香水を選ぶ時のコツは?付け方とは?残りの活用法は?

kosui1
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

香水は付けてみたいけど、どう使っていいのか分からないので、なかなか手が出せない。。。
という人も多いのではないでしょうか?

暮らしの中に香りを加えた生活は、自分に自信を持たせてくれたり、気分をグッと上げてくれる重要なアイテムになります。

色々試して、自分の香りを見つけるのは楽しいですよ!

スポンサーリンク

香水を選ぶ時のコツは?

自分に合った香水を選ぼうと色々な香りを嗅いでいると、鼻が麻痺してしまい、もうどれがドレだったか分からなくなってしまう事、ありますよね。

疲れた鼻で選んで失敗しない為に、オススメの方法があるので試してみて下さい。

まずは気に入った香水を試香紙(短冊にカットした紙)に吹きかけます。

次に口を閉じて、鼻から試香紙を少し離して、鼻から空気をふーっと吹きかけると、自然に香りがふわぁーっとしてきます。

この方法だと、ダイレクトに香りを吸い込まずに済むので、複数香りを嗅ぐときにいいんです。

ポイントは深く吸い込まないことです。

ただ、どうしても鼻が徐々に麻痺してしまいます。

そんな時は、外に出て新しい空気を吸ったり、時間を置いてから再度試した方がベストです。

もうひとつが、右の鼻で香りを嗅ぐこと。

こうすると、イメージや直感、好き嫌いを判別しやすいので、ぜひ試してみて下さいね。

香水の付け方とは?

意外と分からないのが、香水を付ける「場所」ではないでしょうか?

お気に入りの香りをキレイに香らせるために、どこにつけるのかベストなのでしょうか?

checkaka 付ける場所は?

基本の考え方は、太陽光が当たらず、体温の高い所です。

スポンサーリンク
  • お腹
  • 太もも
  • ひざ裏(ひざが隠れる長さのスカートをはくならOKです)

香料には日光によるアレルギー反応を起こすものや、シミになる場合もあります。

手首や首は位置的に、太陽光を受けやすいですし、香りは下から上に上がるので、鼻から近い場所に付けない方が、ほのかに香るのでおすすめです。

checkaka 付け方は?

20-30センチほど、肌から離してスプレーします。

こうすることで、一か所に集中的に固まって付かず、香りを肌に乗せることができます。

また香水を付けた後こするのはNGです。香りの粒子が壊れてしまいます。

スプレーしたら、そのままの状態でアルコールを蒸発させるのが、一番きれいに香ります。

香水の残りの活用法は?

いい状態で使いきる為にも、開封したら1年以内には使いきるのがオススメですが、中には残ってしまう事もありますよね。

使わないから捨てる、、、とその前に、その香水を再利用してあげるのはどうでしょうか?

それでもダメなら、処分となりますが、せっかくの香水なので廃棄する前に、生活の中に香りを加えてみましょう!

ルームフレグランスとして、香水をアロマポットに垂らして使ったり、コットンに香水を含ませて、クローゼットや下駄箱に入れておくと、扉を開ける度に、お気に入りの香りが迎えてくれます。

また、トイレットペーパーの芯の部分に、シュッと吹きかける方法もあります。

トイレの場合は狭い空間なので、強すぎるのはお勧めできません。少量で十分です♪

ひとくちメモ

自分の好きな香りを探すのは楽しくもあり、意外と時間がかかるものです。

ぜひ、色んな香りを試しながら、お気に入りの香りを見つけて下さいね

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする