クリスマスの持ち寄り ママ友とならメニューは?手土産は?会費は?

motiyorimama
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

マンション内や保育園・幼稚園でのママ友とのクリスマスの持ち寄りパーティ。初めて参加する人にとって、ちょっとした未体験ゾーンですよね。

ワクワクというより、大丈夫かな?ドキドキする…そんな持ち寄りママ友パーティ初参加のあなたに役立つ情報を紹介します。

スポンサーリンク

クリスマスの持ち寄り ママ友とするならメニューは?

持ち寄りメニューって何を作ればいいんだろう…。他のママ友と重ならないかな?皆何が好きなんだろう?

あれこれ考えると心配になりますが、そんな時は他のママ友と何を作るか、メニューを打ち合わせておきましょう!ママ友とのコミュニケーションは、欠かせません。

特に参加人数が少ない場合、おかずだけ、主食だけ等、偏ったメニューになりがちです。ママ友によっては「適当でいいよー」と言ってくれる人もいますが、軽くメニューを相談(主食系・副食系でつくる等)しておくと、当日は安心して用意してこれます。

人気&カンタンメニューは?

クリスマスの持ち寄りにオススメのメニューを、下記にまとめました。

メニュー内容は大人も子供にも人気で、食卓が華やかになるものをチョイスしましたが、子供と一緒の場合、面倒を見ながら食べられるよう、ひとくちサイズにしたり、食べやすく小サイズに切り分けておくと、地味に便利ですよ♪

ちなみに、ママ友だけで行うホームパーティなら、カナッペのようなおつまみ系があると、便利です。持ち寄りメニューを下記にざっと並べました↓↓↓

  • おにぎり
  • サンドイッチ
  • パエリア
  • 太巻き寿司
  • ピザ
  • 五目御飯
  • てまりずし
  • ライスコロッケ
  • ミートボール
  • 煮込みハンバーグ
  • ポテトサラダ
  • サーモンマリネのサラダ
  • ラザニア
  • グラタン
  • カナッペ
  • 唐揚げ
  • ミートローフ
  • キッシュ
  • シチュー
  • ロールキャベツ
  • アップルパイ
  • パンケーキ
  • カップケーキ
  • フルーツポンチなどフルーツ系デザート

料理が苦手!作りたくない時は?

持ち寄りと言っても、料理の苦手な人だっていますよね。

何か作らなきゃいけない、、、と考えるだけで気が滅入りませんか?そんな時は無理せず、お惣菜を買ってきちゃいましょう!

嫌なことに時間を費やすのは苦痛だし、育児やパート、フルタイムで仕事していれば、プラスアルファの手間を掛けるのは、自分の貴重な時間や、家族との時間だって減ってしまいます。

スポンサーリンク

苦手だけど楽しい、と思えるならOKですが、そうじゃないなら、お惣菜の選択肢があることを頭の片隅に入れておくと、イザという時に役に立ちますよ♪

最初から気合い入れてガンバリ過ぎると、「次回もアレお願いね~♪」と言われて困った~、なんて事にならないよう、周囲の空気を読みつつメニューを決めるのもお忘れなく。

持ち寄りでママ友に手土産は必要?

クリスマスに関わらず、持ち寄りでの集まりには何かしら手土産を持っていく人が多いと思います。

…というのも、コレってママ友によって反応が違うから、絶対こうじゃなきゃイケナイ、っていう方程式がありません。「ホントに要らないよ、何も持ってこなくていいから!」

・・・と言ってくるママ友もいますし、暗黙の了解で、みんな何か持ってくるよね、とりあえず持っていこう!という場合などもあるからです。

だって、もし自分が手ぶらで、他の人が全員持ってきてたら、居心地悪いし気まずいものです。そうならない為にも、他のメンバーに聞いておくと安心して参加できます。

皆で買ってワリカンにしたり、お菓子やジュースをそれぞれが買ってくることで、丸く収まります。

なんだかメンドクサイな…と思いますが、事前にコミュニケーションを取っておくことで、気兼ねなく、安心して当日参加できますし、大抵のことは解決します。

持ち寄りパーティ 会費はどれくらい?

持ち寄りの場合、会費ナシでというパターンが多いです。

中には一定額を集めて、紙皿や紙コップ、ジュース、お菓子などを賄うことも。人数にもよりますが、500円から1000円位がおおよその相場です。

費用の負担額は参加する側にとっても、悩みどころです。明らかに高いよな~!という場合の対応パターンは3つです。

  • 周りの仲良しのママ友に相談
  • とりあえず今年は参加して来年はスルー
  • 参加しない

参加しない場合でも、「会費が高いから」といった直接的な理由は避けて、夫や実家、仕事の都合など、差し障りの無い理由で断って、後で気まずくならない配慮だけはしておきましょう!

ひとくちメモ

参加したくはないけど、今後の付き合いもあるから、断りにくい…。そんなママ達も実は多いんですよね。

行ってみないと実際のところ分かりませんが、無理せず、ガマンし過ぎず、まずは気楽に楽しんで下さい。新たな発見があるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする