コードバン 使い始めは?手入れ方法は?濡れたら?

kodoban
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ


馬の臀部(お尻)から取れるコードバンは、取れる大きさが小さく非常に貴重で、「革のダイヤモンド」とも呼ばれ、最高級素材としても有名です。

艶やかな光沢は、こまめなケアと常に油を切らさないことです。

日頃どんなお手入れをしていけばいいのか、紹介します

コードバン 使い始めは?

新品のコードバン製品を使い始める前に、やっておきたいことがあります。

コードバン専用のオイルワックスを少量ずつ、くるくると回すように、全体に薄く塗っていきます。

特に折り曲げ部分などは油が抜けやすく、乾燥しやすいので丁寧に塗っておきましょう。

塗るとロウの成分で表面がコーティングされて、撥水効果が高まります。その後、布で磨きます。

光沢感を出したい場合、ワックスをわずかに残すように磨き、マットな感じにしたいなら、完全に拭き取ります。

拭き取ってワックスが無くなったように見えても、油分は中まで浸透しているので大丈夫です。元々革自体に油分が含まれているので、表面に膜を作るような感覚で行います。

何を使ってお手入れしたらいいの?

使い始めはもちろん、日頃から定期的にケアすることで、コードバン製品の独特な光沢感やエイジングを楽しめます。

すべてはその使い方やお手入れのマメさ、手腕にかかっています。

そのためにも、お手入れセットは用意しておきましょう。

コードヴァンの靴・ベルト・お財布など、初めてのお手入れにあると便利な4点セット>>>コードバン★ファーストケアセット

セットになっているのは、下記の4点です。

【1】仕上げ磨き用のシリコンクロス・・・綿100%の軟らかなネル生地使用

【2】磨き用のホースケアブラシ・・・毛足が長く柔らかい馬毛を使用

【3】デリケートレザー用のソフトクリーナー・・・防カビ配合の革に優しい弱酸性

【4】クリーム・・・固形油分の少ないクリーム

ちなみに、コードバンに使うブラシは、豚毛などの硬いブラシでのブラッシングは、表面加工の仕上げを傷めてしまう恐れがあります。

セットになっているブラシは柔らかい馬毛ですが、ホコリ落とし用のブラシも、同じように柔らかい馬毛がおすすめです。

コードバン 手入れ方法は?

革がカサついてきたかな?と思ったら、専用ワックスで補給しておきましょう。

カサついたまま放置すると、油分が抜けてしまって、繊維が切れて革が割れやすくなっている状態に拍車がかかってしまいます。

毎月1度は専用ワックスでコーティングするケアを行い、3カ月程度に1度は本格的なメンテナンスをするようにしましょう。

やり方は先ほど書いた「使い始め」と同じですが、本格的メンテは内側までケアします。

財布などであれば、ポケットの内側まで革の部分にはワックスを塗るようにします。

ただしコードバンでは無く、部分的に牛革などを使っている場合は、レザーオイルワックスを利用して下さい。

長期間保存する場合は?

ワックスを全体に少量塗って、布で磨きます。

それが乾いたら、通気性のある不織布等で包んで収納しますが、直射日光に当たらないこと、湿気の少ない場所に保存するようにして下さい。

コードバン 濡れたら?

コードバンは水にとても弱いので、取扱いには非常に注意が必要です。

水に濡れると内部まで浸み込みやすく、水ぶくれのような状態になってしまいます。

雨に濡れた直後であれば、すぐに拭き取り乾拭きすること。

すでに時間が経過しているなら、水で濡らした布で表面を湿らせて(濡らしすぎないよう注意)、全体的にふやかし、両手でギューっとプレスしたり、本に挟むなどして形を均一にします。(財布などに適しています)

しばらくしたら、自然乾燥させ多めにワックスを塗ります。

ひとくちメモ

コードバンを使った製品は、ワックスを塗る際はコードバン専用のものを使う事が大切です。

またまんべんなく塗らないと、ツヤに差が出てしまうので、気を付けましょう。

油分を補給して磨くことで輝きが増し、エイジングもさらに磨きがかかります。美しい光沢を自身の手で作っていってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする