靴擦れ足の甲の腫れ対策は?靴擦れで水ぶくれになったら?

kutuzurekou
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

靴擦れによる足のトラブル、痛いまま放置してませんか?

治りが遅れたり、1歩すら歩くのがツラクなったり、スレたり腫れれば、軽傷では済まなくなってしまいます。

事前の予防と早目の手当が要です、ダブルの対策で靴擦れを乗り切りましょう!

スポンサーリンク

靴擦れ足の甲の腫れ対策

足の甲がすれたり、腫れる原因で一番大きいのが、足のサイズや形が靴に合わない事です。靴を買う時、足の大きさは重要視しても、意外と忘れるのが甲の高さ

これが後で、トラブルの元になります。

日本人の足は甲が高い、いわゆる「甲高」で幅広の人が多いため、甲が腫れるトラブルが多いんです。

足のサイズはピッタリ!なのに履くといつの間にか甲の部分が当たってしまい、赤く腫れると歩くのは想像以上に痛いです。

甲の靴擦れはパンプスでも、運動靴でも起こります。

対応策を順に見ていきましょう!

対策:運動靴

新しい運動靴の場合、特にに起こりやすく、履きなれると徐々に軽減していく事が多いです。

新品の靴は、下記の方法を試してみましょう。

  • ヒモを調節して甲に当たる痛みを減らす
  • 靴下を2枚履き
  • 厚地の靴下で甲に当たらないようにする
  • クッション性のある絆創膏を貼っておく
  • 甲にセロハンテープを貼る(応急措置)
  • 素足で履かない

特に素足で履くと、クツの内側と肌が直接当たってスレやすいです。また足の甲だけじゃなく、全体が擦れて痛みの被害が拡大しやすいので要注意です。

対策:パンプス・サンダル・ミュール等

甲に当たって腫れがひどくなりやすいのが、パンプス類の靴です。

事前にできること、緊急事態に備えておくことも忘れないようにしましょう!

  • ストッキングを履く
  • カバーソックスを履く
  • パンプス内側 甲が当たる所に石鹸を塗り滑りをよくする
  • クッション性のある絆創膏を貼る
  • 甲が当たる所に絆創膏を貼る
  • 素足ではかない

パンプス類は素足で履くと、早々に痛みが出やすいです。ストッキングやカバーソックスをはいて、クツと足が摩擦を起こさないようにしましょう。

また午後になると足がむくみやすいので、要注意です。

トラブル時の経験談から

新しく買った紐靴の甲が腫れて、足を引きずりながら帰ったことがありました。

その後何回か履いている内に甲の痛みは無くなりましたが、その時応急処置で試したのがセロテープでした。

(一時的な応急措置ですが)赤く傷んだ所に貼って滑りを良くしたり、重ねて貼り付けることで直当たりしなくなり、多少マシになったことがあります。

(足の甲は1度痛めてしまうと、応急処置しても当たれば痛みが出ます)

セロテープを剥がす時、そのまま剥がすと甲に当たった所が傷むので、入浴時等で濡らして取ると取りやすいですよ。

外出する時は、イザという時のために「マイ応急措置キット」をバッグに入れておく事をオススメします。

靴擦れで水ぶくれになったら?

ガマンして靴を履いてたら、水ぶくれになっちゃった!さぁ、あなたならどうしますか?

スポンサーリンク
  1. ツブす?
  2. 放置する?

実は「放置する」が正解です。水ぶくれはつぶさない方がいいんです。

そのまま放置していると、徐々に水ぶくれがしぼんでいくので心配しないでください。

それに不思議なことに、放置した方が治りが早いんです。

昔は消毒したり、つぶすのが一般的でしたが、湿潤治療(傷を消毒しない、乾燥させない)の方が傷の治りが早く、跡が残らない方法に変わってきました。

少しでも早く治す方法

水ぶくれができている間は、靴擦れする靴は履かないようにしたり、患部を保護して潤いを保ってくれる絆創膏を貼っておくと安心です。

例えばこんな絆創膏ですね>>>甲に貼れる大きめサイズ

一般的な「貼るだけ」の絆創膏でもOKですが、地薄なので痛みを感じやすいんです。

この絆創膏はちょっと特殊で、痛みを和らげたり、治りを早めたり、キレイに治るといった、「お医者さんみたいな絆創膏」。

地厚でクッション性がある分、痛みをダイレクトに感じないので、歩いていてもラクです。

バッグにイン!ストックしておくと、イザという時本当に役立ちます。

水ぶくれ後の意外な後遺症とは?

靴擦れで同じ場所を痛めていると、その部分だけ黒ずんでしまうことがあります。

肌が摩擦すると、シミの代名詞、メラニンが作られ黒くなってしまうからです。

顔のシミと同じように、足も摩擦で黒くなります。

もちろん新陳代謝すれば徐々に薄くなってきますが、靴を履く度に足の甲は何かしら摩擦を繰り返していますよね?

そう、ちょっと治りにくいんです。

パッと見だと、甲が黒いまんま残っているように感じます。

私は以前その状態になってしまい、両足が黒ずんでしまいました。見た目もすごく目立ちます。

どうやって治した?

この黒ずみを治すためにしたことは、たった1つ。

靴が擦れて当たらないよう、先ほど紹介した絆創膏を貼り続けたんです。

予想以上に時間がかかって、途中で諦めそうになりましたが、2ヶ月半ほどかかって、ようやく黒ずみが無くなり、本来の肌色に戻りました。

毎日靴を履いていると、靴擦れしなくても、同じ箇所が多少なりとも擦れています。だから何もしなければ黒ずみは消えるどころか、ずっと残っていたかもしれません。

靴擦れはしないのが一番。

でも靴を履く限り避けられませんよね。それなら「擦れ」を最小限にできるよう、足をいたわってあげたいですね。

ひとくちメモ

靴擦れや甲の痛みは、軽ければ数日で痛みが引きますが、重症だと時間がかかってしまいます。

痛みを感じたら、できるだけ早く患部が靴と当たらないよう、手当てしてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする