成田空港で充電 第二ターミナル 出国後は?搭乗ゲートは?【体験談・写真付】

naritans
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

成田空港から海外旅行に出発する前、やっておきたいことの1つがスマホやパソコン、タブレットなど、電源コンセントからの充電ですよね。

使えば電池は減るのであまり使いたくないけど、メールチェックやライン、現地情報のチェックなどしておきたい事は色々。

充電できる場所を事前に知っていると便利ですよ!

スポンサーリンク

成田空港で充電 第二ターミナル 出国後は?

空港に到着後、搭乗カウンターの場所を探し、荷物を預けチェックインが終了したら、ようやく出国できる準備完了です。

実際に成田空港、第2ターミナルから出国した後、充電したときの体験談と合わせてご紹介しますね。

出国してから搭乗ゲートに向かう前にコーヒーでも飲もうと立ち寄ったのが、「エクセルシオールカフェ」(EXCELSIOR CAFFÉ)です。

ここには店内の数か所に、充電できる場所がありました。

その目印となるのが、白地にこのサイン↓↓↓

chargesign

「CHARGE」の文字と「コンセントのイラスト」が描かれたマーク、ここが電源がある場所です。

写真はちょうどコンセントのイラスト上部が欠けて分かりにくいですが、このサインがある所に電源コンセントがあり、充電できるようになっています。

場所は店内、壁際のテーブルに3か所、カウンター席に1か所。(多少記憶があいまいです)

先ほどの写真をクローズアップしたのが下の写真です。

ここの電源のいい所は、コンセントがあるのはもちろんですが、UBSからの充電もできるということです。

chargeup

私はUSBからの充電は出来ないと思っていたので、スーツケースにケーブルを入れてしまったので、充電できるチャンスを逃してしまいました。

ここだとUSB chargeでの充電が2口あるので、すごく便利です。

コンセントは1か所なので、小型のタコ足タップを持参しておけば、同時に複数台充電できて便利ですよ。

複数人での旅行だと、みんな同じように充電したい状況のハズ。たこ足を使うか、混雑していなければ別の場所で充電がオススメ。

ただし充電エリアは点在してるので、充電中はその場から離れない方が安心です。出国すれば日本人だけじゃなく、多国籍が混在してる事を意識するようにして下さいね。

スポンサーリンク

私は壁際の席にあるテーブルで充電して初めて、1つしか充電できない事に気付き「あー持ってくれば良かった!」と思いました。

パソコンやタブレット、wifiルーター、デジカメやビデオなど、複数台の充電をしておきたいなら、イザという時安心ですよ。

今回は搭乗時間まで時間がたっぷりあったので、お茶しながらゆっくり電源充電できましたが、充電できる席の近くに座らないと他の人に遠慮してしまうかもしれません。

ここ以外、他のお店でも充電できるか、入り口で聞いてみたり、店内がオープンになっている場所は、先ほどの写真のように、充電できるアイコンがあるかチェックしてみて下さい。

第二ターミナル 搭乗ゲートで充電

色々探したけど、充電できるお店はすでに誰かに使われて、自分が出来る場所が見つからない…。

特に混雑した時期、この傾向が多いですよね。

そんな時の最後の砦が、搭乗ゲートです。

全てのゲートを見て回った訳ではありませんが、おそらくほぼ設置されているのではないか?という視点で書いておきます。

ちなみに私が利用したのが第2ターミナル、搭乗口 72番ゲートでした。

搭乗時間が近くなったので、該当ゲートに行ったところ、見つけたのがコチラのテーブルでした。

chargegate

写真手前に2か所、反対側にも同じように2か所の電源充電できるようになっています。

もしどこも無かったら、早目に行って搭乗ゲートでの充電をするのも1つの方法かもしれません。

自分の利用する搭乗ゲートに無ければ、他のゲートを探してみるなどしてみてください。

特にパソコンは、電源を入れて使った方がバッテリーが減る心配もないですしね。近くでは椅子に座って充電しながら、パソコンしている人もいましたよ。

私もさっそく利用してみましたが、便利!

コンセント用電源と、USB電源がありました。ただしココもコンセントは1つだったので、混雑して空きが無い時は、たこ足タップがあると便利だなと思いました。

ひとくちメモ

実際に現地に行ってみるまで、成田空港でUSB充電ができるとは知らなかったので、これは便利だなぁと思いました。

時間つぶしにスマホやタブレットなどを多用すると、電池の減りも思っている以上に早いです。

バッテリーは用意してあっても、無くなれば後で困ります。設置された電源ブースを上手く利用して、賢く充電したいですね!

たのしい海外旅行になりますように! いってらっしゃい☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする