靴擦れの予防法は?

kutuzureyobo
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

パンプスやサンダル、ミュールなどを履くと、悩まされるのが靴擦れです。

放置していると、最後は痛くて歩けなくなってしまいます。

そうなる前に、まずはできることを確実にやり、準備しておきましょう!

スポンサーリンク

靴擦れの予防法は?

外出先で靴擦れしてしまうと、歩くこと自体が辛くなってしまいますよね。

新しい靴を履く時、お気に入りの靴だけど靴擦れしやすい靴は、念入りに準備して出掛けるようにしましょう!

では、どんな準備をしたらいいのでしょうか?次から見ていきましょう。

塗って予防する

まずは、靴の内側の滑りを良くしておきましょう。

靴を履くと当たる(すれる)部分に、石鹸やロウを塗っておきます。こうすると滑りがよくなり、靴擦れを減らせることがあります。

1日履くと塗った所が取れてしまうので、その都度塗り直すのもポイントです。ちなみに石鹸は使用中のものでは無く、未使用の石鹸の方が硬いためしっかり塗れますよ。

特に塗っておきたいのが、下記の3か所です。

  • かかと
  • 足の甲が当たる部分
  • 靴を履いて、足が当たって赤くなる箇所

塗り方のコツ

靴の内側に石鹸を塗る時、ちょっとしたコツがあります。

そのまま塗ろうとすると、大き過ぎて細かいところまで塗りにくいんです。

包丁などで半分にカットしたり、使いやすい大きさに切っておくと、細かいところまで塗りやすくなりますよ。(硬いので注意して下さいね)

足に合った靴を選ぶ

靴擦れの大きな原因の1つでもある、サイズ問題。

既成品の靴に自分の足を合せるので、少なからずトラブルが起きてしまいます。

靴のデザインは大切ですが、デザインだけで靴選びをしてしまうと、靴擦れの原因になります。

大き目のサイズを選べば、靴擦れしないかもしれませんが、靴が脱げやすくなり、足にムダな力が入り歩きにくくなったり、不自然な歩き方になってしまいます。

姿勢が悪くなったり、猫背になったり、余計足に負担がかかるなど、思わぬところで余波がでるので、足にフィットした靴を買うようにしましょう!

実際に履いてみる

靴選びの失敗を減らす方法の1つが、実際に履いてみることです。

試し履きした時は、5分位履いた状態で立ったり、その辺を歩いて、足へのフィット感や、当たる所はないか、細かな所までチェックしてみましょう。

時間で履き心地が変わる

靴選びする時間帯によって、はき心地も変ります。

例えば夕方以降だと、足がむくんでいる可能性が高いです。そのため足が一番マックスの大きさの時のサイズに合せて買う事ができます。

反対に午前中に選んで買った靴は夕方になると、ちょっとキツく感じるかもしれません。

わずかな感覚の差ではありますが、その時の足の状態によって、「ピッタリ」と感じるサイズが違います。

まずは、妥協せずに自分に合うサイズを探すこと。そして履き心地のいいブランドや、メーカーを見つけておくと、とても重宝しますよ。

買った靴がゆるかった場合、中敷きを追加購入して微調整させる方法もあります。

デパートの靴売り場などや、シューフィッターさんのいる靴屋さんで相談してみるのもオススメです。

替え靴を持参しておく

靴づれするのは分かっていても、どうしても「この靴じゃなきゃダメ!」という場合もありますよね。

スポンサーリンク

就活や旅行、外回り、学校行事などなど、避けられないことも時にはあるもの。

そんな時は、ヒール外出時の足休め的な「携帯シューズ」があると本当に便利ですよ。

わざわざもう1足靴を持つなんて、ジャマ!

・・・と思うかもしれませんが、本当に足が痛い時、応急処置的に履きかえる靴があると、足がどれだけ生きかえることか、、、

ここぞ!という時はお気に入りの靴を履き、それ以外の移動時にラクな靴を履くと、靴擦れも最小限に抑えられます。

もちろん「かさばる靴」を持ち歩くのは、現実的に無理があります。

ですが、折り畳めて付属のポーチに入るコンパクトさなので、気軽に「バッグにIN」ジャマにならないんです>>>レディース折りたたみ携帯パンプス

痛い靴を履く時間を減らせば、足の負担も減って、靴擦れも減ります。

痛い足を引きずりながら自宅まで帰るのは、本当に辛いもの。デザインも豊富で、見てるだけでも楽しくなってきますよ。

ストッキングを履く

素足でパンプスやサンダル履きは、靴づれを起こしやすいので要注意です。

温かい季節になると、素足にパンプスを履く人が増えますが、靴内で足が動く際、摩擦が起こり足が傷む原因になります。

ストッキングは蒸れたり、窮屈に感じますが、足と靴の摩擦を解消するのに無くてはならない存在です。

対策としては、、、

  • カバーソックスを利用する
  • がんばってストッキングをはく
  • ヒザ下ストッキングを利用する
  • ガーターストッキングをはく

最近では蒸れないストッキングも増えて、あっ!と驚くような斬新な商品も発売されています。

靴擦れ防止のためにも、素足よりワンクッション加える方法を取り入れてみて下さいね。

応急措置グッズの常備

足が痛くなる前提で、靴擦れ防止グッズは常に携帯しておきましょう!あるだけで、何かあった時、心強いですよ。

  • 絆創膏とワセリン(靴擦れしたらワセリン塗って絆創膏で応急処置)
  • キズパワーパット靴擦れ用(傷みをしっかりホールド)
  • 靴擦れ防止パッド(靴のかかとに貼り付け)

コンビニやスーパーが、いつも近くにあるとは限りません。

バンドエイド程度ならジャマにならないので、カバンに常備しておきましょう!

ひとくちメモ

以前合わない靴をガマンして1日履いたら、両足のかかとがヒドイ靴擦れになり、小指の爪が真っ黒になってしまいました。

最寄駅から自宅まで、足を引きずるようにして帰り、その黒くなった爪は今では元に戻りましたが、ナント1年以上!黒い爪しか生えてきませんでした。

原因は長時間の靴内の圧迫のようでしたが、見た目がグロいので、人目に触れないよう、サンダルやミュールを封印しました。

これを読んでいるアナタには、そうなって欲しくありません。

ぜひ靴選びはじっくりと、靴擦れ予防はバッチリ準備して下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする