高反発マットレスの口コミ評価!寝心地アップする人気布団3選

taisou_mat


枕が合わないだけで、首や肩が痛くなりますが、

同じように、マットレスや敷布団1枚で、眠りの質は確実に変わります。

それくらい寝具って重要なものだからこそ、しっかり選んで使いたいですよね。

自分自身、寝具を変えてから、体のアチコチの痛みが消えて、ぐっすり眠れるようになったんです。

恐るべし、寝具、、、

今回は高反発マットレスの口コミ評価とともに、人気の布団を紹介します。マットレス選びの参考にして下さいね。

高反発マットレスの口コミ!人気布団3選を紹介

マットレスは何がいいか?色々悩んでしまう、、、

高反発マットレスが良いことは分かったけど、でもホントにいいのかな、、、

実際に使ったらどんな感じなんだろう?

買うまえって、色々悩んでしまいますよね。

でもその方がいいんですよ~。

だって安易に値段だけで決めてしまったり、有名ブランドだから、○○が使っているから、だけの理由で選んでも、自分に合うかは別問題です。

そもそも高反発マットレスは、その硬さから寝返りが打ちやすく、腰に掛かる負担を軽減できるなど、全身をバランスよく支えてくれる布団でもあります。

エイプマンパッドの高反発マットレス

1つ目のオススメ。高反発マットレスが、エイプマンパッドです。

見た目、ふつうの高反発マットレスのように感じますが、この商品のスゴイところは、第三者機関の試験で、性能と安全性を裏付ける検査を「定期的」に行っていること。

高反発マットレスに欠かせない、密度・硬さ・耐久性・ホルムアルデヒドの試験の結果、どれも高い評価を得てるんですよ。

これは品質に関して、問題ナシのお墨付きをもらったようなもの。買う時の安心材料にもなりますよね。

ちなみに検査の結果は「品質試報告書」として開示されていて、説明も分かりやすく解説してくれています。

その中でも、おおぉスゴイ!というのが、「繰返し圧縮残留ひずみ試験」というもの。

これは何か?というと、

試験体(この場合はエイプマンパッドの高反発マットレス)を80000回圧縮したら、どのくらい変形してしまうのか?をテストしたもので。。。

試験結果、およそ5年使っても2%しか変形しない計算になるそうです。

耐久性も抜群ってことですね。

またこのマットレスの密度が「30D」という試験結果になっていますが、これだけの密度があれば、一晩寝ていても沈み込んでしまうことがありません。

口コミの中にもこんな印象的なレビューがありました。

↓↓↓

マットが体を下から持ち上げてくれているような感覚

これは耐久性もありますが、マットレスの密度も高いため支える力が強く、底つき感を感じないためですね。

この高反発マットレスは、厚さが4種類あります。センチ展開は下記です

↓↓↓

厚さは全部で4種類/密度30D

◆10センチ

◆9センチ

◆7センチ

◆5センチ

気になる口コミを下記にまとめました。参考にどうぞ。

↓↓↓

口コミをチェック!

◆寝心地は硬いスノコの上に敷布団を敷いた状態の硬さに似ている。腰が沈まず、身体に変な負担がかかっていない感じ。厚み10cmなので、底つき感はなく骨が当たって痛いこともない

◆寝心地や睡眠の質がよくなり、睡眠不足、肩こり、頭痛、腰痛等も3日目くらいから改善された

◆初めの2日は慣れず、違和感があった。マットレス1つで睡眠がこんなに変わるとは、、、

◆長年腰痛に悩んでいたが、寝起きの腰痛が無くなった。

◆ここ数年、腰痛に悩んでいて現在も病院で治療中。使ったら痛みがかなり軽減されていて驚いた。マットレスひとつで、こんなにも違うものなのか

◆腰の痛みで悩んでいたが使い始めて腰痛がかなり良くなった!10cmの厚みで底付き感もなく、安定している

このマットレスは折り畳めるので、畳やフローリングに直敷きする人、ベッドに使う人両タイプに利用可能です。

マニフレックスの高反発マットレス

2つ目のオススメが、マニフレックスです。

先ほどの「エイプマンパッド」のマットレスより、ちょっと値段が高くなりますが、こちらも高性能マットレスなんです。

おおーーコレはすごい!

・・・と感じたのが、お相撲さんの「嘉風関」がこのマニフレックスで寝ているところなんです。

嘉風関も実際に利用しているそうですが、体重は約150キロ!

その彼が横たわっても、マットレスが沈み込んだ感が全くありません

それだけ支える力が強いということですよね。

マニフレックスの基本性能と、特徴をまとめたのがコチラ

↓↓↓

◆厚み:11センチ

◆密度:31D

◆長期保証10年

◆硬さ(反発力):170N

◆繊維素材が人体・自然に無害で低アレルギー

マニフレックスのウレタンフォームは、独自の構造になっています。

外部の空気を取り込んで、内部の空気を押し出す「循環タイプ」。ムレにくく、夏は涼しく冬は温かいのが特徴です。

マニフレックス利用者の口コミをまとめたので、参考にどうぞ!

↓↓↓

口コミをチェック!

◆姿勢を保つ適度な沈みはあるが、1か月経過し腰痛から解放されて毎日快適

◆1週間ほどで体も慣れて、仰向けやうつ伏せでも腰痛はほぼない。寝るのが怖くなくなった

◆腰痛と朝起きた時の背中全体の疲れがなくなった

◆寝心地は硬くも柔らかくもなく、沈み混まずしっかりしています。寝るのが楽しみになった

◆寝心地は沈み込み過ぎず、適度な固さがとても良い。折り畳めるので移動も簡単

◆長く寝ると腰が痛いと言ってい夫がコレを使ってから、痛いと感じず良く眠れる

◆固めだと思ってたら、一度沈んで上がる感じ

◆起きた時に腰が重かったが、マットレスを変えたら朝から気分よく目が覚める

レビュー評価の多い高反発マットレス

最後3つ目のオススメは、もっと手頃な価格で、評価高めのマットレスです。

3つ折りなので、畳めて収納もかんたん。湿気も飛ばしやすいメリットがあります。

↓↓↓

基本性能と、特徴をまとめました

↓↓↓

◆密度:30D

◆厚さ:10センチ

◆硬さ:220N

◆サイズ展開:シングル・セミダブル・ダブル

密度があるので、長時間寝ていても、ヘタリにくいメリットがあります。

口コミをまとめました。参考にどうぞ!

↓↓↓

口コミをチェック!

◆横になって寝てみると、程よい沈み込みで良い感じだった

◆体が沈まないので、腰の負担も軽くなった気がする

◆長時間寝ても体が痛くならない。寝ている間に繋ぎ目の間が開いてヘコむ

◆踏むと柔らかく沈み込むが、横になると押し返される感じで心地いい

◆高反発は硬くて寝にくいイメージですが、布団を敷いて利用しているがとても良い感じ

さいごに・・・

寝ている布団がヘタったり合わないと、腰や肩が痛んで熟睡どころではありませんよね、、、

私は特に、腰と肩からの連鎖であばら骨まで痛みが広がって、本当につらかったです。

高反発マットレスのいい点は、(キチンとした品質であれば)長時間寝ても体が沈みこまないこと。

マットレスの密度が「みっしり」しているので、するっと寝返りが打ちやすく、ガタイのいい人が寝ても、底つき感なく眠れることです。

横向き寝が多い人も、高反発の方が眠りやすいと思いますよ!

ぜひ自分に合ったマットレスで、質のいい睡眠をとって下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする