喪中はがきの出す時期は?文面と必須基本マナーが分かる!

motiu
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ


年賀状と違い利用頻度が少ないため、基本的マナーなど、よく分からないことが多い喪中はがき。

まずは最低限知っておくべき内容をコンパクトにまとめています。喪中はがきを出す参考にしてください。

スポンサーリンク

喪中はがきの出す時期はいつ頃?

喪中はがきはいつ頃までに投函するのがベストなのか?送る側としてはとても気になりますよね。

家族や親戚が亡くなった場合、喪に服す期間を喪中といいますが、喪中はがきは相手が年賀状を準備するであろう、11月から12月上旬には届くようにしておきましょう。

その方がお互い手間にならず、相手に気を遣わせなくて済むので、この時期が一般的になっています。

 年賀状購入後、不幸があった場合

すでに送るのが分かっていれば年賀状は買いませんが、購入した後に身内に不幸があった場合、不要になった年賀状をどうしようか、困りますよね。

こんな時郵便局では、お年玉付郵便はがき、寄附金付お年玉付郵便切手を、無料で下記のものと交換してくれます。

  • 通常切手(弔事用切手含む)
  • 通常はがき、往復はがき(その他の郵便はがき)
  • 特定封筒(レターパック封筒)
  • 郵便書簡

交換期間は、お年玉付郵便はがき等の販売開始日から販売終了日まで、郵便窓口(簡易局は不可)で交換してくれます。

その際、窓口に住所・氏名・亡くなられた方との続柄等を記入する用紙が用意されています。窓口に問い合わせてみて下さい。

喪中はがきの文面はどうする?

ハガキの文面を自分で考えるのは大変だし、何を書いたらいいのか?困りますよね・・・。そんな時便利なのが、喪中はがき印刷に頼んでしまう方法です。

文面はだいたい同じ内容なので、亡くなった方の続き柄、亡くなった日、年齢(数え年)、送る側の住所や名前などの情報を加えればいいだけです。

年の後半に入ってくると、色々忙しくなることも多く、手間がかかる事は外部に頼んだ方が時間の節約にもなるので、オススメです・・・ネット通販最大級の喪中はがき【24喪中はがき】

自分で作って送る場合の、ベーシックな文面を主分5パターン、それに続く文面を4パターンご紹介します。作成時の参考にどうぞ!

文面例1(始めの1文)

  1. 喪中に付き年頭のご挨拶は失礼させていただきます
  2. 喪中に付き年末年始のご挨拶は失礼させていただきます
  3. 喪中のため新年のご挨拶は失礼させていただきます
  4. 喪中に付き年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます
  5. 喪に服しておりますので年末年始のご挨拶は失礼いたします

文面例2(続きの1文)

▼サンプル1
父○○が○月○日に○歳で永眠いたしました
本年中に賜りましたご厚情を深謝いたしますとともに
明年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます

平成○年12月

▼サンプル2
ここに本年中のご厚情を厚くお礼申しあげますとともに
みなさまには良い年が訪れますようお祈りいたします

平成○年12月

▼サンプル3
祖父○○が○月○日に○歳で永眠いたしました
平素のご厚情を厚くお礼申し上げます
皆さまにはどうぞよいお年をお迎え下さい

平成○年12月

▼サンプル4
祖父○○が○月○日に○歳で永眠いたしました
ここに本年中に賜りましたご厚情を深謝致しますと共に
明年も変らぬご厚誼のほどお願い申し上げます

平成○年12月

喪中はがきの最小限の基本マナーを知ろう!

 数え年

文面で出てきた「○歳で永眠いたしました」の年齢ですが、喪中はがきでは故人の年齢は「数え年」と呼ばれる年齢で記載するのが一般的。

数え年は年齢に1を足すと解釈している人も多いですが、ちょっと違うんです。生まれた年が1歳で、正月を迎えるとまた1歳足す、という正月を基準にして数えます。

ですので12月に生まれると、正月には2歳と数えます。上記の数え方で出した年齢を記載するようにしましょう。

 喪中にする親族の範囲

一般的には2親等(配偶者、父母、祖父母、兄弟、姉妹、配偶者の父母、祖父母くらいまで)が近年の傾向とされています。

ただし故人との関わりによっても変るので、この辺はケースバイケースのようです。最近は祖父母は送らないことが増えてきているようです。

 年賀状が届いてしまったら?

喪中はがきを送らなかった相手から届いてしまった場合、松の内(1月7日)が開けてから、寒中見舞いを送ります。

その際には、年賀状のお礼と、喪中で送れなかったことを伝えるようにすればOKです。

ひとくちメモ

私製はがきに印刷して、切手を貼って出す場合、郵便局では慶弔用の切手を扱っていますので、そちらを利用するのがオススメです。

年後半は忙しくなる時期ですので、早目の準備をしておくとスムーズに進みますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする