母の日 花束と鉢植えどっちがいい?芍薬は入った方がいい?お菓子は必要?

mothersdaydocci
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

1年に1度、母の日に感謝の気持ちを贈るなら、お花はぴったりのプレゼント!

相手に迷惑にならない、花束の贈り方をこっそり教えちゃいます。

スポンサーリンク

母の日 花束と鉢植えはどっちがいい?

条件付きで選ぶなら、花束の方がオススメです。

その条件というのが、めんどくさがり屋さん、手入れが苦手、あまり興味が無い、または花束が好きな人なら、花束がベスト。

お花や植物好きで、ガーデニングや鉢植えを育てるのが好きな人なら、鉢植え・花束どっちもOKです。

花束と鉢植えどっちにするか、ココで見分ける

生花である花束はいつか枯れてしまいますが、キチンと水を替えてお手入れすれば、長く楽しむ事ができます。

枯れて無くなれば終わりですが、贈られた側はお手入れも不要になり、この先の手間もゼロ。

忙しい人や面倒くさがりさんにとって、これは結構重要です。

反対に鉢植えは花が咲き終えた後、お手入れ次第でずっと成長し続けるので、育てる楽しみがあります。

好きな人にとっては楽しい事も、キライな人にとっては苦痛を伴います。

贈られた側は、水やりや植え替えなど、成長と共に手間をかける必要があります。

もちろん、せっかく贈ってもらった鉢植え。

これを機にキチンと育てよう!と思う場合もありますが、何もしなければ残念な状態になってしまうのが、鉢植えの定めなんですよね。

どっちを贈るか見分けるポイントは、自宅の庭やベランダの隅っこに、枯れた鉢植えがいくつも放置されていたら要注意、かもしれません。

花は心や生活に潤いをくれます。

年に1度、花のある生活を楽しみにしてくれたら嬉しいですね!

母の日の花束 芍薬は入った方がいい?

カーネーションだけの花束のも素敵ですが、他の種類の花もプラスして、アレンジした花束もいいですよ!

5月の母の時期は、大輪の花が美しい「芍薬」の時期と重なります。

カーネーションは花びらが幾重にも重なった花ですが、芍薬はカーネーションよりもさらに豪華で素敵な花なんです。

スポンサーリンク

花が咲きはじめると、カーネーションには無い、上品な香りがふわっ~と広がり大輪の花を咲かせるのが見どころポイント!

芍薬ならではの、やわらかで華麗な雰囲気はちょっと特別な花束を演出してくれますし、つぼみがゆっくりと咲いていく様子は、なかなか圧巻なんですよ。

多くのお店は発送の段階で、「つぼみ」や「咲ききってない」状態で花束にして贈ってくれる所もあります。

これは少しずつ咲いていく過程を、ゆっくり楽しめるようにとの配慮でもあります。

まずはカーネーションの花束を楽しんでいる間に、芍薬が少しずつ花開いて、最後に大輪の花へ変化するまでを順々に楽しむことができます。

  • いつもカーネーションだけの花束
  • 変化が欲しいな
  • もうちょっと豪華な感じで贈りたい

そう考えている人なら、今年の母の日の花束にシャクヤクを候補に入れてみてはいかがですか?

母の日の花束にお菓子は必要?

花より団子(風流よりも実益重視!)な、お母さんなら、お菓子もプラスしてあげると喜ばれます。

また思ったより花束が安っぽく見えて気になる、ミニブーケなど、ちょっと見た目をアップさせたり、受ける印象を豪華にしたいなら、お菓子を加えると全体のバランスが取れていい感じにまとまりますよ!

母の日の花束も豪華だから喜ばれる、という訳では無いと思います。

その日に気遣ってあれこれを選んでくれる、そのキモチが相手の心を癒したり、和ませてくれるんだと思います。

もちろん、甘いお菓子や和のお菓子が好きな「スイーツママ」にとっては、あれば喜ぶこと必至ですね。

テレビで見た人気のお菓子や、デパ地下スイーツ、エキナカ菓子、期間限定ケーキなど、この時期はちょっと特別なものが出ている事も多いので、母の日が近づいてきたら少しずつ周辺でネタ探しをしてみると、意外なものと出会えるかもしれません。

ひとくちメモ

花束とお菓子のセットもいいですが、フルーツを使ったスイーツも意表を突いていて、オススメです。

ぜひ素敵な母の日にしてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする