末端冷え性を改善し不妊から妊娠を目指すために知っとく事

hiesyou_woman


女性に多い冷え性ですが、特に末端の手足が冷える「末端冷え性」に悩む女性、多いですよね。

この冷え性、実は不妊とも密接な関係があるんです。妊活中や、妊娠希望のベビ待ちママさんが知っておきたい冷え性改善のアレコレを紹介します。

末端冷え性は妊娠しにくい不妊に?

末端の手足が冷えているという事。

これは血行が悪く、カラダの隅々まで血液が届いてない、、、ということでもあります。

血液には酸素や栄養素、ホルモンなどが含まれていて、本来は血流に乗って体全体を巡り、末端まで届けられますが、カラダがいつも冷えている冷え性の人は、その働きが鈍く末端まで十分に行き渡りません。

もともと心臓から遠い手足は冷えやすいんですが、体温が低く冷えていると、より巡りが悪くなってしまうんです。

そんな体の冷えは、子宮を冷やし、生殖機能の働きが落ち、それが不妊へと繋がっていきます。またせっかく受精してもそこから卵子が育たなかったりなど、冷えが妊娠に及ぼす影響はとても大きいと言えます。

寒い日あちこち外出するより、部屋でぬくぬく過ごして暖まりたい!・・・と考えることありますよね。それは体の中も同じこと。冷えていると働きが低下し、必要な時に思うような働きをしてくれないんです。

妊娠するためだけじゃありません。妊娠後、すくすくとお母さんのお腹の中で成長していくために、もちろん健康にも末端冷え性を改善しておく方がベスト!

末端冷え性の改善方法は?

ガンコな末端冷え性さんは、冬だけじゃなく通年で手足が冷えています。

不妊やベビ待ちのプレママさんは、ガンコな冷え性じゃなくても、日常生活で体を暖めるよう、いつも意識するようにして下さいね。

下着の締めつけ

実は下着、重要です。

ブラやショーツ、体型補正インナー、ガードル、着圧系など、色々な機能性商品がありますよね。

必要以上に体を締め付ける下着類は、体型をカバーしてより良く見せてくれる反面、体を圧迫し血流の流れを阻害して冷える原因になります。

その目安は、着用していてキツイ・苦しい、脱ぐと解放感大!のような場合です。それは体にムリさせている可能性が大きいんです。

手首をギュッと締めたら、血流が遮られて手が冷たくなっていきますよね。それと一緒。適度な締めはいいですが、過度に締めれば冷えてしまうんです。

今使っているインナー類が自分の体に合ったものかどうか、ちょっと見直してみて下さいね。

運動不足

定期的に運動してますか?

大人になると意識的に体を動かさないと、ついつい運動から遠ざかってしまいがちですが、体を動かすことで血流が向上し、末端まで巡りもよくなるのでカラダも温まり、筋力も維持できます。

ヒトの血管には動脈、静脈、毛細血管の3種類がありますが、そのうちの9割が毛細血管。カラダの末端まで血液を届けるのが毛細血管です。

もちろん手足にも毛細血管が張り巡らされていますが、加齢や使わない(動きの少ない)部位は「必要ない毛細血管」と判断され、ナント!無くなってしまうんです。

末端の手足が冷たいのは、あるべき毛細血管が消えつつあり、十分な血流が確保できない可能性も秘めています。

これを改善、予防するには定期的な運動や、日常生活で体を動かす習慣を作るのが早道です。

オススメの運動は?

例えばウォーキングやストレッチです。

自分のペースに合わせて歩いたり、ストレッチで固くなった筋肉を動かす等であれば、運動に対するハードルはかなり低くなりますよ。

ストレッチでオススメなのが、つま先の上げ下げです。

ふくらはぎは「第2の心臓」とも呼ばれていて、足腰に滞りがちな血液をポンプのように心臓へ送り返す働きをし、全身の血行が良くなります。

ちょっとしたスキマ時間、料理中、歯磨きなど、この動きを加えるようにしましょう!

またお風呂上がりに足裏にオイルやクリームを付けて足裏・足指マッサージも効果的。角質が厚く、硬くなりがちな足裏もキレイを維持できるオマケ付です。

冷やさない工夫をする

基本中の基本。手足を冷やさず、意識して温めることに注力しましょう!体を温めてくれる、色々なグッズを紹介します。

  • 足湯・・・足を温めると手までポカポカ。水不要の足湯は快適です
  • 入浴・・・湯船にあるモノを加えるとより温まります
  • カイロ・・・腰・お腹・背中など要所に貼る
  • シルク腹巻・・・子宮を冷えから守ります。妊娠後も使えます
  • 冷えとり靴下・・・足の冷え改善に
  • ハンドウォーマー手袋・・・手の保温に
  • 湯たんぽ・・・朝まで手足が暖かく眠れます
  • 電気毛布・・・体に安全な電磁波カットがおすすめ

さらに体を冷やすので避けたいのが下記です。毎日の食生活で、多く摂取していませんか?

  • 冷たい食べ物
  • 甘い物
  • 清涼飲料水
  • ビールなどの冷たい飲み物

冷たい物を飲んだり食べたりすると内臓(もちろん子宮も!)が冷えて、働きが衰えやすくなります。

そして砂糖なんですが、実は体を冷やすんです!

甘い食べ物やケーキ類(冷たい食べ物でもありますね)、飴など砂糖を使ったお菓子類や、糖分のある清涼飲料水は、不妊や妊活中には避けて下さいね。

体温を上げる食べ物は?

食べるもので体を温めたり、冷やしたりする作用があります。知っていると料理の時にも役立ちますよ!

  • しょうが
  • ネギ
  • とうがらし

薬味や調味料(スパイス)としてもおなじみの食材ですが、血行を促進して体を温める作用があります。

しょうがは生よりも加熱した方が血流を良くし、体を温める効果があるので、生姜パウダーで「生姜湯」を飲むのもおすすめ。生姜紅茶や料理にパパっと振りかけるだけなので、広範囲に使えてます。

葉物よりも、下記のような根菜類の方が身体を温める作用が強いです。

  • 玉ねぎ
  • 大根
  • ごぼう
  • カボチャ
  • ニンジン
  • イモ類・・・などの根菜類

肉や魚などで体を温めるのは、下記のような食べ物です。

  • マトン(羊肉)
  • 赤身の肉
  • 牛肉
  • 鶏肉
  • シャケ
  • カツオ
  • マグロ
  • いわし
  • サンマ
  • 海藻・・・など

身近な食材が多いので、毎日の食事に取り入れやすい物が多いですよね。マトンは「ジンギスカン」と言うとピンと来る人も多いかもしれません。

ちょっとクセのあるお肉ですが、下味をつけタレを絡ませて焼くと箸が進みますよ!

身体を温め、食べ物に気を配るなど、温かい身体づくりと一緒に考えたいのが、「出来やすいカラダづくり」へのアプローチです。

卵子の中には5万から40万個のミトコンドリアが存在しますが、これが減ると「卵子が老化」し妊娠の確率が下がってしまうんです。

そこに着目してつくられたのがミトコリンです・・・活性サプリメント ミトコリン

男女共に飲めるので、夫婦での妊活を考えている人にも、どんなものなのか?知っておくと選択肢が広がりますよ。

母子手帳を手にするその日まで、授かるために出来ること、地道に継続して体調を改善していきましょう。

さいごに・・・

末端冷え性が良くなってくると、カラダが中から温まって「自力発電」できるようになり、体質が改善してきます。

不妊を改善し妊娠しやすい身体作りのためには、冷えを解消し血流を末端まで行き渡らせることが大切です。赤ちゃんも寒い子宮より暖かい方が、成長しやすい環境が整います。

食事や睡眠、生活環境にも気を配りながら、今回紹介した事を少しずつ始めて体調を整えていって下さいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする