麦茶の入れ方 おいしく煮出すには?日持ちはどれくらい?

drink_mugicha_pot
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

手軽に飲める麦茶は、さっぱりした飲み口で通年人気ですね。

家庭で美味しく麦茶を作るには、どんな工夫がいるのか?作った後の注意点など知っておきましょう!

スポンサーリンク

麦茶の入れ方 おいしく煮出すには?

ペットボトルの麦茶の方が香ばしくて、おいしい。

自分で作ると、あんまり味がしないし、美味しくない…ってコトありませんか?

大丈夫!家庭でおいしく作れる、麦茶の入れ方を紹介します。

水出し

まずは、購入した麦茶の外袋に記載されているレシピ通りの分量で、1回麦茶を作ってみましょう!

レシピの分量の水と、麦茶パックを入れ、冷蔵庫で保存します。

煮出さない分、スッキリとしたクリアな味わいが楽しめるのが、水出しのいいところ。

基本の麦茶が完成したら、試飲してみます。

味が薄ければパックを入れっぱなしにする、水の量を減らす、パックを増やす等して自分好みの味に調整します。

水出しの場合は、パックをそのまま入れておいても大丈夫、と書かれている事が多いですが、好みの濃さに合わせて取り出すといいですよ。

煮出しに比べて手軽さが人気ですが、水道水だとカルキが気になったり、味に影響がでることがあります。

気になる人は、ミネラルウォーターを使うようにしましょう。

煮出し

先ほどの水出し麦茶と同様に、麦茶の外袋に記載されているレシピ分量を元に、作ってみましょう。

基本の作り方は、沸騰したお湯に適量の麦茶を入れ、3~5分ほど煮出します。火を止め、下記に記載した【麦茶が出来上がったら?を参照】、すぐ冷やします。

麦茶パックを取り出し、容器に移し替えて冷蔵保存します。

ちなみに、できたてホットの方が、風味や香ばしさが良く分かりやすいですよ!

えぐみや苦み、雑味を避けるため、保存する時はパックは取り除いて下さい。

麦茶は何を使うか?

ティーパックや小袋に小分けされたもの、粒そのまま等、色々販売されています。

味はそれぞれ好みがありますし、何を使うかで味が違うので、気になったものを試して好みを見つけてください。

使い勝手がいいのは、1回分ずつパックに小分けしたものです。焙煎タイプの麦茶も香ばしくて美味しいですよ!

麦茶が出来上がったら?

煮出した麦茶が出来上がったら、それより大きなお鍋などに水を入れて、すぐ冷やします。

こうする事で、できるだけ早く粗熱を取れて、細菌が繁殖するのを最小限に防いでくれます。

冷やしてから2-3回は、すぐに水が熱くなるので取り替えますが、あらかた熱が取れてきたら、余分な氷があれば、一緒に入れて冷やすと冷めるのが早くなります。

スポンサーリンク

煮出したやかんやお鍋は、冷めるまで放置して冷蔵庫保存でも構いませんが、夏場の暑い時期は、出来るだけいい状態で保存したいものですよね。

オススメなのが、上記の急冷して冷蔵庫に保存する方法です。殺菌の繁殖を抑えて、美味しく飲めるのでオススメです。

麦茶を保存する容器は?

出来あがった麦茶を冷やした後、容器に入れ冷蔵庫に保存します。容器はフタがキチンと密封できる、耐熱性のビンがおすすめ。

耐熱性なら熱湯消毒ができ、安心して使えるからです。

プラスチックでもOKですが、傷付きやすく、熱湯消毒できないので、可能であれば、耐熱タイプの容器をオススメします。

余談ですが、新しく作る度に保存容器はしっかり洗って熱湯消毒し、ビンの中を乾燥させておきましょう。

ビン底はヌメヌメが付きやすいので、毎回しっかり洗って下さいね!

保存状態が悪いと、本当に味が違うのが分かります(←経験済み)

雑菌が繁殖していたとは知りませんでしたが、直感的に飲んではダメ!と感じ捨てていました。

麦茶の日持ちはどれくらい?

麦茶をまとめて大量に作って、冷蔵庫に保存。

作る手間も省けるし、すぐ飲めるので便利だなと思いますが、実は麦茶って、日持ちする日数が思った以上に短いんです。

麦茶には、でんぷん質が他のお茶より多く溶け出しているため、雑菌の繁殖するまでの時間が比較的短いのがその理由です。

作った時の状況により、日持ち期間はは様々ですが、早ければ4日前後で「何だか味が変」と感じたり、保存容器の底に「もわもわ」っとしたものが浮遊している時があります。

いずれの場合も、麦茶に腐敗や雑菌が繁殖している可能性があるので、飲むのは止めて廃棄したほうが安全です。

作ったら作りっぱなしにせず、ビン底を時々チェックしたり、いつ作った麦茶か?気を付けておきましょう!

オススメは必要な量や、飲み切るまでの日数を逆算して作る方法です。

我が家では早く飲み切れるよう、あえて少量で作ったり、暑い日は多めに作ったり、状況に応じて変えています。

ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、変な味になったり、白っぽい沈殿物が浮遊することも無く、安心して飲めます。

ひとくちメモ

麦茶や他のお茶にも言える事ですが、作ってから日が経つほど、風味が落ちていきます。

作りたての香ばしい麦茶を味わえて、安全に飲むには、こまめに必要量を作るのがいいでしょう。

ちょっと濃い目に作って、氷を入れてキンキンに冷やして飲む、お風呂上がりの麦茶もおいしいですよ~!

美味しく、安全に作って飲んで下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする