会社用加湿器 種類は?個人用の選び方?乾燥とドライアイおすすめ

kasituki
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

秋・冬の乾燥する季節はもちろん、暖房・冷房付けっぱなしの職場は、1年中空気が乾燥している状態。お肌や目、ノドが乾燥していませんか?

そんな会社での乾燥対策に自分専用の加湿器を選ぶなら、どこにポイントを定めて選ぶのが正解でしょうか?

今回は失敗しない、オフィスでの個人用の加湿器選びを基本から紹介します。

スポンサーリンク

加湿器 会社用の選び方 種類は主に4つ

加湿器には加湿の方法により、主に4つの種類があります。

  • 気化式
  • スチーム式
  • 超音波式
  • ハイブリッド式

一見しただけでは、どれも同じ蒸気を出す機器ですが、「出し方」にそれぞれ特徴があります。

まずは1つずつ見て行きましょう!

ハイブリッド式

加熱殺菌してから超音波のミストで加湿する、衛生的にも安心なのがこのタイプです。

また、熱いミストも出ないので安全です。

超音波方式にヒーターの熱を加えることで、すぐにミストが出るので、加湿が早いのもハイブリッド式の特徴です。

ファンがあるので、作動音が気になる機種があるかもしれません。買う前に口コミなどでチェックしておくと万全ですよ。

気化式

フィルターに水を含め、ファンからの空気を送り込んで水蒸気を出すのが、気化式です。

消費電力が少なく経済的ですが、機種によってファンの音が気になる場合があるかもしれません。

また、フィルターの交換が必要なタイプもあります。購入前に仕様ををチェックしてみて下さいね。

スチーム式

スチーム式は水を沸騰させて、その蒸気で加湿するタイプです。

吹き出し口から、水蒸気が出てきます(超音波式のミストのような感じ)。

水を沸騰させた蒸気なので、比較的安全性が高く、衛生的で安心して使えるメリットがある反面、水を沸かす工程が必要な分、素早く加湿がスタートできないこと、消費電力が高めというデメリットがあります。

超音波式

超音波振動で水を震わせ、まるで「霧」のようなミスト状になって出てくるのが超音波式です。

湯気のように、吹き出し口から出てきます。

商品にもよりますが、比較的音が静かで、消費電力が少ないのがメリットです。

その半面、値段が安いものは、抗菌フィルターが無いものが多いため、タンク内で雑菌が増えないよう、こまめなお手入れ、水の取り換えなど、メンテナンスがとても重要です。

職場で個人用の加湿器選び 抑えるべきポイントは?

職場で個人用に使う加湿器選び。

小型や卓上タイプ以外に、抑えておきたいチェックポイントを紹介します。

スポンサーリンク

使っても大丈夫な環境?

デスク周りがゴチャゴチャしている中での使用は、ちょっと注意が必要です。

書類の山が崩れて加湿器が倒れてしまい、書類が濡れたり、汚れたりするアクシデントがゼロではないからです。

自分はもちろん、加湿器を置く周囲の状態が大丈夫かどうか、倒れない位置か?確認してから設置場所を決めましょう。

加湿器の性能にもよりますが、書類が湿気てしまわないか?倒れても水がこぼれない仕様か?ちょっと細かいですが、「もしも」の事を考えておきましょう。

周囲への配慮も、大事ですよね。

作動音は大丈夫?

作動音がするタイプの加湿器は、音の程度によっては耳について「うるさい」と思われることもあります。

職場環境がザワザワした中なら、あまり気になりませんが、シーンとしたオフィス内で使っても気にならない、静音タイプも判断基準に入れておくと安心です。

電源のタイプは?

電源は一般的なコンセントタイプの他、便利なのがパソコンのUSB電源で利用できる製品です。

USB電源は、特に小型の加湿器に多い傾向があるようです。

手軽にちょっと置きたい場合も便利ですし、コンセントや電源コードが原因で利用を控えていた人には朗報ですね。

  • 本体のコンセントが短い
  • 延長コードを使うのが面倒
  • コンセントの位置が遠い
  • コードが引っかかって危ない
  • 空きコンセントが無い

このタイプは小型で卓上、ちょっとしたインテリアにもなるようなモノが多いです。

乾燥とドライアイ対策 オススメ加湿器は?

会社内での空気の乾燥で、お肌、ノドがカサカサ乾いていませんか?毎日のパソコン利用やデスクワーク特有の眼精疲労、、、目も砂漠状態になってしまいます。

目の疲れはドライアイの不安にもつながります。

まばたきを忘れて画面を見続けていると、知らず知らずのうちに目が乾燥しているかもしれません。

乾燥はドライアイにも影響大です。

加湿器での潤い補給も、目の疲れを軽減してくれるかもしれません。できる対策を取りましょう!

おすすめの加湿器は、水を沸騰させて、その蒸気で加湿するスチーム式です。仕様上、衛生的なので、細菌を部屋に巻き散らかさず安心して使えます。

ひとくちメモ

これまでの加湿器選びは、大きさや、値段、可愛さなど、見た目で決めていた人も、種類別の働き方が分かれば、これまでよりずっと自分に合ったモノを探すことができます。

職場の空気は想像以上に乾燥しています。自分で対策をすることで、少しでも潤いのあるオフィス環境の中で仕事に集中できますように!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする