豆まきの由来とは?誰が豆をまくの?豆まきの豆と厄年の関係は?

mamemaki
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

スーパーやデパートなど、豆まきの季節が近づいてくると節分用のお豆やお面などがセットで販売され始めますね。

外にまいた豆があちこちで落ちているのを見ると、ちょっと季節の移り変わりを感じる人も多いのではないでしょうか。暦の上では豆まきの翌日は

スポンサーリンク

豆まきの由来とは?

日本には4つの季節の分かれ目があります。

  • 立春
  • 立夏
  • 立秋
  • 立冬

…この前日を総称して、節分と言います。

節分と言うと、2月3日だけがクローズアップされますが、実は残りの3つの時期も節分と呼ばれています。

何故、2月3日の節分だけが有名なのか?というと、この日は冬最後の日で、翌日(2月4日)は新たな春を迎える(立春)大切な日であり、1年の節目に当たるからです。

豆まきをすることで、1年の厄を落とし、福を招く豆まきをして、新しい年(春)を迎えるという訳なんです。

日本では元旦、1月1日の方が「新しい年」という印象が強いですが、旧暦のお正月はほぼ、
立春の前後にあたります。

中国などでは旧暦のお正月の方を盛大に祝っていますよね。

豆まきは誰がまくの?

元々は一家の主、または跡取り息子の役割でした。

現在は家族で行う事がほとんどですが、特に子供が小さいご家庭で日本の行事を学ぶ感覚で行い、大きくなると徐々に遠ざかる場合が多いかもしれませんね。

スポンサーリンク

豆まきの豆は、節分の前日に升(マス)に入れて(増々栄える、という願いを込めて)神棚にお供えしておき、当日その豆を炒って、夜になったら、家中の戸を開けて豆をまきます。

スーパー等では炒った豆が売られていたり、後で掃除がラクなように、小パックに入った豆を豆まきとして使ったり、現代版の豆まきは便利になってきているようです。

元来の豆まきは、新春を迎えるための節目の行事として、とても重要な役割を果たしていたんですよね。

豆まきの豆と厄年の関係は?

豆まきには、まいた豆を拾って自分と同じ数だけ食べる、という決まりがあります。

また年齢より1つ余分に食べると縁起がよく、無病息災でこの1年を過ごすことができるとも言われていますが、その元となるのが厄年との関係です。

その年が厄年に当たる人が1つ余分に豆を食べて「厄年を早く通過する」という意味が込められています。

ちなみに、1つ余計に食べて厄年の年齢になるなら、年の数だけ食べましょう。

ひとくちメモ

子供の頃、節分の豆をまいていましたが、学校などで習ったのかもしれませんが、深い意味があることを知らずに、季節の行事をしていました。ちょっともったいなかったかも…。

長い間受け継がれてきた行事には、1つ1つに意味が込められていることを知るいい機会ですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする