加湿器 スチームのメリット・デメリットは?スチーム加湿器 象印なら?

kaden_kashitsuki
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ


寒くなると湿度が低くなり、空気の乾燥が進んできますよね。

お肌やノド等のトラブル防止や、ドライアイ、風邪、インフルエンザの予防など、健康・美容のために、今年は加湿器を利用してみませんか?

安全性に絞ったスチーム加湿器について紹介します。

スポンサーリンク

加湿器の種類は何がある?

加湿器を探そう!と思って最初に悩むのが、何を買ったらいいか?ではないでしょうか?

卓状に置く小型サイズから、部屋全体を潤す大容量タイプまで、デザイン、種類、機能がそれぞれ豊富すぎて、何を基準に選べばいいのか分からなくなってしまいがちですよね。

加湿機には主に4つのタイプがあります。

  • スチーム式
  • 気化式
  • 超音波式
  • ハイブリッド式

今回はそのなかでも特に「安全性」にこだわって選ぶ「スチーム」加湿器について紹介しています。まずはメリットをチェックしていきましょう。

スチーム式加湿器のメリットは?

タンクに入った水を加熱してから、蒸気を出す仕組みになっているのがスチーム式加湿器です。

水を加熱し煮沸した水が水蒸気となって室内に放出されるので、衛生的で安全性が高いのがスチーム式加湿器のメリットです。

加湿器に無くてはならない「水」。

この水の取扱い方によっては、室内に不衛生な水が水蒸気として放出されてしまいます。

そのワケは風呂場やキッチンの水場と同じで、ジメジメしている場所では水垢やカビなど雑菌が発生しやすいからなんです。

加湿器もお手入れを怠ると、知らず知らずのうちに雑菌が繁殖した水で部屋を加湿し、室内にバラまいてしまう可能性があります。

見た目は全く普通に見える加湿機が、中を開けたらカビや水あか、雑巾のような臭いがした等、こまめなお掃除を怠ると、知らないうちに雑菌が繁殖しています。

そういった危険を避けるためにも、定期的なお手入れの他に、一度加熱してから蒸気になるスチーム加湿器の安全性が高いと言えます。

スチーム式加湿器のデメリットは?

他の種類の加湿器と比べて、電気代がちょっと高めなのがデメリットです。

そのワケは、蒸気が出る前に加熱して水を煮沸(または沸騰)させるため、他の加湿機より負荷がかかってしまうのが理由ですが、スチーム式の心臓部ともいえる要の機能です。

ここは外せない機能と言えるでしょう。

赤ちゃん・子供のいるご家庭、喘息・気管支が弱い、肌が弱い、安全・衛生にこだわる人にはデメリットより、メリットの方が勝る加湿器になりそうです。

知らないうちにもしカビをまき散らしていたら、ちょっとショックですよね。目には見えませんが、空気中に浮遊しているはずですから、、、

スチーム加湿器 象印なら?

象印と言えば、マホービンのブランドですよね。

電気ポットと同じ仕組みで作られた加湿器は、象印ならではの広口タンク内は、お手入れがしやすく、中はフッ素加工されているので、ぬめりや汚れが付きにくく、フィルターが無いので扱いがとてもラクです。

インテリアを重視すると、タンク内の清掃が二の次になったり、細部まで洗うことができず、水あかやぬめりが出やすいですが、象印の加湿器は機能性とお手入れを最優先に考えた作りになっているのが特徴です。

販売機種によって機能は変わりますが、最初に水を沸騰させた後に65度まで冷ましてから蒸気を出すので、加湿される水が非常に衛生的です。

それ以外にも・・・

  • 快適な湿度を自動的にコントロール
  • タイマー付でスイッチのオンオフ設定
  • 湿度モニター付で部屋の状態がランプで確認
  • 小さい子供がいても安心のチャイルドロック付
  • 水タンクの一体型だから大きさもコンパクト
  • 転倒すると自動でオフ
  • マグネットプラグだからコードを引っ掛けても安心
  • カルキ取りにクエン酸洗浄ができる

・・・などなど、あると便利な機能や、安全に配慮した機能が目立ちます。

インテリア重視より、安全や機能性が選ぶ基準という人に、オススメの加湿器ですね>>>象印のスチーム式加湿器

さいごに・・・

空気が乾燥する時期は、顔はもちろん、ノドも、目も、手・足もどこでも乾燥しやすくなりますし、さらに静電気も起きやすくなります。

風邪やインフルエンザ対策など、健康管理の1つとしても加湿器は暮らしに潤いを補給してくれる重要なアイテムです。ぜひ効果的に利用してくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする