水着の選び方 胸が大きい人は?大きい胸用はどこで買える?

mizugiomu
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

胸が大きい人には、大きいなりの悩みがあります。

好きなデザインが選べない、人の視線が気になる、太って見える、自分に合うサイズが無いなど、欲しいものが買えないことも少なくありません。

でもせっかく買う水着なら、自分を良く見せてくれるものを選びたいですね!

スポンサーリンク

水着の選び方 胸が大きい人は?

ホルターネックは、胸の大きい人にオススメの水着デザインです。

元々はグラマラスな人用の水着なので、着用してもしっくり感が高いのが魅力。

ビキニと違って両肩では無く、首でバスト全体をホールドするので、大きい胸でも安定感が増すメリットがあるんです。

選ぶ時はホルターネックでもカップが深いもの、ワイヤー入りのタイプを選べば、サイドもしっかりホールドしてくれるので、胸の形をキレイにキープしやすい利点があります。

ただし人によって、ワイヤーがあるためにカップサイズが合わず、バストの形が崩れてしまう事があります。

ワイヤーの有り・無しのものを試着して、自分に合うかチェックしておくと安心です。

ちなみに水着の生地は、厚めでしっかりしている物を選ぶと、着用していても気持ちに安心感が生まれます。

ホルターネック以外の水着では?

それ以外の水着で、胸元を隠せるタイプの水着を探すなら、ロンパースかタンキニの水着がオススメです。

どちらもビキニタイプの水着の上に、一体型か、セパレートで重ね着します。

気になる部分を、キレイに隠すことができる優れものなんです。

デザインによって隠れ方に違いがありますが、胸元やお腹周り、太ももなど、見られたくない部分、隠したいパーツがある人に、イチオシです。

トータルで着ると、更にかわいさアップするのがポイントですね!

水着のホック

見過ごしやすいのが、水着に付属しているホックです。

最近はビキニの後ろの留め具がプラスチックのタイプが多いですが、何かのアクシデントで欠けたり折れたりすると大変です。

出来れば金具タイプを選ぶか、中には自分でホック部分を取り替える人もいますよ。

サイズ調整

水着に付属しているパッドを取り外すことで、サイズ調整できる場合があります。

厚みのある「盛りパッド」ほど、大きい胸の人にとっては微調整しやすいので、ぜひ試してみて下さい。

シーズン早目にチェック

水着はシーズンが始まる前、サイズやデザインが豊富な内に探しに行くようにしましょう。

オンシーズンになると、あっという間に欲しいサイズが減ってくるので、チェックはお早めに。

水着 大きい胸用はどこで買える?

なかなか自分にピッタリのサイズ・デザインが見つからない…。

これは大きいお胸の人、共通の悩みでもありますよね。

ビキニに合せると、お尻のサイズがブカブカになってしまったり、悩みは尽きません。

通販を利用する

近隣に豊富なデザインやサイズが販売していない場合などは、通販を利用すると便利です。

実際に試着出来ないデメリットはありますが、色々なショップを比較しながら探せるので、お店を周るより効率がいいんですよ。

スポンサーリンク

探す時のコツは、商品ページを読むことはモチロンですが、購入者の口コミレビューを読むことです。

ここの水着はインポート物で、種類も多いですよ>>>インポート レディース水着★ホルターネック

自分と似たような状況の人や、着た感じのフィット感、色合いなど、色々な口コミを読むことで商品知識が増え、安心して購入できます。

ただし口コミは購入者の「主観」なので、感じ方は人それぞれ違う事だけは頭に入れておきましょう。

デパート・スポーツショップ

デパートや水着専門店などの水着売り場を、チェックしてみましょう。

ショップによっては、上下で別サイズが選べたり(多少割高になる場合アリ)、胸が大きい人向けのサイズを取扱っているショップもあります。

またデパートでは時期になると、水着の催事(イベント)を行う所が多いです。

デパートの催事スペースや、通常の水着売り場を一時的に拡大して行っているので、イベントも積極的に利用してみて下さい。

水着販売イベントで買う

シーズンに入る1~2か月前になると、都心ではちょっと大きな会場で、期間限定の水着販売イベントが行われることが多いです。

たいていの場合、女性専用に特化されているので、種類・サイズ展開も多いです。

招待チケットが必要な場合、ノーチケットで入場可能な場合など、イベントによって異なりますが、知り合いが持ってたら同行してみて下さい。

ちなみに、イベントはかなりの混雑が予想されます。

試着室待ちで行列、ということもザラなので、早い時間に行って人の少ないうちに見ると効率的に周れますよ。

私は友人の招待チケットで一緒に入りましたが、午後になるとハンパ無いほどの混雑具合で、途中からは汗だくでした。

空調があっても、熱気で効いてない?と感じる程でしたが、数も豊富でオススメです。

海外通販を利用する

豊富なサイズとデザインから探せるのが、海外通販を利用する方法です。

わざわざ海外に行って買う手間もなく、日本でショッピングできるため便利です。

ただしサイズの表示方法が日本とは違うこと、試着できないデメリットはありますが、トップスとボトムを、サイズ違いで買えるショップもあります。

日本ではレアなブランドや、Victoria’s secret(ヴィクトリアシークレット)等の人気ブランドも手に入るチャンスがあります。

支払い方法は日本円で買えるショップや、ドルなど現地通貨で払う場合があります。

海外で買う

日本の水着だとピッタリのサイズが無くても、海外にはサイズやデザインが豊富に揃っています。

ちょっと手間はかかりますが、海外旅行に行った際に、現地調達をする方法があります。

ハワイ、グアム、サイパンなど常夏の国では常時見つかりますし、夏であれば現地のショッピングセンターでチェックしてみて下さい。

ひとくちメモ

自分が気に入った水着を着て楽しめるよう、ぜひ今年はお気に入りをゲットしてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする