レザージャケットの着始めにすることは?雨の日で濡れたら?保管方法は?

letherjacket
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ


レザージャケットは外で着る分、汚れが付きやすいですが、普段のお手入れ次第でいい状態を保ちやすくなります。

型崩れさせず、いい革の状態で長く着るためにも、日頃のメンテナンスをしっかりしておくクセをつけたいですね!

レザージャケットの着始めにすることは?

買って間もないレザージャケットは、よちよち歩きの赤ちゃんのようなもの。

自分仕様に経年変化していくエイジングのためにも、着る前のお手入れはとても大切な工程です。ぜひ面倒がらずにケアしてあげてくださいね。

購入直後のお手入れ方法

購入直後のお手入れは、天然成分を配合したメンテナンス用のワックスをスポンジや布(木綿・古くなったTシャツなどでもOK!)に少量含ませたら、全体的にまんべんなく薄めに塗ります。

この時、ムラができないよう気を付けて下さい。

革の種類、仕上げ方でシミにならないよう、最初は見えない所で試してからの方が安心です。

着る前にひと手間加えておくことで、雨にあった日もダメージを軽減できますし、はっ水性を高めて普段着たときの汚れからも防ぐことができます。

基本的に新品のレザージャケットにはオイルが含まれているので、大量に塗っておく必要はありません。

最初の頃はワキや腕などが窮屈に感じる部分もあるので、そう言った部分にはちょっと多めに馴染ませておくと、着やすくなります。

ワックスを塗ったら、半日ほど風通しの良い日陰において、浸透したらミトンクロスや柔らかい綿布で乾拭きし、余分なオイルを取っておきましょう!

ワックスを塗った直後、革はやわらかく、すぐに乾拭きするとヨレやすいので、時間をおくことを忘れないようにして下さいね。

お手入れアイテムは何を使えばいい?

表革の牛革(カウ)、羊革(ラム革)、山羊革(ゴード)、馬革(ホース)、豚革(ピッグ)に使用できるのが、このオイルです>>>ミンクオイル(固形)赤箱

またワックスが上手く塗れるか心配。そんな時は、スプレー式のお手入れセットにしたらどうでしょう?

これは汚れ落としもセットになっているので、通年でお手入れできるのが特徴です>>>レザージャケットの簡単お手入れセット

レザージャケット 雨の日で濡れたら?

雨に濡れて時間が経つと、雨ジミになる可能性があります。濡れたらすぐに乾いたタオルや布などで水分を拭き取って下さい。

雨に濡れたら「ソク拭く!」が鉄則です。

レザーがビショ濡れになったら、全体の水分を拭き取って、馴染ませてしまった方がいいかもしれません。

その後は、ワックスでオイルの補充をしてメンテナンスします。

レザージャケットの保管方法は?

レザージャケットは着た後、シーズン中、オフシーズン、長期収納前等、その時に応じて、ケアをした方が保管状態もよくなり、次のシーズンに安心して着ることができます。

着用後

脱いだらササッとブラッシングをしておきましょう!

そして部屋の照明で革が焼けてしまう事があるので、まだらに革が焼けないよう、ハンガーにかけるとき、衿付きなら衿を立てておくことをオススメします。

また風通しが良く、湿気とホコリが溜まらない場所に保管してください。

ちなみにハンガーは、クリーニング店でもらう針金ハンガーだと、革に跡が付いてしまいます。

肩部分や全体をしっかり支えてくれるハンガーを使って、型崩れしないよう保管にも細心のケアをしてあげてくださいね。

オンシーズンとオフシーズン

オンシーズンなら2ヶ月に1度、オフシーズンなら3カ月に1度を目安にワックスを塗っておきます。

その際、塗る前のひと手間、柔らかいブラシを使って、ホコリを取ってから塗るようにしましょう!最後は柔らかい綿布やミトンクロスで余分なオイルを拭き取って終了です。

革製品を使用しないオフシーズンや、シーズン中でも着ない場合、お手入れ用品でキレイにした後に、レザーウェア専用の保管カバーをしておけば、革の状態をより良く保管できます。

長期収納前

湿気とホコリ。この2つは革にとってカビの原因になる大敵です。

1日湿気を取るために干し、柔らかい豚毛のブラシで全体のホコリを丁寧にとり、ワックスを塗って風通しのいい場所に収納しましょう。

もしカビてしまったら?固く絞った布で拭いてからワックスをします。

ひとくちメモ

メンテナンスは色々気にかける必要はありますが、革のよさは年々味が出てくる「エイジング」が楽しめること。

独特の風合いは、お手入れによってガラッと変わります。ぜひこまめなお手入れで、自分だけのレザージャケットにしてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする