加齢臭 三十代は臭う?衣類の洗濯は?お風呂の温度は?

kareisyu
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

自分のニオイって、分かるようで分からないものですよね。

背中、耳の後ろ、頭、胸、体全体から臭っていたとしたら…。脱いですぐのシャツを嗅いで、もしクサイと感じたら問題アリかもしれません。

最初の一歩は気付くこと。そして2歩目は解決へ向けて前へ進みましょう!

スポンサーリンク

加齢臭 三十代は臭う?

どうやら加齢臭の元となる皮脂の分泌量は、30代がピークのようです。

次いで、40代、そして50代という順番になっていきます。

肌の表面に出てきた皮脂は、汗やはがれ落ちた皮膚のカスと混ざり、菌や微生物により分解されて、時間が経つにつれてニオイがし始めます。

若いうちは新陳代謝もいいので、あまり気にならないのですが、加齢と共に、皮脂の成分が少しずつ変化していくと言われています。

ニオイの表現方法は人によって異なるでしょうが、色々な人の話しを聞いてみると、脂くさいニオイや、そのアブラ臭さに加えて、古い納屋の奥の方のニオイがする、瞬間息を止めたくなるような、独特の異臭。

…こんな答えが返ってきました。

加齢臭は年齢臭と言えるかもしれません。

加齢臭の衣類の洗濯は?

何度洗ってもニオイが取れない、雑巾くさいニオイがする、枕カバーがクサイ等、ちゃんと洗濯しているのに、衣類に付いた臭いが取れないことはありませんか?

1度では落ちず、2回洗うと幾分良くなることもあるのですが、これでは解決にはなりません。

通常のお洗濯でニオイが残るんだけど…、と感じているなら試して欲しいのが、酸素系漂白剤です。

衣料用漂白剤系の洗剤なのですが、除菌の効果もあり、これまで洗剤だけでは落ちなかったニオイの元まで落としてくれるという、うたい文句があるほど。

酸素系漂白剤は、「過酸化ナトリウム」で漂白と除菌をしてくれます。

洗濯をする時に、洗剤と一緒に液体の漂白剤を入れるだけなので、いつものお洗濯にプラスすればいいだけです。

スポンサーリンク

細かな注意点は、商品の裏側にある説明書を見ると、詳しく書かれていますので、使う前に一読しておくことをオススメします。

また、洗濯後、部屋干しだと湿気が強く、風通しも悪いため、ニオイがこもりやすくなります。

外干しや乾燥機で完全に乾かすようにすると、より安心です。

加齢臭 お風呂の温度は?

加齢臭でのお風呂対策を考えるとき、オススメしたいのが、浴槽にしっかり浸かることです。

時間が無い時や、面倒な時、夏場などは、ついつい簡単にシャワーで終わらせてしまいたくなりますが、お湯に浸かることで毛穴が開いて、汚れが落ちやすくなります。

体の表面には、無数の毛穴が存在しています。

もちろん肉眼では見えませんが、その毛穴から皮脂がでて、それが時間の経過と共に酸化して、ニオイの原因になってしまいます。

まずは毛穴の汚れや余分な皮脂を落とすために、湯船に浸かりましょう。

温度は熱ければ汚れが落ちやすくなりますが、必要な皮脂まで取り過ぎてしまう傾向があります。

39-40度位の温度を目安に、ゆっくり浸かりながら、リラックスして下さい。

その後で体を洗った方が、効率的に洗えます。

また体を洗う際、こすり過ぎれば肌に負担がかかり、必要な皮脂を落とし過ぎてしまうので、皮膚から足りなくなった皮脂が過剰に分泌される場合があります。

洗うときは、ナイロン製より、綿や麻などの自然素材がオススメです。

ひとくちメモ

加齢臭は年代によってニオイに違いがでてくるようですが、こまめに清潔にしておくことで、かなりニオイを軽減できます。

ニオイは自分で気付くこともあれば、誰かの言葉をキッカケに、ニオイを初めて認識する場合もあります。

家族や身内、友人、知人など、第3者に自分のニオイをチェックしてもらうと、客観的に見てもらえるので安心ですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする