クエン酸水の作り方は?1日何回飲むのがオススメ?いつ飲む?

kuensan
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ


知る人ぞ知る、クエン酸の効果。

摂取することで、体にとって優れた働きをすると、本や雑誌でも紹介されていますが、実際にどうなのか?人によって飲む量や効果の出方は違います。

今回は実際に毎日飲んでいる、自分の飲み方を紹介します。

スポンサーリンク

クエン酸水の作り方は?

クエン酸水、作り方はいたってカンタンです!

1リットルのペットボトルに、計量スプーンすり切り3杯(15グラム)を入れて完成です。

自分で飲む時は、体が吸収しやすいようミネラルウォーターを利用したり、水道水でも飲んでいます。今のところ、どっちで飲んでも別に問題ないようです。

上記のレシピは酸味系や酸っぱいものが大好きなので、クエン酸をちょっと多めに使っています。

酸っぱいのが苦手な人は、計量スプーンすり切り1杯(5グラム)くらいで試してみるといいですよ。

酸味を感じなければ効果が無いという訳ではないですし、自分が分からなくても、体の中に入れば、必要な仕事をクエン酸はしてくれます。

計量スプーンすり切り1~3杯(5~15グラム)を目安に量を調節して、自分のベストバランスを見つけて下さいね。

クエン酸の選び方

クエン酸水づくりに必要な、クエン酸は何を買おうか色々あって迷いませんか?

というのも、クエン酸の値段は幅があるんです。

安くても食用のものも色々あります。

お掃除用であれば最安値のものでも構いませんが、体に摂取するものなので、安心と安全を考えて選ぶのがオススメ。

毎日飲むものだし、当然体に作用するものなので、自然の物が一番安心できます。

これは、鹿児島県産のさつまいもを原料に作られたクエン酸>>>国産 クエン酸(食用)1kg

クエン酸は1日何回飲むのががオススメ?

良く言われているのが、1日6回です。

  • 朝食
  • 昼食
  • 夕食の後かその最中
  • 寝る前に1回
  • 食間に2回

1回で全て飲み干すのではなく、時間をバラバラにして、ちょくちょく飲む。これがポイントです。

食後にガブ飲みすれば、胃液が薄まって消化に負担が掛かります。適量を時間をかけて飲むことで、クエン酸の効果を最大限に発揮させることができます。

なぜ何回も飲む方がいいのでしょうか?

その理由は、クエン酸が体内に入って吸収されていく過程に関係しています。詳しいことは次項の【クエン酸はいつ飲むのがいい?】に紹介しています。

クエン酸はいつ飲むのがいい?

一説によると、3時間ごとに飲むのがベストだそうです。

その理由は、体内に入ったクエン酸の効果は、2時間後にピークになって4時間ほどで無くなることから換算されています。

一度にたくさん飲めば1日効果が持続するわけではなく、回数を分けて飲んで効果が切れる頃にまた飲む、というサイクルの方が体にとって良い状態をキープできるようです。

ただし、自分でそれを体感できるかというと難しいですし、分けて飲んだ方が摂取しやすいので、必然的にそういった飲み方になって来ると思います。

そして大事なのが、飲みたくないなと思ったら無理に飲まないことです。体が「イラナイ」と言っている時は、自分の直感に素直に従ってくださいね。

外出時のクエン酸水摂取のアイデア

学校や仕事など、外出中は上記のように定期的に1日何回も飲むのは難しい場合がありますよね。

そんな時にオススメなのが、ペットボトルにクエン酸水を作っておき、合間に飲む方法です。

または必要量のクエン酸を小分けして携帯しておき、外出先で水を買った時にそのクエン酸を加え、出先で作って飲む方法もあります。

1日6回効率よく飲みたい人は、工夫しながら飲むようにしましょう。

今は朝、昼、晩と寝る1時間前に飲むようにしていますが、もちろん忘れるときもあります。そんな時はそのままスルーして、特に無理に飲んだりしていません。

薬では無いので、帳尻を合わせる必要も無いし、次の日また新たに飲んだらいいだけです。

気負わず、気軽に飲んで、体の調子を整えていく・・・そんなスタンスで飲むと長く続きます。

夏は酸味が美味しく感じられますが、冬時期は水の飲み過ぎは冷えるので、ゴクゴクより、ちびちび飲んだ方が腎臓にも負担が掛かりませんよ。

ひとくちメモ

最近はなかなか飲む時間が取れず、1日1回食後だけになることもあります。

ある日、飲んで30分ほど経った時、重かった肩がちょっとラクになっていた時がありました。小さな体感でしたが、何となく体に浸透しているのかな?という気分になりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする