首の小さなイボを取りたい!首いぼ撃退エクササイズとマッサージ!

kubi
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

首に小さなポツポツしたイボ、出てきてませんか?!

数が増えると目立つし、手で触れるとザラつくし、見た目もなぁ~・・・と、気になってきたら首ケアを始めるベストタイミング。

適切なお手入れを続ければ、イボの成長を抑えたり、自然に小さくなったり、ポロっと取れたりします。

さぁ!今日から首イボのケア始めませんか?

スポンサーリンク

首イボを取る方法

首イボを取るなら、方法は2つあります。

1つは皮膚科や美容外科での治療で、医師に丸ごとお任せするタイプ。

2つ目は自力でケアしながら、時間をかけて徐々に取っていく方法です。アナタは他力派?地力派、どちらですか?

皮膚科・美容外科で取る

治療方法はイボの大きさに合わせて、炭酸ガスレーザーや液体窒素などを照射しながら、1つ1つイボを治療していきます。

たいていの場合、麻酔用のクリームを塗るなどして痛くないよう事前処置しますが、一瞬とはいえ、皮膚の薄い首にレーザーを受けるのはちょっと気が重い、という人も多いかも・・・。

一時的に跡が残りますが、皮膚は代謝するので徐々に薄くなっていきます。

ただし、加齢と共に肌のターンオーバーは長くなるため、跡が消えるにはちょっと時間がかかるかもしれません。

治療前に医師に確認しておくと安心ですよ。

自力で取る

もう1つの方法が、自力で首ケアする方法です。

強制的にレーザー等で取る方法と違って、速効性はありませんが、適切な方法で地道に毎日ケアを続けていると、イボが出来にくくなったり、ポロっと取れたり、イボが小さくなるなど、少しずつ変化し始めます。

ポロっと取れると、「よっしゃーー!!」とガッツポーズしたくなる位、うれしいですが、これは毎日の地道なお手入れあってこそ!の「ポロリ」。

なので、毎日首のお手入れを続けることが大切です。

イボは老化によるもの?

首いぼの正体、それは老化・加齢による肌変化が大きな要因を占めます。

加齢により肌のターンオーバーが乱れるようになると(新陳代謝の期間が長くなります!)、イボが出来やすくなります。

何歳から首イボが出始めるの?

早ければ20代から、多くは30代半ばから後半にかけて、ポツポツとした小さなツブツブが出始めます。

40~50代になると数が増えたり、大きさもポツポツした小さなものから、ちょっと大きなものまで混在し始めます。

最初はわずかに突起した感じだったものが、徐々にその突起が大きく、薄茶色になってくるので、見ればスグに分かります。

ただし、中にはウイルスで人に感染したり、皮膚がんなどのイボやホクロがあるので、気になるイボがあれば、皮膚科での受診をお忘れなく!

首イボは止められない?

老化は誰にでも必ず訪れるもの。

でも毎日のお手入れを続けていると、そのスピードは何もしない場合と比べて、とてもゆるやかに進んでいきます。

薄着になる季節や、水着、浴衣、Tシャツ、タンクトップなど首回りを出すファッションは、イボが増えてくると目立ちます。

気になり始めたら、首イボ対策を始めてくださいね!自力で取る方法はこの後、詳しく紹介します。

首エクササイズでイボ退治

首イボ対策で始めたいのが、首のエクササイズです。

イボと運動って全然関係ないんじゃ?!と思ってませんか?実はそうじゃないんです。

では、ちょっとココで質問。

成人の「頭の重さ」って、平均でどれくらいあると思いますか???

・・・・

・・・・

・・・・

なんと、およそ5キロ!

その5キロを(当然ですが)休みなく首が支えてますよね。

首が重い頭から解放されるのは、寝ている時しかありません!だから首や肩がこったり、血流やリンパの流れが滞りやすくなります。

滞ると、どうなると思いますか?

血流やリンパを通して運ばれるはずの、不要な老廃物や栄養が正常に流れにくくなってしまうんです。

もちろん首の周りに溜まった老廃物全てが、首イボに繋がるわけではありません。でも首にとって、いい状態じゃ無いことは確かですよね。

それを首エクササイズで、血流等をスムーズにするキッカケにします。

もちろん運動といっても単純な動き。ちょっとしたスキマ時間にいつでもできます!

スポンサーリンク
  • 首を左右に動かす
  • 前後に動かす
  • 首をぐるっと左右に回す
  • 首筋を伸ばしてコリをほぐす

エクササイズのポイントは、たった2つ。

ゆっくり動かすこと。

しっかり伸ばしきること。

いつでもどこでも出来るので、気が付いたらその都度サクっと、首エクササイズして下さいね!

首のスキンケアとマッサージ方法

加齢による肌のターンオーバーの乱れが、首イボの原因の1つですが、それに加えて肌の乾燥も大きく関わっています。

そこで首イボ対策にプラスしたいのが、首のスキンケアと同時に行うマッサージです。

顔のお手入れはするけど、首はほとんどしない、という人も多いんじゃないでしょうか?!

実は首って、顔の数倍の速さで老化するとも言われているんです。

その理由が、お手入れの有無。

とある女性の首ケアから分かる事

知り合いの50歳くらいの女性の首には、シワがほとんど見当たりません。

そのワケは顔にスキンケアするように、首も毎日丁寧に保湿して、顔と同じようにケアをしてるから。

首には複数個小さな首イボがありましたが、お手入れしてる内に小さくなったり、無くなったり、また別のところから出てくるが繰り返されているそうです。

ただ明らかに同年代の女性に比べて、圧倒的にイボの数が少なく、大きさも小さいものばかり。

しかもシワが無い…。お手入れ恐るべし!

お手入れ次第で、首は変わる!

先ほどの女性の例でも分かるように、首はお手入れで次第で差が出るのは確か。

キチンとケアすれば、首イボをコントロールすることも十分可能そうです。

顔にスキンケアするのが当たり前なように、首にお手入れするのも慣れてしまえば流れ作業のようなもの。

だから全く面倒じゃなくなるんです。

マッサージ方法

マッサージするタイミングは、お風呂上がりの皮膚がやわらかくなった時が血流も良く、保湿剤も浸透しやすいチャンスタイム。

ここを狙って、首のスキンケアをしましょう!

塗るときはマッサージも兼ねるので、ザッと首全体にクリームを塗ったら、アゴ下からデコルテ(鎖骨)辺りまで、指先の腹部分で上から下に優しくなで下ろすように、首全体にマッサージしていきます。

ポイントは力加減です。

首の皮膚は薄いので、マッサージする時は力を入れず上から下に「老廃物を流す」ような気持ちで、ゆっくり、優しく「なでる」程度の力加減で行って下さい。

保湿剤の量が少ないと、手の圧で首の皮膚が引っ張られてしまいます。これだと皮膚刺激が強すぎるので、必要量を調節して下さいね。

このマッサージをすることで、首回りにあるリンパに老廃物が流れやすくなり、首イボにもプラスの効果が期待できるんです!(経験済)

この時につかう保湿剤ですが、首イボに有効な2大成分が配合されたジェルがおすすめ>>>首のポツポツケア用ジェル

普段のスキンケアとして使ってもOKのジェルなんですが、、、個人的オススメは、首や顔にできたイボ専用として使う方法です。

そのワケは、イボの「ポツポツ」に働きかける成分が配合されてるので、せっかくならピンポイントで最大限に活用したいから。

もちろん、オールインワンジェルなので、これ1つで化粧水や乳液、美容液など何役も兼ねてくれます。

今まで顔のスキンケアはしてたけど、首は「ノーマークだった」なら、これを機に首ケアを本格的に始めましょう!

顔へのスキンケアと一緒に、首ケアもすれば、思ったほど面倒じゃありません。

まずは3カ月から半年くらい、じっくり首のエクササイズと、スキンケアしながらのマッサージを続けてみて下さいね。

さいごに

首って、実はとても重要な役割を日々こなしているバーツです。

頭と体をつないでいる首は、気管、食道、動脈、脊髄、神経など、生きるための重要な気管がこの細い首に集中しています。

そんな重要なパーツだからこそ、丁寧にやさしく取扱って首イボを撃退してしまいましょう!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする