートを何重にも重ねた新素材「カーヴ」など、本体自体が軽く丈夫な素材で作られ、容量も多いので新しく購入予定の方はチェックしてみて下さい。

海外旅行での機内持ち込み 液体は?

国際線の場合、100ml(g)を超える容器に入った全ての液体物は、航空機内への持ち込み禁止です。

100ml(g)以下の容器に入った液体物で、容量1リットル以下のジッパーの付いた再封可能な透明プラスチック製袋に、余裕を持って入れてください。
※100ml以下の容器でも、透明のプラスチック製袋に入っていないと持ち込みができません

スポンサーリンク

透明プラスチック製袋のサイズの目安は、縦20㎝以下×横20㎝以です。(マチ付きは容量が1リットルを超えるので、使用不可)

透明プラスチック製袋の持ち込みは、1人1つのみ。

ちなみに、ジッパー付き透明プラスチック袋は、成田空港の第1ターミナル、および第2ターミナルにある複数の店舗で販売しています。

それを超える容量の場合、スーツケースに入れ、チェックインカウンターに荷物を預けましょう。

海外旅行での機内持ち込み 薬は大丈夫?

漢方薬が液体の場合、上記の機内持ち込みの液体の場合と同じですが、液体でなければ機内持ち込み制限はありません。

常用薬はスムーズに保安検査を通過できるよう、診断書や処方箋を持っている場合、保安検査時に検査員に提示すると確実です。

もし無い場合、検査員に医薬品を持ち込むことを申し出ます。

薬の機内持込は、機内で使用する分のみ持込可能です(医薬品は液体物の量的制限適用外ですが、保安検査は実施)

ちなみに、個人的に海外旅行の際やっているのは、処方箋の無い市販の薬を携帯する時は、もし万が一質問されたとき回答ができるよう、バラで持ち込まず、薬の瓶と箱に入れたまま持ち込むようにしています。

薬については全く聞かれなかった人もいれば、チェックを受けている人もいるので、スムースな検査通過のためには、事前準備しておくと安心です。

ひとくちメモ

以前海外旅行へ行く際、空港で荷物チェックをされ、スーツケースを開けさせられた事がありました。キレイに整理整頓した荷物は、検査で取り出され、中がぐちゃぐちゃに…。

いっぱい荷物が入ってたんですが時間が無いし、つめ直すのがホントに大変でした(特に問題ナシでしたが…)。

航空会社によって対応の仕方は色々ですが、基本ルールを守って海外旅行をめいっぱい楽しんできて下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする