顔の歪みを自宅でこっそり直す!人気のアレで強制的に矯正しよう

hozue
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

顔の歪みって、小さなものなら分かりませんが、口が曲がっている、鼻が左右どちらかに寄っている、目や眉毛の高さが違うなど、程度の差こそあれ意外に多いです。

左右対称の顔立ちは見ていても美しく、憧れでもありますが、これを維持するには日々の秘訣があります。

スポンサーリンク

顔がゆがむクセとは?

女優や俳優、タレントやアイドルなど、芸能人の顔って左右対称に近い顔だち、揃ってますよね。

人目に触れる職業なだけに、見た目に気を使う、いわばプロフェッショナル集団。芸能界にはお手本がいっぱいです。

自分自身、顔の歪みに悩んだ時期がありました。

目と眉の高さが違うのです…。

それで、色々調べてみると、日常生活でのクセに原因があることが分かりました。

あなたは下記の5つで思い当たるコトありますか?

  • 頬杖をつく
  • 横を向いて寝るクセがある
  • 片方の歯で噛んでしまう
  • 噛みしめるクセがある
  • 歯並びが悪い

私は横を向いて寝るクセが該当しました。

なるべく正面を向いて寝るよう意識しましたが、人は寝ている間に何度も寝返りを打つのが普通のこと。

ずっとまっすぐに寝続けることはムリですが、意識して眠ると寝姿が少しずつ変化してきました。

また右利き、左利きがあるように「噛みグセ」もあります。

原因は歯科的側面(虫歯や歯周病による歯の痛みから、痛くない方で噛んでしまう)や、噛み合わせの悪さなどです。

定期健診や、必要な治療を完治させることで、片噛みも改善できます。

顔筋の衰えで歪む

日常生活でのクセ以外に、顔が歪む原因があります。

それが、顔の筋肉が衰えることによる歪みです。

ただしこれは、努力次第で今より良くすることができます。

まずは顔が歪む5つのクセを減らすよう、日常生活で気を付けます。・・・と同時に顔筋をエクササイズします。

顔筋トレーニング初心者さんは、簡単な動きから始めて、徐々にステップアップすると結果が出やすく、長く続きますよ!

初級レベル:割り箸ストレッチのやり方

まずは割り箸と鏡があればスグに始められる、超カンタンな割り箸ストレッチを紹介します。

これは口周りの筋肉を使って「口角」を上げるエクササイズです。

割り箸を横にして、糸切り歯で噛むよう、しっかり深く口でくわえます。

このとき、上下の前歯の中心線がズレていないか?チェックしましょう!

顔が歪んでいるとズレています。(これとても重要です)

次に口にくわえた割りばしより、口角を1センチほど上げます(1分ほどキープ)。

筋肉が硬くて思うように動かないときは、手で口角を上げて、筋肉を動かす感覚を徐々につかむようにします。

最初から自分の思う通りに口角が上がらないのは、筋肉が衰えているからなんです。

毎日割り箸ストレッチするようになれば、口角がキュっとあがった素敵な笑顔ができるようになります!

笑顔の素敵な人は、口角がキュっと上がっていますよね。

下がった状態がいわゆる「ヘの字口」。

黙っているだけで、ムッとした表情に見られてしまいます。

スポンサーリンク

これを解決するための簡単な方法が「割り箸ストレッチ」で、顔の歪み改善にもつながっていきます。

割りばしと鏡があれば出来るので、これなら初めての人でもすぐに始められますよね!

顔にはたくさんの筋肉があって、カラダの筋肉と同じように使わなければ衰え、さらに年齢と共に衰えていきます。

歪んだ状態で、顔の筋肉まで衰えていったら…ちょっと怖いですよね。

超初心者レベル、割り箸ストレッチに慣れてきたら、次は中級レベルへ進みましょう!

中級レベル:顔筋エクササイズ

ラジオ体操のように、音楽に合わせて13種のエクササイズを3分半行うと、顔全体の表情筋のを鍛えられる、顔筋メソッドです。

DVDで分かりやすく、解説しているのがコレ>>>DVD付き・顔体操

文字だけでは伝わりにくい顔の動きも、丁寧に解説されているので、間違って覚えてしまう心配がありません。

見ながら一緒に実践できるので、覚えてしまえば一生ものですよね!

これで顔全体をパーツごとにエクササイズしながら顔筋の衰えを改善し、顔の歪みやゆるんだフェイスラインも改善していきます。

上級レベル:歪みとエイジング矯正

初級・中級レベルでは、顔の歪みを作りだす日常のクセを極力減らし、効果的に歪みを整える顔筋トレーニングで相乗効果を狙いました。

顔の歪みが少しずつ取れて、顔筋も上向き始めてきた時に必要なのが、定着力。

何もしなくなれば顔筋力は落ち、クセが戻ればまた歪んできてしまいます。

そして顔筋エクササイズの難点が、続かないこと。

短時間でも面倒になってしまうので、せっかく歪みが矯正されかけても、定着しないうちに辞めてしまう事が多いんです。

もっと簡単に手軽にできて、顔の歪み矯正から老化防止まで相乗効果を狙えるのが、口にくわえてスイングさせる人気のパオ(PAO)です。

口にくわえるだけだから、顔筋エクササイズよりラクなこと。それと老け顔の3大要素を一緒に改善できるのが大きなメリットです。

  1. たるみ
  2. しわ
  3. ほうれい線

小頬骨筋、大頬骨筋、口輪筋等々、口周りだけでも複数の筋肉が連動し合って顔の表情をつくっています。

忙しい人でも、短時間で効率的に鍛えられ、販売本数50万本突破の人気商品です>>>表情筋を鍛えるパオ(PAO)

口元の筋肉がゆるめば、「ほうれい線」が出来たり、目尻や全体の筋肉が緩めばフェイスライン自体がゆるみます。

歪みや緩んだ顔の筋肉を復活させるには、自分で鍛えるのが一番近道。筋肉自体は何歳からでも鍛えることができます。

顔の歪みが取れて、フェイスラインがキュっと上向きになると、実年齢より若く見えるし、何より自分に自信がつきますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする