帰省土産 夏でも日持ちするのは?相場はいくら?お菓子以外では?

omiyage
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

夏の帰省土産は何にしよう?

…その前に、食べ物系なら選ぶものに、ちょっと注意して選んだほうがいいかもしれません。

その訳は…?

スポンサーリンク

帰省土産 夏でも日持ちするのは?

夏の帰省土産は、移動時間の長短に加えて、日本の蒸し暑い季節も絡んできます。

食べ物であれば、到着するまでに悪くならないものを選ぶことが重要ポイントです。

夏をポイントに、日持ちする食べ物を紹介します。ぜひ買う時の参考にして下さいね。

  • ゼリー
  • クッキー
  • おせんべい
  • 羊羹(1本物よりカップ等小分けされたもの)
  • かりんとう
  • マカロン
  • バウムクーヘン
  • パウンドケーキ
  • 最中
  • 漬け物
  • 佃煮

日持ちのするモノの見分け方としては、水分量の少ないもの、真空パックされているもの、糖分の高いもの等が選ぶ目安です。

特に水分が少ない、「乾き菓子」と呼ばれる、クッキーやビスケット、お煎餅などは賞味期限が長く、暑さで腐ったりすることがないので、安心して手土産にする事ができます。

一般的な帰省土産の定番としても王道と言えます。

夏は特に、ケーキなどの生菓子類は、購入先で保冷剤を入れてくれても、長時間の移動には不向きです。

短時間で到着する場所や、自分で追加の保冷剤を持参するなど、事前準備すると、選ぶ範囲が広がりますよ。

以前半生タイプのお菓子をお土産にした時、夏の暑さで悪くならないよう、保冷バッグと保冷剤を持参して持って行った事がありました。

小さい保冷剤は溶けるまでの時間が短いですが、大きいものは、比較的モチがいいです。

またペットボトルを冷凍して、保冷剤代わりにするのもいいですよ!

大きい保冷バッグは、デパートやケーキ屋さん(デコレーションケーキが入る大きさのもの程度)でも一部取扱っている所があります。

どうしても持って帰りたい帰省土産がある場合、自分で手を加えることで、より安心して買う事ができますよ。

スポンサーリンク

帰省土産の相場はいくら?

帰省土産に何を買うか?もそうですが、金額をいくらくらいにしようか、悩みますよね。

帰省先までの交通費だけで費用がかさむと、お土産の出費を減らせないかな?など、それぞれのお財布事情によって、悩みどころは色々です。

さて、例年の帰省土産の相場金額はというと、だいたい1000円から3000円が最も多い価格帯です。

特に2000円前後が人気があります。

これは安すぎず、払う側にとっても負担にならない、ちょうどいい額でと考えている人が多いようです。

ただ日頃お世話になっている、と感じる度合いが強ければ、自然と設定金額もこれより高くなりますし、人によって貰ったもので足元を見たり、判断されることがあります。

ですので、だいたいの相場は1000~3000円ですが、個人の諸事情によって、金額を上乗せして買うなど、臨機応変に対応するといいでしょう。

他には「期間限定」「ココでしか買えない」「東京」と名の付くもの、「老舗」といったブランド等、プラスアルファして帰省土産を買うのも1つの方法です。

お菓子以外の帰省土産って?

贈る相手が、お菓子はあまり好きではない場合もありますよね?

ちょっと範囲は狭まりますが、身近な食べ物などをチョイスしてみてはどうでしょう。

意外なのはお惣菜ですが、自分で作って持っていく人もいますし、テパ地下で美味しそうなものをピックアップして、買っていくものいいかもしれません。

特に実家に帰る場合、作るのが負担にならないように、と配慮して買っていくパターンも多いですよ。

  • 旬の果物
  • 佃煮
  • お惣菜
  • 漬け物
  • 有名店のパン(例:駅限定のメロンパンなど)

ひとくちメモ

毎回何を持っていくか考えたり、そろそろネタが尽きてきた等、手土産選びは悩むこともありますが、せっかくなら喜んでもらえるものを贈りたいですね。

たのしい帰省になりますように!夏の暑さにはくれぐれもご注意くださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする