マヨネーズデトックスの後に分かった本当の味

mayo
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

こんにちは、ミチコです。

最近、時間の都合でお昼が超軽め。
1日2.2食くらいで、カロリーもダウンサイジング中。

けっこう、飢餓耐性身についてるので大丈夫だけど、
昔だったら絶対ムリだったかも。。。

ところで、マヨネーズ好きですか?
かつては、マヨラーとまではいかないものの、かなりのマヨ好きでした。

だけど、帯状疱疹後、食生活を180度変えたのを機に、
マヨネーズデトックスを始めました。(もちろん、健康のため)(ー_ー)!!

いきなりマヨ断ちはムリなので、まずは量調整から。

しかし、マヨ量が少ないと、食べててもどうも味気ない、、、
慣れるまで相当の期間がかかりました。(なんと年単位)

まるで別物を食べてるような気がするほど、
いつも物足りない感覚で食事が終わるという、
後ろ髪を引かれるような「ごちそうさま」が続きました。

で、しばらくこんな生活を続けてると、
イライラの中から意外な発見があることに、気が付きました。

味覚崩壊してない?って。

だって、主役(肉とか魚、野菜)を食べてるのに、
マヨ味が無いと、味の「欠け感」すら感じるってことは、
マヨネーズで食べてることに等しい。

自分は一体何を食べてるんだ?
…そんなことを、マヨ断食の中で思ったわけです。

スポンサーリンク

それまでとんかつ食べるなら、ソースとマヨをブレンドして、
マヨソースで食べてたのを、

ある時、藻塩で食べてみた。(合う!)
そしたら、肉汁がぐわーっと口の中で広がって、
小気味いい肉の食感をガンガン感じる。

おおおー!この肉、スゴク旨い!!って一瞬思ったけど、
あれ?肉はいつもと一緒だ、と。

もしかして、肉のおいしさがマヨで上書きされてた?

素材のおいしさを味わってなかったコトに、
今さら気が付いたのでした。

それがきっかけで、徐々にマヨデトックスが進んで、
以前と比較にならない位の使用量に改善されてます。

薄味志向に変化して分かったことは、食材そのものの味。

肉、野菜、果物。
どれも味に個性があって、生や加熱、調理の仕方で
味も風味も全く違ったものになることを。

今は、使う調味料も世代交代が起きてて、
塩、柚子こしょう、花椒辣醤、チリパウダーとか、
素材が引き立つような使いかたへとチェンジ。

今もマヨネーズは使ってるけど、
「だけ」じゃない、って気付いてからムチャ使用なし。

マヨネーズが味を支配してた頃と違って、
調味料が素材で七変化したり、
塩や味噌の奥の深さを発見したり、

調味料って深い。
素材、そのものが美味しい。

ようやく、気がつきました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする